雨の日にテンションが上がるのはなぜか?その理由を徹底的に考えてみる

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Waterdrop

僕は雨の日が好きです。

これをいうと多くの人に変人扱いされてしまいますが、好きなものはしょうがない。

天気予報で雨の予報だとテンションが上がり、もしそれが休日の雨になろうものならさらにワクワクします。

もちろん全ての雨の日が好きというわけではありませんが、雨の日にテンションが上がる理由を考えてみた結果いろいろな要因が考えられることがわかってきました。

 

 

スポンサーリンク

雨の日にテンションが上がる理由

ではさっそく考えていきましょう。

あ〜!それわかるー!という人がたくさんいれば嬉しいですね。

 

ひんやり、しっとりするのが好き

雨が降っていると気温が下がります。
いつもと比べて空気がひんやりする感じが好きという人も多いハズ。

さらに湿度も上がるのでしっとりしますね。

冬になると寒さは一段と増し、傘に手袋というスタイルになります。手袋が濡れてしまうのが嫌だからといって何も着けてないと手がカチカチになってしまいます。

冬の雨は考えものですが、 雨がもたらす独特なひんやり感がいいですね。

 

雨音が好き

僕が雨を好きな理由の第一位はこれ。雨音が好きなんです。

水の音を聴くと落ち着く人はたくさんいます。YouTubeで環境音を検索すると雨音や川のせせらぎを録音した動画がたくさん見つかります。

そのため雨の日に家にいるとワザと窓を少し開けて雨音が聞こえるようにします。

湿気が入ってくるのが嫌な時もありますが、そんな時は前に紹介した除湿乾燥機が威力を発揮してくれるので大丈夫。

家で作業する時にBGMとして雨音を流すことがよくあります。
とても集中力が出るのでオススメです。

あまりに心地よすぎていつの間にか寝落ちしていることもよくあるので注意が必要です。

 

休日に外出しなくてよくなる

休みの日の過ごし方は人それぞれ。
最近はカフェで作業するので外出の機会が増えましたが、それまでは特に予定のない休日は家の中にいることが多かったです。

もしそんな休日が快晴だった場合、ずっと家の中にいるとなぜか罪悪感を感じることがありました。
せっかくの天気なので外に出たいけど予定もないしどうしよう・・・という感覚です。

ところが雨の日だとそれを理由に外に出なくて済むんですね。
雨が降っているという大義名分をひっさげ、自分で正当化します。

どうせ雨で外出できないから気兼ねなく家にいようという気持ちになれます。

こんな変な気持ちを持つのは自分だけ?

 

暗いと落ち着く

雨雲が広がると日中でも周囲が暗くなります。

会社の中で仕事をしている時に雨が降ると窓から見える景色が暗くなっていくのがわかります。 
あくまでも個人的感想ですが、暗いほうが作業に集中できる感じがあります。

これは家にいても同じ。
休日に家の中にいて雨が降ると薄暗くなりますが、その時のほうが集中してブログ執筆などに取り組めます。

 

台風好きと似ている?

台風が近づくとワクワクする人がいます。
僕もその1人。

非日常的な経験をすると人はワクワクします。
台風はそれに加えて会社が休みになるかもしれないという特典付き。
(まぁ休みになることはまず考えられず、せいぜい遅れて出勤するくらいか)

雨もそれに似ていわゆる非日常な雰囲気があります。

こちらは2013年のちょっと古いデータですが、東京の年間降水日数は111日間です。

3日に1回は雨が降る計算ですね。
非日常と言い切るにはちょっと弱いデータですが、普段と違う現象にワクワクするのもありますよね。

 

雨の匂いが好き

今にも雨が降りそうな時、独特な匂いを感じることがあります。

よく「雨の匂い」といわれますが、あれは雨が地面に落ちたときに出る土やアスファルトの匂いが正しいのですが、僕もつい雨の匂いと言ってしまいます。

あ〜これは雨がくるなぁと思わせてくれるあの匂い。
匂いフェチの人もいたりして?

 

お気に入りの傘を使いたい

ちょっといい傘を買ったから早く使いたい!という人もいることでしょう。
こういう感覚は女性の人に多いかもしれませんね。 

 

話はちょっと逸れます。

数年前のとある日の昼間。
その日は雨が降っていて僕は傘(折りたたみじゃないやつ)をさして外を歩いていました。
建物の下に入るので傘をたたみました。

普通に傘をたたむとビラビラしたところを最終的にぐるりと紐で止めますよね。
横を歩いていた人も同じように傘をたたむのですが、そのうちの1人の 人が使っていた傘が妙に印象的だったのです。

傘をたたんでもビラビラの布が無く、紐で止めることもなくサッサと歩いていってしまいました。
和傘を想像するとわかりやすいかもしれません。

Wagasa

あれは本当に和傘を使っていたのか?
でも和傘は水に弱いので日常的に使うには適してないはず。

たたんでサッと歩き出せるあの感覚がうらやましくて色々検索してみましたが、それらしいものが見つかりません。

見た目は和傘風でも結局たたむと自分の手で紐を止める必要があるものばかり。

あの傘はいったい何だったのか、今でも未解決の七不思議です。
ご存知の人がいたらぜひこちらのお問い合わせフォームから教えてください。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

雨の日にテンションが上がる理由は随時更新していきます。

感じ方は人それぞれだと思いますので、自分はこういう理由で雨の日が好きだよーという人がいたらお気軽にTwitterやお問い合わせフォームからご連絡ください。

ゆーすけさん
大雨になればなるほど上がるテンションの不思議

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!