自宅をオフィス化!快適なデスクやチェアで理想の環境をゲット!




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

僕がブログを書くのはカフェやお店など家以外の場所が多いです。

カフェなんかうるさくて作業できないんじゃないかと思われがちなんですけど、あの適度な騒がしさがちょうど集中できるギリギリのラインなんですよね。
カフェで勉強すると不思議と集中できるという人も少なくないはず。

とはいうもののやっぱり家でも作業したい!と感じる時もあります。

なんとなく外に出たくない時や天気が悪い日にわざわざ外に出るのが面倒

でも家で何か作業しようとした途端に別のことが気になってしまい、作業に全く集中できない!という謎の現象に悩まされることありませんか?

これって自分だけじゃないはず。

ということでこの度、家でも快適に作業できるよう作業環境をバッチリ整えました!

自宅オフィスとでも呼びましょうか、その時の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

自宅作業の弊害

家で作業する人は色々な障害と戦うことになります。

僕がいつも振り払わないといけない敵はこちら。

寝落ち

普段は会社勤めをする僕ですが、仕事が終わると家に帰ってそこからPCを開いて色々と作業を始めます。

過去記事でもたびたび触れてきましたが、とにかく僕は寝落ちします。

朝6時前に起きて朝活をする生活を半年以上継続して自己管理できるようになったなと思っていたのですが、どうも夜の寝落ちだけは制御できません。

例えば残業もなく夜の予定もない時、ご飯を食べて家に帰り、お風呂に入ってさぁこれから作業だ!という時間が早い時だと夜8時前の時もあります。

24時に寝るとしてもそこから4時間程は作業時間に充てられるはずなんですが、気付くと8時半にはソファーに横になって寝落ちしてます。

気付くと夜中の2時とか3時。
気分がいい時はそこから起きて作業してそのまま出社することもありますが、まぁ普通はそのまま朝まで寝ますよね。うん。

身体の痛み

これは完全に自業自得ですが、ソファー+デスクでの作業環境を続けていると姿勢がめちゃくちゃ悪いんです。

DSC06693

これ、いつも家でPCを触る姿勢なんですけど前かがみになっていて長時間キーボードを打ったりしてると背中が疲れてきます。

このデスクは普通のソファーデスクよりも足が長いタイプを選択して購入したんですが、やっぱり本格的な作業用としては不向きです。

雰囲気はおしゃれで本や小物を置けるスペースもあり、脚も細いので愛用のカリモクソファーとはよくマッチして実用的なのは間違いありません。

じゃあデスクは使わず膝の上にPCを置いて作業すればいいんじゃないか?ということで最近はずっとこんなスタイルでした。

DSC06695

背もたれが身体を包み込んでくれるので作業しやすくなります。
視線がちょっと下を向くので長時間作業にはやっぱり不向きなんですが、さっきよりはマシです。

でもあまりにも身体がリラックスしすぎるのですぐ寝落ちしてしまいます

これじゃあ駄目だ。 

ちなみに僕が腰掛けているのはお気に入りのカリモク60のモケットグリーンのソファです。

ソファの詳しいことは「カリモク60モケットグリーンのソファは和室に合う。買って大満足です」にまとめているので、興味がある方はぜひどうぞ。

自宅オフィス、こう作りました!

もっと快適な作業環境が欲しい。

寝落ちしないよう工夫したい。

そう考えた末、デスクとチェア、モニターを購入してこんなスタイルに仕上げました。

IMG 7470

快適さを追い求めるとやっぱりデスクとオフィスチェアに行き着くんだなと思いました。

特にチェアの存在は大きく、今までと比べて作業効率が格段にアップしたと感じてます。

Macbook Pro

いま使っているのはMacbook Pro 13インチ(mid 2014)です。

これをこのままデスクで使う手もありましたが、もっと広い作業領域が欲しいと思っていました。

IMG 7471

そこで4Kモニターを購入してクラムシェルとして Macbook Proを使うことにしました。

クラムシェル

Macbook Proをモニターにつないでデスクトップのように使う方法のこと。
PCを閉じた状態で使えるのでクラムシェル(貝殻)という名前がついてます。

写真に写ってるMacbook Proは閉じてないじゃん、と思うかもしれませんが実はこれでもクラムシェルモードです。
キーボード左端に磁石を置くとPCが「閉じている」と認識してクラムシェルモードに移行することができます。

PCを開けた状態でクラムシェルをすることで、

  • 放熱性を高める
  • WiFi、Bluetoothの感度を落とさず使える

というメリットがあります。 

Magic Keyboard

クラムシェルとして使うためにはBluetoothキーボードが接続されている必要があります。

そのためAppleから販売されているMagic Keyboardを購入(US版)。

Keyboard

完全ワイヤレスでゴチャゴチャしたコードもなく、充電も1ヶ月もつタフさ、遅延ゼロ、そして打ちやすさ。

どれをとっても完璧ですな。

Magic Trackpad 2

キーボードと一緒に同じくAppleから販売されている Magic Trackpad 2も購入。

Mt2

マウスよりもトラックパッド派です。

こちらもワイヤレスで充電式。Macのトラックパッドは使いやすいです。

4Kモニター

今回購入したのはLGの27MU67という27インチタイプの4Kモニターです。

4k

やはり27インチというのはかなり大きく、今までの13インチのディスプレイ領域とは雲泥の差があります。

でも僕、買ってから気づいたんですよね。

いま使ってる Macbook Pro 13インチ mid 2014って4K出力(60Hz)に対応してないやん・・・

ってことに。

Mac PCは販売された時期によって4K出力に対応しているものとそうでないものがあります。
かなり細かい分類になるので詳しくはApple HPを見て下さい。

出力方式には24Hz, 30Hz, 60Hzがあり、数字が大きくなるほど画面表示やカーソルがヌメヌメ快適に動きます。

4K60Hzで使おうとするとそれなりのグラフィック性能を持ったPCが必要になるので古いタイプのMacでは60Hzに対応していないんですね。

これが30Hzになると1つ1つの動作にひっかかる感じがあり、とてもじゃないですけど使うことが出来ません。

例えば僕のMacだとRetina並のキレイな画質を表現しようとすると30Hzが限界です。
Retinaではなく少し画質を落として表示するのであれば60Hzも可能なんです。

画質を取るか、ヌメヌメの動きを取るか、僕はヌメヌメの動きを優先したいので少し画質を落として60Hzで使っています。

しばらく実際に30Hzで使ってみたけど・・・

しばらくの間、画質をRetinaに設定した30Hzバージョンでモニターに映し出して使ってみました。

結論として「使いづらい」です。

カーソルの動きがほんのわずかですが引っかかりが発生し、トラックパッドが10回に1回くらいの割合で反応しなくなるときがありました。

カーソルはまだ我慢できますが、トラックパッドが反応しないというのはやっぱりダメです。

4Kで27インチは小さすぎて使えない

僕のMacbook Proでも解像度が低くなりますがなんとか4K出力はできます。

その画面がこちら。

4k
うわっ、画面ちいさっ!!

4Kって作業領域がぐーんと広がって効率的になるんですけど、27インチくらいのディスプレイだと文字が小さすぎて読むことが出来ません。

たぶん40インチくらいの大きさがあって初めて使えるようになるんじゃないかなぁと思います。

スピーカー

クラムシェルとして使っていると音が出るのはMacbook Proから。

大きな画面に対してPCスピーカーの音だとちょっと迫力がないのでディスプレイにスピーカーを取り付けました。

Speaker

使ってるのはちょっと古いタイプですがソニーのこちら。

重低音が鳴り響くけっこういいやつです。

デスク

使っているデスクはPCデスクではなく、小さめのダイニングテーブルを購入しました。

Table

いたってシンプルなダイニングテーブルですが、落ち着いた色合いと頑丈さが気に入ってます。

そして何よりお値段の安さ、これに尽きます。

最初はIKEAのデスクも検討していたんですが、IKEAは配送料が馬鹿みたいに高いので結局Amazonで自分で購入したほうが安上がりだということに気付いたんですね。

オフィスチェア

チェアが作業効率の良し悪しを決めると言っても過言じゃありません。

僕が選んだのはニトリのタンパ3というタイプのオフィスチェアです。

DSC06720

店頭で座ってみた感じこれが一番しっくりきました。

メッシュ素材になっているので暑い日でも蒸れることなく座れます。

こちらでレビュー記事を書いているので参考にしてみてください。

ニトリのタンパ3(ワークチェア)がおすすめ!使用1年間レビュー

2017.03.28

自宅オフィスを作って変わったこと

環境を整えると作業効率が全く違います。

今までソファーとテーブルでちまちまやっていた作業もすごくやりやすくなりました。

姿勢が良くなった

まず姿勢が変わりました。

今まで前かがみになって作業していたところ、デスクとチェアを導入するだけで背もたれを充分に活用しつつ目線もまっすぐになり肩や背中が格段に楽になりました。

Chair

眠たくならなくなった

チェアに座って作業していると集中できるのか、途中で睡魔に襲われることがなくなりました。

今までソファーで作業している時、ちょっと疲れたなと思うと誘惑に負けてゴロンと横になってそのまま寝落ち・・・なんてパターンが多かったんですが、今のスタイルになるとそういうこともありません。

カフェ同様に作業できるようになった

カフェで集中して作業していたことが家でもできるようになりました。

でもなんとなくあの騒々しい音が聴きたいなという時はYouTubeでカフェ環境音を流します。

すごいですね、今はこんな音源も公開されてるんですね。

これを流しっぱなしにすればまるで自分がカフェで作業しているかのような感覚になります。

贅沢をいうなれば・・・

環境音はディスプレイ下に設置してあるスピーカーから流れてくるんですが、これだと正直臨場感が乏しい時があります。

理想をいえば部屋の四隅にワイヤレススピーカーを設置してサラウンドで環境音が流れるようにしたいです。

キーボードとトラックパッドに慣れない

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2の配置がなかなか決まらず、しばらく慣れそうにありません。

Keypad

ワイヤレスのため自分の好きな配置で使うことができるのは嬉しいんですけど、なかなか最適な配置が決まりません。

右利きなので基本的にキーボードが左側に、トラックパッドは右側に置くのが基本ですが、少し体制を変えて作業する時はあえて斜めに置くこともあります。

(下手したら)家を出なくなる

快適な環境を作ったがために外に出なくなるかも・・・

スポンサーリンク

まとめ

本当は最初はiMacの4Kを買おうかと思ってました。

でもMac PCをクラムシェルとして使うことができることを知って急遽方向転換しました。

どうせなら支出は抑えたいものです。

でもいつかは4Kディスプレイの性能をフルで使いたいがためにPCの新調とか考え始めるんじゃないだろうかと今の段階から心配です。

快適な作業環境を手に入れたことだし、これからもバリバリやっていきますよ!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ300件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!