CleanMyMac XでMacをキープクリーン!定期的なメンテナンスにおすすめ

大切なMac PCを快適に長く使いたい。Mac好きなら誰しも共通の想いを持っているはず。

そこで今回は MacPaw Inc.が開発・販売を手掛けるMac PCのメンテナンスソフト “CleanMyMac X(クリーンマイマックエックス)”というソフトを使ってみた感想を紹介します。

このソフトがあればMacが持つ本来のパフォーマンスを常にキープして使うことができます

なお今回の記事は MacPaw Inc.様からご依頼を受けて書いています。

CleanMyMac Xでできること

とにかく機能が豊富なので使いこなすのはなかなか大変ですが、CleanMyMac Xでできることがこちら。

  • 本体の不要ファイルを検索・削除
  • Macに潜むウイルスを検索・排除
  • ウィルスモニター
  • メモリの開放
  • Macのパフォーマンスの向上
  • アプリケーションの完全アンインストール
  • 大容量&古いファイルの検索・削除
  • など

要するに、あなたのMac PCに潜む余計なファイルやパフォーマンス低下を引き起こしている原因を見つけ出し、適切に削除し、Macが持つ本来の性能を取り戻すことができるわけです。

『メモリを開放してサクサク使いたい』
『最大メモリを積んでるはずなのに、買った時よりも動きがモッサリする』
『アプリのアンインストールで削除しきれてないファイルがなんだか気持ち悪い』

のように考えている人にとって、CleanMyMac Xはおすすめといえます。

CleanMyMac Xの使い方

CleanMyMac Xをインストールして起動するとスキャン画面が表示されます。

起動後の画面

この状態で『スキャンボタン』を押せば、

  1. クリーンアップ(不要ファイルの削除)
  2. セキュリティ(ウイルスの排除)
  3. 高速化(パフォーマンスの向上)

の3つが稼働するので、基本的にはこれだけでも十分なほどのクリーニングにつながります。

僕が初回起動した時のスキャン結果が下の画像です。

購入から約2年半、毎日欠かさず使ってきた愛用のMacBook Proなんですが、不要ファイルが意外と多くてビックリしたり、ウイルスが見つからなかったのでとりあえず安心しました。

初回のスキャン結果

注意点として、クリーンアップで抽出されているデータ(上の画像でいう9.1GBのこと)はあくまでも自動的に選ばれているだけなので、本当に不要データかどうかは自分で確認しましょうね。

不要な言語は消しても問題なさそうです

例えばMac内蔵の言語ファイルの中にはどう考えても自分には用途がないものも含まれているので、少なくとも日本語と英語を残しておけば大丈夫かなという個人的な見解です。

他にもインストールされているアプリ一覧もズラリと表示されるため、その中から不要なものを選択して削除することができたりもします。

すっかり使ってない忘れ去られたアプリもちらほら

Macアプリは通常だとごみ箱に移動してアンインストールしますが、その周辺の設定ファイルとかよくわからないゴミファイルが残ってしまうんですよね。

CleanMyMac Xだとその辺りの不要なファイルも一緒に削除してくれるので、見た目も気持ちもスッキリします。

32bit対応のすでに使えないアプリ(上の画像でいうと “Wine Stable.app” )も残っていたので、記憶から抜け落ちてしまっているものまでスキャンしてくれるのは助かりました。

CleanMyMac Xを使った結果

不要ファイルを削除したり高速化することで、何がどれだけ変わったかをビフォーアフターで比較してみます。

起動時間の比較

PC起動時間で比べてみた結果、ほとんど変化は見られませんでした

元から起動時間が特別遅いという感覚がなかったんですが、劇的な変化は見られませんでした。

こちらのページでもう少し詳しい考察をしています。併せて御覧ください。

空きスペースの比較

不要ファイルを削除することで8.12GBのSSD容量を新たに確保することができました

僕の MacBook Pro は512GBなんですが、もちろん空き容量は多いに越したことはありません。

知らず知らずのうちにSSDを圧迫していたと考えると、CleanMyMac Xには感謝しかありませんね。

具体的にどんなファイルやアプリを削除して削減につながったか、具体的な内容はこちらの記事で紹介しています。併せて御覧ください。

App StoreでCleanMyMac X が販売中な意味

2020年5月、App Storeで CleanMyMac Xの販売が開始しました。

実はアプリの名称に “Mac” が入っていると App Store では販売不可だそうで、MacPaw Inc.社の長年の交渉の末、ようやく認可が下りた背景があります。

そもそも App Storeで販売される時点でアプリの信頼性や実力はお墨付きなわけですが、2008年の初代 “CleanMyMac” の発売開始から積み上げてきた実績が認められ、より厳しい審査をパスして今に至るわけです。

“CleanMyMac X” を使う我々からしてみても、こういう背景を知っておくとますますその魅力が高まりますね!

安心の買い切りもあり

まずは無料プラン(500GBまで使用可能)を使ってみることをおすすめします。

常時使うには無料プランだと物足りませんが、サブスクリプション(US$39.99/年:約4,000円/年)と買い切り(US$89.95:約9,000円)があるので用途に合わせて選べますね。

Macのメンテナンスソフトは CleanMyMac X

正直 “CleanMyMac X” 1つあれば Mac PCのメンテナンスは十分じゃないかと思います。

お手軽に使える便利さに加えて使いやすいインターフェース、常駐しているヘルスメーターも使いやすいですし。

メニューバーに常駐のヘルスメーター。メモリ開放もボタン1つ。

定期的にメンテナンスすれば常に快適に操作できますし、ウイルス感染の恐怖も軽減されます。

気持ち的にもスッキリしますし、なにより愛機に対してより愛着が湧きますよね。

“CleanMyMac X”、ぜひご検討あれ!

ゆーすけ(守屋祐輔)

ゆーすけ(守屋祐輔)

複業サラリーマン

会社員×ブログ×デザイン×講師×投資の5つの働き方・稼ぎ方を実践する複業サラリーマンブロガー ▼経験から学んだノウハウや考え方、自分の人となりがわかる記事をお届けします ▼主力複業のサイン作成では700人以上、5,000点以上の作成実績あり。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事