スマホゲームを削除して本当によかったと思うこと

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Phone

僕は約1ヶ月前にスマホに入っていたゲームを削除しました。
1年以上続けていたゲームで課金していたこともあり、削除する時にためらいましたが思い切って消しました。

最初のうちは手持ち無沙汰になったらどうしようと思っていましたが、今となってはマジで消してよかったと心から感じています。

 

スポンサーリンク

スマホゲームの罠

電車に乗ると8割方の人は下を向いています。みんなスマホを見ているんですね。
画面を後ろからそっと覗き見すると若い人もいい大人もゲームをしています。
RPG, パズル, テーブルゲームなど隙間時間を使ってお手軽にプレイできるのがスマホゲームの特徴ですが、同時に大きな罠でもあります。
時間を無制限に取られてしまいます。
電車に乗ってゲームをしているといつの間にか目的の駅に着いていたことも経験しましたが、とにかくスマホゲームは時間を使います。

最近のゲームはいわゆる「体力」の概念が採用されていることが多く、体力を使い切るとゆっくり自動回復するまで行動できないことがほとんど。
ところがお金を出す(課金)と一気に体力をMAXまで回復してくれる仕組みがあり、お金を出してでも続きをプレイしたい人はドンドンのめり込んでしまいます。

Game

これ、ゲームをやってる時はそれほど気にしてなかったのですが、よく考えるとどれだけの時間を無駄にしていたんだろうとめちゃくちゃ後悔しています。

 

スマホのゲームを消すメリット

そんな僕でしたが、自分の時間を確保するためにゲームを削除しました。
アイコンを長押ししてバツボタンを押す時は正直最後の最後まで悩みましたがそれでも消しました。
削除した直後は「あぁ、こんなもんか」という何とも気の抜けた感覚でしたが、時間が経つとだんだんメリットに気付き始めるのです。

メリット1:自由時間が増える

当然のことながら自由に使える時間が増えます。
今までスマホゲームに取られていた時間がそっくりそのまま使えるようになるのでかなり大きなメリットです。

メリット2:バッテリーを長く使える

ゲームをしていると朝100%まで充電していたはずのiPhoneが夜には20%を切っていました。
ところがゲームをやらなくなると夜でも50%を越えています。
あまりのバッテリー消費の変化に度肝を抜かれました。

モバイルバッテリーはいつも持ち歩いていますが、よほどのことがない限りスマホのバッテリー切れに悩まされることはないでしょう。

メリット3:作業に集中できる

今まではPC作業をしていてもゲームのことが途中で気になってしまい作業を中断することがよくありました。
息抜き程度ならいいんですが、頻繁にこれをやるようになると作業効率が格段に落ちてしまいます。
スマホゲームを削除したことでいちいちスマホを気にすることが減り、集中して作業できるようになりました。

メリット4:出費を抑えることができる

スマホゲームをやっていると課金という言葉が頭をよぎることがあります。
つまりお金を出してゲームを有利に進められるアイテムを購入することです。
要するにお金を出して育成の手間を省き時間を買っていることと同じなのですが、人によっては毎月数万円もの課金をして誰よりも強いキャラクターに育てることを目標にしている人もいますよね。

課金といってもたかだか100円ちょっとの課金もあれば数千円、数万円するような課金もあります。
今まで頻繁に課金していた人なら無駄遣いを抑えることができますね。

 余談  

課金にしても有料アプリにしても、たかだかデータにお金を払うことなど出来ない!といって抵抗を示す人がたくさんいます
僕は正直この人達の感覚が理解できません。
形あるものだけが全てじゃなく、今はもはや情報やサービスに対してお金を払うのが当然の時代です。
自分が価値ありと判断したものに対してお金を払うわけなので、データだからと頭ごなしに決めつけてしまう考え方は取っ払っちゃうほうが幸せになれると思うんですがね。 

 

メリット5: 冷静になれる

電車の中でスーツを着ていい歳をしたサラリーマンがスマホのゲームに夢中になっている姿を見るとなんだか寂しいものがあります。
今までの自分がこうだったんだなぁと思うと正直ゾッとしますが、一度冷静になって自分が周りからどう見られているか見直したほうがいいです。

メリット6:家族との時間が増える

もちろんこれは家庭がある人限定です。
子どもがいても親がスマホゲームに夢中になってしまい子どもが寂しい思いをする、よくありそうなシチュエーションですよね。

つい最近こんな記事が話題を集めたこと知ってますか?

Wish
 情報を付け足しつつ簡単に訳すと次のようになります。

これはとあるシンガポールの夫婦の話。
小学校の先生をしている奥さんが学校の子どもたちに「将来なりたいもの」をテーマに書かせた作文を家で読んでいた時のこと。 
ある作文を目にした時、奥さんは急に泣き出してしまいました。
泣き声を聞きつけた旦那さんが事情を聞くとこの作文を読んで欲しいというじゃありませんか。
その内容がこちら。 

「ぼくの願いはスマートフォンになることです。なぜかというと、ぼくのパパとママはスマートフォンが大好きだから。
パパとママはスマートフォンだけを気にして、ぼくのことを忘れることがあります。
パパが仕事が終わって疲れて帰って来たとき、ぼくとではなく、スマートフォンと時間を過ごします。パパとママが仕事をしているときにスマートフォンが鳴り出したら、1回鳴っただけですぐに電話に出ます。ぼくが泣いているときは、そんな風にしてくれないのに・・・。
パパとママは、ぼくとではなく、スマートフォンを使ってゲームで遊んでいます。スマートフォンで誰かと会話しているとき、ぼくが伝えたいことがあったとしても、話を聞いてくれません。
だから、ぼくの願いはスマートフォンになることです。」

読み終えた旦那さんは奥さんに尋ねました。

「なんてかわいそうな話だ。この作文はいったいどんな子が書いたんだい?」 
「私たちの息子が書いたのよ」

 
なんだか他人事とは思えない話ですよね。
子どもは大人の行動を誰よりも見ています。
自分よりもスマホを優先してる姿を見ると自分は大事にされてないんだと思いこんでもおかしくありません。

もちろん仕事の電話や調べ物をしなければいけない時もあるでしょうし、息抜きでゲームをすることもあります。
でもスマホが目的になってませんかね?
ゲームが目的になってませんかね?
本当にそんなことでいいんでしょうかね?

 

スポンサーリンク

もっとやるべきことはたくさんある!

小さい頃はゲームが大好きでした。
学校が終わってもすぐ友達の家に集まってゲーム大会をやったり、暇さえあればテレビの前に座り込んでいたものです。

それも今となってはめっきりゲームをやることもなくなりました。
当時はゲームしか楽しみ方がわからなかった僕ですが、今はそれ以上に楽しいことがたくさんあります。
時間をかけるべきことがたくさんあります。

時間は有限。
限られた資源をどう使うかはみなさんの心がけ1つで大きく変わります。

アプリの消し方は簡単です。
iPhoneの場合はアプリ長押しからバツボタンをタップしましょう。
Androidの場合はアプリ長押しからアンインストールを選択しましょう。
やることはたったこれだけ。ゲームに束縛される窮屈な生活から抜け出すことができますよ。

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サービス開始から半年たらずで100件以上のオーダーをいただいています。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!