伊勢のお土産はへんば餅がおすすめ。売っている場所や賞味期限は?




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

伊勢旅行のお土産は『へんば餅』がおすすめです。

赤福は誰でも知ってる伊勢のお土産ですが、赤福に負けないぐらいに長い歴史があり、そのおいしさは赤福を凌ぐほど(個人的感想)。

伊勢のお土産に迷っている人は、ぜひへんば餅を手にとって欲しいです。

伊勢旅行記はこちらの記事を御覧ください。

スポンサーリンク

へんば餅とは?

へんば餅は伊勢で古くから伝わる名物お餅で、安永4年、西暦でいうと1775年に創業したというから驚きです!

200年以上の歴史がある食べ物なんですよ、へんば餅って!

お伊勢参りに訪れる人が休憩する茶屋から始まり、旅人がここで馬を返して参拝するため、いつの頃からかへんば(返馬)餅と名付けられ、今日に至るんだとか。

へんば餅の見た目

へんば餅は丸く平たい形が特徴で、両面に焼き目がついたおいしそうなお餅です。

へんば餅の写真

焼き目が特徴

手で持つと「くた〜」っと形が崩れるのが特徴で、お餅の柔らかさのあらわれです。

焼き目が食欲を誘いますね!

へんば餅の味

へんば餅の中にはたっぷりとこしあんが入っています。

へんば餅のあんこ

想像以上の弾力があるお餅

あんこは程よい甘さなので、つい何個でも食べてしまいそうになります。

そして何よりも特徴的なのは、なんといってもお餅の弾力!

モッチモチなんですよ!

お餅なので当たり前なんですが、想像している以上のモチモチ感で、一口食べるとヤミツキになってしまい、ぺろりと平らげてしまいます。

今まで食べたお餅の中でもトップクラスにおいしいお餅を使っています。

さすが200年以上にわたって地元で愛され続ける品物だなと感じます。

へんば餅を買える場所

へんば餅は伊勢市内4店舗で販売されています。

  1. 本店
  2. 宮川店
  3. おはらい町店
  4. 伊勢市駅前店

伊勢旅行のついでにへんば餅を買いたい人は、「3. おはらい町店」「4. 伊勢市駅前店」の2つがアクセスが良くておすすめです。

おはらい町店

伊勢神宮の内宮の周辺には、たくさんのお土産屋や飲食店、おかげ横丁などがあり、おはらい町店もその一画にあります。

内宮を参拝した後の買い物がてら立ち寄ることができます。

伊勢市駅前店

伊勢市駅前のへんば餅

おしゃれな舗装をした外宮参道

伊勢観光の出発点ともいえる伊勢市駅。

駅から外宮に向かう道の途中に、へんば餅の店舗があります。

個人的にはこの店舗が一番おすすめです。

伊勢市駅前のへんば餅

建物は新しく、清潔感がある

それほどお客さんがおらず、ほとんど並ぶこと無くへんば餅を買えるんですね。

店内にはイートインスペースがあり、お茶も無料で飲むことができます。

へんば餅のイートインスペース

ほうじ茶無料がうれしい

イートインスペースは6人ほど入るといっぱいになってしまうほど狭い場所です。

壁にはへんば餅の歴史を紹介した資料が展示されているので、眺めているだけでも楽しめます。

へんば餅の歴史

へんば餅の歴史を知る

へんば餅の値段

へんば餅は2個160円という超お買得価格!

へんば餅の値段

お茶は無料

値段設定まちがっていませんか?と疑いたくなりますね。

子どものお小遣いでも余裕で買える値段です。

お餅はお腹に溜まりやすいので、適度の満腹感も得られるし、おすすめですよ。

賞味期限が短いへんば餅

へんば餅は生菓子のため、賞味期限が極端に短いお菓子です。

製造日を含む2日間しかないんです。

買った翌日には食べきってしまう必要があります。

そのため、お土産にしようとしても賞味期限を考えて持ち帰れない恐れもあります。

地方発送は期間限定

遠方に住む僕も私もへんば餅を食べたい!

そんな人のため、へんば餅の会社では地方発送もやっています。

ただし!

  • 生菓子のため、涼しい11月〜3月のみ対応
  • 支払い方法は代金引換のみ
  • 電話注文のみ
  • 年末年始は繁忙期のため、地方発送は中止

など、かなり制約が多いんです。

へんば餅のお皿

おしゃれな皿を使っている

でも個人的には、そこまで苦労してでもへんば餅は食べて欲しいなぁ。

伊勢の4店舗でしか販売されていないので、少し面倒くさくても、地方の人にもへんば餅のおいしさを知ってほしいんです。

 地方発送に関する詳しいことは、へんば餅の公式サイトを御覧ください。

スポンサーリンク

赤福よりもへんば餅

これほどおいしくてお財布にもやさしいへんば餅ですが、残念ながら伊勢以外での知名度が全くといっていいほどありません。

伊勢=赤福という構図ができあがっていることに加え、赤福は全国の主要駅のキオスクなどでも気軽に買うことができ、伊勢土産の圧倒的シェアを握っています。

一見すると本当にただのお餅でしかないへんば餅。

食べるとわかる、想像以上のモチモチ感とクセになる味。

伊勢旅行の時は、赤福もいいんですが、ぜひへんば餅も食べてみてください。

観光の拠点に便利な伊勢市駅前に店舗があるので、ちょっと覗いてみるだけでもいいんです。

だって1皿たったの160円(2個入り)ですよ?

お茶も飲めるし、ゆっくり座って食べられるし、これはもう食べるっきゃないでしょ!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインを、これまで2,000個以上の作成実績のあるゆーすけが作成します。あなたのサイン、意外と見られていますよ?

ご署名ネットの4コママンガ


ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム