Giant Escape R3をこうやってカスタマイズ・改造してます

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。プロフィールはこちら

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。 

先日ご紹介した僕の趣味の1つでクロスバイクがあります。
詳しくはこちらの記事を御覧ください。 

自転車に乗って風を切って走る楽しみもありますが、別の楽しみ方もあります。

それは自分好みにカスタマイズすること。

思い思いのパーツを取り付け、より速くより快適に改造することができるんです。 

スポンサーリンク

カスタマイズすることの楽しさ

自転車は店頭で販売されているままの状態でももちろん乗ることは可能です。その後で手を加えなくても快適に自転車ライフを楽しむことだってできます。

でも少しでも乗り心地を追求し、見た目も考え、自分で改造すると驚くほど自転車の乗り心地は変わります。

そして何よりも自転車に愛着が沸きますよね。

 

ハンドル周りのカスタマイズ

それでは僕が乗っているクロスバイク Giant Escape R3のどこをどうやって手を加えているかご紹介します。

まずはハンドル周辺のご紹介。

Giant Escape R3 オススメのライト

th_IMG_5073.jpg

夜間、点灯せずに走行していると警察に止められてしまいますので注意!

使っているライトはキャットアイ HL-EL460RCです。 

明るさを3段階と点滅状態に調整することができます。
うれしいUSB充電可なので電池交換をする必要がなく、ランニングコストをおさえることができます。

ライトのいいところは夜道を照らす役割というより、歩行者や車に自分の存在を知らせること。
外に自転車を止めて離れる場合ライトは取り外しておきましょう。ライトだけ盗られることもあります。 

ゆーすけさん
一度充電すると2−3ヶ月はずっと使えるから経済的!