ボジョレーヌーボーが白?そんなバカな?な常識を破る真実




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

11月の第3木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日です。

日本で報道される解禁の様子では、皆が赤ワインを手にしています。

そうです、ボジョレーヌーボーは赤ワインだから当然なのです。

しかし時折、店頭に白のボジョレーヌーボーが並ぶことがあります。

日本では赤のボジョレーヌーボーばかりが報道されており、白のボジョレーヌーボーはほとんど報道されません。この白のボジョレーヌーボーとは一体何なのでしょうか?

今回は白のボジョレーヌーボーの秘密を解き明かしましょう!

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーは赤が定番

ボジョレーヌーボーといえば一般的には赤ワインを思い浮かべるでしょう。

ワインの色は原料となるぶどうの種類によって変わりますが、フランスのワインに関する法律では、ボジョレーを名乗るワインに使ってよいぶどう品種は細かく決められています。

我々が毎年目にする赤のボジョレーヌーボーは「ガメイ」という品種のブドウぶどうで作られています。

ガメイ以外にも「ピノ・ノワール」と「ピノ・グリ」もボジョレーヌーボーとして名乗ることのできる赤ぶどうですが、ガメイはまさにボジョレーヌーボーを代表する品種ともいえる有名なぶどうです。

ガメイに関することはこちらの「ボジョレーヌーボーの味を決めるぶどうの種類に迫ります」に詳しくまとめていますので御覧ください。

白のボジョレーヌーボーとして売られているワインの正体

フランスのワイン法上、白のボジョレーヌーボーは存在しません。

では、どうして日本において白のボジョレーが売られているのでしょうか。店頭で売られている白のボジョレーヌーボーとは一体どこのワインなのでしょうか?

ボジョレーヌーボーとは「ボジョレー地区の新酒」です。

そして、ボジョレー地区で作られているのは赤ワインの新酒です。

しかし、ボジョレー地区と非常に近い位置にあるマコネ地区においては、白ワインの新酒が作られています。

実は、このマコネで作られた白ワインの新酒が、日本では白のボジョレーヌーボーとして売られることがあるのです。

そうなのです、白のボジョレーヌーボーの正体は、ボジョレー地区の近くにあるマコネ地区の白ワインの新酒だったのです。

なぜこのようなことが行われているかというと、消費者の購買意欲をそそるためだと考えられます。

日本において、ボジョレーヌーボーの知名度は非常に高いものがあります。

その知名度にあやかろうと、マコネの白ワインが白のボジョレーヌーボーとして売られることがあるのですね。

マコネのワインの味わいはボジョレーヌーボーと比較して劣るものではなく、愛好家が多いのも事実なんです。

このように書いてしまうと、マコネがひきょうな地区であるかのように思えますが、それは違います

仮にそんな人がいるとするならば、それはマコネの白ワインに白のボジョレーヌーボーの冠を抱かせて販売している業者ということになります。

白のボジョレーヌーボーもどきの味

では、白のボジョレーヌーボーとして売られることが多いマコネの白ワインの新酒の味わいをみていきましょう。

マコネ地区のシャルドネを使った白ワインは、比較的早くから飲むことのできるタイプのものが多いです。

レモンや白い花を思わせる香りがあり、フルーティーな辛口の白ワインです。
酸味も比較的強く、さっぱりと楽しむことができるのがマコネの白ワインの特徴といえるでしょう。

このように、早飲みができ、さっぱりと楽しめるという点はボジョレーヌーボーと共通しています

ボジョレーヌーボーも美味しいですが、マコネ地区の白ワインの新酒も大変に美味しいです。

白のボジョレーヌーボーというものは厳密には存在しませんが、白のボジョレーヌーボーといって差し支えのないワインを飲んでみたいと考えている方は、マコネ地区の白ワインの新酒を飲んでみてください。

白ぶどうシャルドネ

マコネ地区の白ワインはそのほとんどが「シャルドネ」という白ぶどうで作られています。

このシャルドネはボジョレーヌーボーに補助品種として使うことのできるぶどうですね。

ボジョレー地区とマコネ地区は位置が近く、両者ともに新酒を出していることから、混同される可能性が高いのかもしれません。

シャルドネは世界でもっとも有名な白ワイン用のぶどう品種といって過言ではありません。

シャルドネは世界中で栽培されており、フランスのブルゴーニュ地方のシャルドネを使って作られる白ワンは世界で最も高価な白ワインともいわれています。

スポンサーリンク

白のボジョレーヌーボーはマコネ地区の白ワイン新酒

以上のように、店頭で見かけることのある白のボジョレーヌーボーの正体はボジョレー地区の近くにあるマコネ地区で作られている白ワインの新酒でした。

つまり白のボジョレーヌーボーは存在しないのです。

しかし、マコネ地区の白ワインの新酒はボジョレーヌーボーに劣らない高い質のワインです。

ボジョレーヌーボーの解禁日に合わせてボジョレーヌーボーを飲むのも良いですが、趣向を変えてマコネ地区の白ワインの新酒を試してみるのもお勧めかと。

ボジョレーヌーボーと同じで早飲みに適し、ワインが苦手な方にも飲みやすいマコネの白ワインの新酒はみんなでわいわい盛り上がりながら楽しむことのできるワインです。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ400件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!







ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム