所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書の書き方

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Coin

ちょっと気が早いですが、今回は確定申告のお話。

サラリーマンをやっていると縁がない確定申告ですが、個人事業で一定以上の収入があると確定申告をして正しく税金を納める必要があります。

税金を納める先は自分が住んでいる場所を管轄している税務署です。
しかし引っ越しをして住所が変更になった場合、当然ながら税務署も変える必要があります。

そんな時に提出しないといけない「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」という書類がありますが、パッと見て書き方が非常にわかりづらい!
というわけで今回は実体験を交えつつ、所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書の書き方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書について

この書類は所得税法第20条、消費税法第25条に書かれてあるように「納税地に異動があった場合」に遅滞なく税務署に提出する必要がある書類です。
書類のフォーマットと詳しい説明については国税庁のHPを御覧ください。

[手続名]所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続|申告所得税関係|国税庁 

ここでは「遅滞なく」と書かれてありますが、僕は引っ越しを終えて3ヶ月以上たってから申請しました。
それでも問題なく受理されましたので、そこまで神経質にならなくても大丈夫なようです。

 

所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書は書き方がわかりづらい

こちらが書類のフォーマットです。

1

わかりづらいというのは、どこに何の情報を書けばいいのかが不親切なこと。

ちなみにですが、今回の届出書はもともと納税していた税務署と新しく納税する納税署の2箇所に対して提出する必要があります。
そこを忘れないようにしましょう。

 

所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書の書き方

では届出書の書き方です。

住所変更前の税務署に提出するもの

Kakikata

これは届出書の上半分ですが、わかりづらいのは「納税地」の欄。
ここには変更する前の住所と連絡先を記入します。
宛先は変更前の税務署名を記入します。 

Kakikata2

届出書の下半分です。
こっちは比較的わかりやすい項目ですね。

 

住所変更後の税務署に提出するもの

お次は新しい税務署に対して提出する書類の書き方です。

Kakikata3

さっきとの変更点は届出る税務署名が変わったことと、納税地の住所が新しい住所になったことの2点です。
それ以外は同じ内容で大丈夫です。

Kakikata2 

下半分の書き方についても同じですね。
これで書類が完成しました!お疲れ様でした!

 

変更確認が欲しければコピーも一緒に送ること

出来上がった書類はそれぞれの税務署の窓口に提出するか、もしくは郵送しても手続きをしてもらえます。
送り先は「◯◯税務署御中 所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続在中」としておけば間違いなく届きます。

ここで注意点です。
申請して手続きが無事終わったことを知りたければ作成した書類のコピー1部と返信用封筒(切手要)も同封して税務署に送りましょう。

つまり送るものは次の通り。

変更前の税務署に送るもの
・所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続 
・所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続のコピー
・返信用封筒(切手要)

変更後の税務署に送るもの
・所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続 
・所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続のコピー
・返信用封筒(切手要) 

変更手続きが無事終了すると、しばらくして各税務署から受領印が押された書類が返信用封筒で送られてきます。

Th IMG 6256

送られてきた返信用封筒の中には・・・

Th IMG 6257

変更完了を示した書類(コピー)が同封されていました。
これで変更がちゃんと終わったことが確認できますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

以上で住所変更の手続きはおしまいです。
ちゃんとできるか不安でしたが、特に問題もなくスムーズに終えることができました。
確定申告の時期が近づいてから申請すると受付に時間がかかることが予想されるため、時間に余裕をもってやっておくことをオススメします。 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。