Giant Escape R3をこうやってカスタマイズ・改造してます

      2016/11/26

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。 

先日ご紹介した僕の趣味の1つでクロスバイクがあります。
詳しくはこちらの記事を御覧ください。 

自転車に乗って風を切って走る楽しみもありますが、別の楽しみ方もあります。

それは自分好みにカスタマイズすること。

思い思いのパーツを取り付け、より速くより快適に改造することができるんです。 

 

スポンサーリンク

 

カスタマイズすることの楽しさ

自転車は店頭で販売されているままの状態でももちろん乗ることは可能です。その後で手を加えなくても快適に自転車ライフを楽しむことだってできます。

でも少しでも乗り心地を追求し、見た目も考え、自分で改造すると驚くほど自転車の乗り心地は変わります。

そして何よりも自転車に愛着が沸きますよね。

 

ハンドル周りのカスタマイズ

それでは僕が乗っているクロスバイク Giant Escape R3のどこをどうやって手を加えているかご紹介します。

まずはハンドル周辺のご紹介。

Giant Escape R3 オススメのライト

th_IMG_5073.jpg

夜間、点灯せずに走行していると警察に止められてしまいますので注意!

使っているライトはキャットアイ HL-EL460RCです。 

明るさを3段階と点滅状態に調整することができます。
うれしいUSB充電可なので電池交換をする必要がなく、ランニングコストをおさえることができます。

ライトのいいところは夜道を照らす役割というより、歩行者や車に自分の存在を知らせること。
外に自転車を止めて離れる場合ライトは取り外しておきましょう。ライトだけ盗られることもあります。 

ゆーすけさん
一度充電すると2−3ヶ月はずっと使えるから経済的!

 

Giant Escape R3 オススメのグリップ 

th_IMG_5074.jpg
実は自転車で走っていると振動がけっこうあります。

自転車に乗り慣れていないうちは体重を腕で支えて走ってしまうことが多く、そのため手の平が振動で痛くなり走ることが困難になることがよくあります。

手袋をして運転すれば多少は改善されますが、どうせならグリップから交換してしまうのがオススメ!

最初から取り付けられているグリップは非常に硬いのですが、エルゴングリップ手の平を置く部分が柔らかい素材になっているため快適に走行できます。

自転車はずっと同じスタイルで走っていると疲れてくるため、このバーを握って姿勢を微妙に変えることで若干ですが快適性がアップします。 

ゆーすけさん
坂がキツイところでもニュッと突き出たツノのような部分を持って体重をかけてこぐと楽ちん!

 

Giant Escape R3 のハンドルバー

自転車を購入したばかりの時、実はハンドルバーの長さはかなり長めに設計されています。
その状態でグリップに手を置くと手が肩幅よりも外側に広がってしまいますね。

実はこの状態、力がうまく伝わらなくなる原因になるばかりか、周りから見てもかなり不細工な格好です。

理想は肩幅と同じくらいの広さの位置にグリップが来ることなので、ちょうどいい長さになるようパイプをカットする必要があります。

その時に使う道具がこちら。

th_71cf-uNq-oL._SL1500_.jpg

 金属パイプを切断するための専用パイプカッターなので、素人の僕でも簡単にカットすることができました。 

ゆーすけさん
バーを切断する時は慎重に!もし長さを間違えしまったらバーごと交換することもできるよ。

 

Giant Espace R3 ハンドルの高さ調整

ママチャリとクロスバイクを比べてみると上体の傾き具合の違いが一目瞭然ですね。

nsht02.jpg

(出典:IT Media ビジネス)

 クロスバイクやロードバイクが速く走れるのは車体が軽いことに加え、この姿勢も大きく影響しています。 

クロスバイクは最初からある程度の前傾姿勢を取れるようになっていますが、ハンドルの位置をさらに低くすることで深い前傾姿勢が可能になります。

調整の仕方は簡単。
こちらの穴に六角レンチをはめてネジを緩めるとハンドルバーが外れます。

th_IMG_5084.jpg

 バーの下には高さを調整するためのリングがハマっているので、それをいくつか抜いてお好みの高さに調整して出来上がり。 

今ご紹介したグリップ、ハンドルバーのカット、高さ調整は一度にまとめてカスタマイズすることができるので、余裕があるなら一気にやってしまいましょう。

ゆーすけさん
状態を起こして走っているクロスバイクほど格好悪いものはないよね

 

フレーム周りのカスタマイズ

次はフレーム周辺のカスタマイズです。 

Giant Escape R3 オススメのフレームバッグ

Amazonでかなり安く販売されて興味本位で購入しましたが、かなり使える代物です。 

付属のベルトでフレームに巻きつけてマジックテープで固定できるため、走行中に外れることはありません。

th_IMG_5076.jpg

 バッグが2つとメッシュの小物入れがついていますが、メッシュは小さすぎて使ったことはありません。
バッグにはiPhone6でも楽に入れることができるので、地図を見たい時などはとても便利です。

 常時入れているものは交換チューブと軍手、そしてマジックテープ紐の3つ。

ゆーすけさん
フレームバッグは便利だけど、立ちこぎすると膝に当たって邪魔になるよ。便利さをとるか、漕ぎやすさをとるか。

 

マジックテープ

マジックテープ紐は長ズボンを履いて自転車に乗った時に裾に巻きつけてチェーンオイルで汚れないために使います。

th_12635209_o1.jpg

 100均で購入した安物ですが、かなり役立っています。

クロスバイク、ロードバイクはママチャリと違ってチェーンカバーがありません。
そのため長ズボンをはいて乗っていると裾が黒く汚れてしまうことがあります。テープで裾を止めてやれば汚れを気にせず快適に乗ることができますね。

たまーに右足だけじゃなく左足の裾も止めて運転している人を見かけます。なんとなくお間抜けな姿なので気をつけましょう。 

ゆーすけさん
正直これがないと長ズボンをはいて自転車は乗れません

  

Giant Escape R3 オススメのドリンクホルダー 

th_IMG_5079.jpg

TOPEAKのモジュラーケージ2を使っています。

運転中の水分補給はかなり大事。
特に夏場はドリンクの携帯は必須です。水分がないとあっという間にバテてしまって走れなくなりますので本当に注意が必要です。

このドリンクホルダーは幅を調節することができるため、市販のペットボトルから自転車専用の太いドリンクケースまで幅広く対応でき、おすすめです。

ゆーすけさん
冬であまり出番がない時でも常時つけっぱなしにしています

 

Giant Escape R3 オススメの携帯空気入れ

th_IMG_5080.jpg

携帯できるコンパクトタイプで、小ぶりながらも6気圧〜7気圧くらいまで入れることができる空気入れ。フレームに取り付けることができるため、見た目も違和感がありません。

これはタイヤがパンクした時の応急用の空気入れとして使います。

クロスバイク、ロードバイクのタイヤの空気圧はかなり高く、7気圧〜8気圧が目安ですが、携帯用でも6気圧くらいまでは楽に入れることができます。

あくまでも応急用として使うので、パンク修理が終わったらできるだけ早いうちにしっかりした空気入れで空気を補充してください。

ママチャリで使う空気入れではそこまで高い気圧の空気を押し込むことができないため、ちゃんとした空気入れを買うのも大事です。

ちなみに自宅で使うオススメの空気入れはこちら。

ゲージがついていて目標とする空気圧がひと目でわかります。
力もそれほどいらず、クロスバイク、ロードバイクの空気入れとして最適です。

 

ゆーすけさん
1000円くらいの安い空気入れで十分でしょ、と思って買った家庭用の空気入れ、まさに安物買いの銭失いでした

  

交換用のチューブ

パンク対策品を用意するのであれば携帯空気入れに加えて代えチューブは必須です。

側溝の溝にタイヤがハマってしまったり、ちょっと高めの段差を乗り越えた時など、意外と簡単にパンクしてしまいますよ。

ゆーすけさん
YouTubeでパンク修理動画を見つけて練習しておくことをおすすめします

 

Giant Escape R3 オススメのバックライト

th_IMG_5081.jpg

キャットアイの充電式バックライトを使っています。

夜間走行する場合、車から自転車はほとんど見えなくなります。
バックライトは自分の存在を車に知らせる大事な大事なサイン。

東京の夜の道を走行する時でさえバックライト無しで走るのは正直恐ろしくてできません。

少し薄暗くなってきたなと感じたらすぐに点灯したほうがいいですね。
経済的なUSB充電タイプで繰り返し使用可能です。

ゆーすけさん
2ー3ヶ月は充電なしで使えます。おすすめのライトもそうだったけど、キャットアイ製品がUSB充電可能なのは嬉しい!

  

サイドスタンド

見た目の悪さと重量を気にしてスタンドをつけない人もいますが、これがあるのと無いのとでは便利さが違います。

特に僕みたいに街乗りする人にとってはスタンドは必需品だと思います。

特にブランド物というわけではなく、自転車購入時にお店で一緒に買ったやつです。

 

Giant Escape R3のおすすめタイヤ

Escape R3にもとからついているタイヤは28Cというタイプのタイヤです。

これはタイヤの幅が28ミリということを意味していますが、少しでも楽にスピードが出る自転車にしようとするとタイヤは細いほうがオススメ。

th_IMG_5082.jpg

タイヤ交換なんて難しそうだと感じるかもしれませんが、やってみたらものすごく簡単です。
自分でパンク修理ができる人であればタイヤ交換も簡単にできますよ。  

交換した23Cタイヤはこちらです。 

ゆーすけさん
黒だけじゃなくて赤とか青のカラーリングも楽しめます

 

カスタマイズのすすめ

こうやって書き出してみるとカスタマイズしたポイントが意外と多いなと自分でも驚きました。

いきなりこれらを全て自分でやるとハードルが高いなと感じるかもしれませんが大丈夫、同じく自転車素人の自分でもできたのでみなさんにもできるはず!

幸いYouTubeなどを見たらタイヤ交換を紹介した動画がたくさん見つかったりします。
そういう情報を駆使してぜひ自分の手でカスタマイズに挑戦してみてください。

少しずつ変わっていく自転車がだんだんと楽しくなる感覚を味わうことができますよ。

スポンサーリンク

記事がおもしろかった、参考になったなどありましたらシェアをよろしくお願いします。

わたくし、泣いて喜びます。

 - 趣味