トイレであれが飛び散らない画期的な方法

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。プロフィールはこちら

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。
(今回はちょっと汚いお話です)

世の中の男性のほとんどが苦労していること。

そしてその家族もひょっとしたら迷惑を受けているかもしれないこと。

そう、男がオシッコをしたあとに便器周りに飛び散ってしまうあの憎い現象のこと! 

男性のみなさんにとっては非常にあるある現象として共感してもらえると思います。

我々男はなんとか飛び散らないようにと向きを変えてみたり着水点を便器の隅っこにしてみたり試行錯誤します。

うまくいった! 

今回は飛び散らなかった!

と思ってみても、どれだけ上手にやったとしても目には見えない水滴が実はたくさん便器周りには飛んでいます。 

今回、長年の男の悩みを解決する画期的な方法を、NHKの人気番組「ためしてガッテン」が物理学的側面から検証した結果をもとにご紹介します。

必見です!

スポンサーリンク

実際にどれくらいオシッコは飛び散っているのか

それではまず、男が用を足した時にどれくらい周りに飛び散っているのかを見てみましょう。

一般的に男は便器の色々な部分に目がけて用をたします。

実験では色をつけた水をオシッコのように便器に放水し、特殊な光を当てることで実際にどれくらい水滴が飛び散っているのかを検証しました。

その結果がこちら。

 一番多くの人が狙っているであろう奥の場合、なんと7,550滴も便器まわりに水が飛び散っているという結果が出ました。

特殊なライトを当てると・・・

便器を中心に水が相当はねていることがわかります。

便器だけでなく、床、そして壁にまで飛び散っていることがわかりますね。

実験ではただの水なので大丈夫ですが、実際はこれらはオシッコ。

目には見えていないだけで相当汚れているんです。

 

アメリカ物理学者の研究

男の長年の苦労。

そしてその家族の苦労。

なんとかして我々が救いたい!

という熱い想いのもと、なんと尿ハネ研究で世界中から注目を浴びているアメリカの物理学者がとうとうその具体的な解決策を発見しました! 

それは何かというと、

「12cm以内」にオシッコを壁面または水面にぶつけること。

これが結論です。

おしっこは尿道から放出された直後は「ホース状につながった形」をしているのですが、放出されてからの距離が離れれば離れるほど形が「粒状」に変化してしまいます。 

その「粒状のおしっこ」が壁面や水面に当たってはじけることで尿ハネが発生していたのです。つまり、おしっこが粒状になり始める距離(平均12cm※多少の個人差はあります)よりも近い位置で壁面あるいは水面にぶつけることで、尿ハネをゼロにすることができるのです。

ただしこの法則は、公衆トイレの「男性用立ち小便器」では、「一歩、前へ」を実践することで尿ハネをゼロにできるのですが、家庭の洋式便器で12cm以内を維持しようとすると非常に厳しい体勢になってしまいます。

では家ではどうすればいいのか。

答えは簡単です。

座って用を足せばいいんです。

座りションをすれば解決することなんです!

これを初めて知った時は「なるほど」と思いつつも「そんな単純なこと?」と疑問に感じ、実際に座ってやってみると「こういうことか!」と感動しました。

この方法を知って以来、僕はずっと座って用をたすようになりました。

これ、マジでおすすめです。

トイレ掃除をした時の労力が圧倒的に減りましたし、気持ちもとてもスッキリしました。

この記事をご覧の男性のみなさん、ぜひ座りションをやってみましょう。

最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れるとかなり快適です。

この記事をご覧の女性のみなさん、旦那や彼氏にはぜひ座りションをすすめてみましょう。

最初は抵抗を示すかもしれませんが、さきほど紹介した水が飛び散った画像を見せればきっと気持ちを入れ替えてくれるはず。

オシッコをする時のほんのちょっとのやり方を変えるだけで快適な環境が手に入りますよ。

座るだけで夫婦喧嘩のタネが無くなると考えれば安いもんじゃないですか、ねぇ?

 

流すときはフタを閉めてから

ためしてガッテンではトイレに関する更なる知識を教えてくれました。

それは「水を流すときはフタを閉めた状態で流すこと」。

フタを開けたまま水を流すと水流によって排泄物に含まれるウィルスや細菌がトイレ中にバラまかれてしまいます。

さらに恐ろしいことに、これらの細菌はなんと90分以上もの間空気中を漂い続けるという実験結果が出たのです!

例えばノロウィルスに感染している場合、バラまかれた菌が次のトレイ利用者に二次感染して食中毒を引き起こしてしまうという恐れもあるのです。

特に体調が悪かったりお腹がゆるいときはいつも以上にウィルスに対して注意が必要な時。

大便をしたあとだけでなく、オシッコだけの時でも普段からフタをしめて流すことをクセづけておけば安心ですね。

 

スポンサーリンク

ぜひ今日から実践を!

今回の知識を初めて知った時はかなり衝撃的でしたが、それからすぐに僕は実践して今にいたります。

今では座ってオシッコをすることと、フタを閉めて流すことは習慣になりました。

どちらもとても簡単な方法ですぐに試せると思いますので、みなさんもお試しあれ!

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。 ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。 サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。 クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!