WiMAXのアンテナを自作して速度アップになるか検証!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

固定回線の代わりに使い始めたWiMAX2。
安定して速度も出るため快適に使っています。

正直いまの環境でも十分満足なのですが、ネットで気になる情報を見つけてしまいました。

自作アンテナでWiMAXの速度アップ!?

自分でアンテナを作り、WiMAXの電波をさらに改善してしまおうというチャレンジです。

スポンサーリンク

どうしてWiMAXでアンテナが必要なのか

今回作ろうとしているのはいわゆるパラボラアンテナと呼ばれるもの。

パラボラアンテナは電波を集めて一点に集中させることで、より強い電波をキャッチすることができるんですねー。

Antenna

この中心にWiMAX端末を置くことで電波を集中することができる、つまり電波状況が良くなって速度アップ!というわけです。

ほんとにうまくいくもんかいね?

 

用意するもの

アンテナを作るといっても大掛かりな道具はまったく必要ありません。

道具はハンガー1本ボウルアルミホイル。これだけ。

Hanger
2

まずはハンガーを使って土台づくりからいってみよー!

ハンガーで土台を作る

1. 伸ばす

ハンガーを縦に伸ばします。思い切ってミョ〜ンといっちゃいましょう。

Nobasu

2. 先っぽを曲げる

フックとは逆になってるところを写真のように曲げます。
ハンガーはけっこう堅いので力がいります。

怪我をしないよう注意しましょう。

Sakippo
3. さらに曲げる

写真を参考にしてさらに曲げてください。

Mageru
4. 先端をさらに曲げる

丸で囲んだ先端をさらに曲げます。
ここまで来ると男性の手で曲げるのも一苦労。

机の角を使ってテコの原理を使うと簡単に曲げられます。

さっきから「曲げる」しか解説してない・・・
Sakimageru
5. フックを起こす

次はハンガーをひっかけるフックを起こします。
ぐいっとひねり、ぐいっと起こします。

Gui

はい!完成形がこちら!

Kansei Kansei2

あっという間に土台が完成しました。

パラボラアンテナを作る

次はパラボラアンテナを作ります。

これはハンガー土台よりも簡単。こちら。

Boul

わずか30秒でパラボラアンテナの完成です。

ボウルにアルミホイルを巻いただけ。

セッティング

完成した土台とパラボラアンテナをドッキングします。

Setting

こんな具合にハンガーフックの部分にボールがもたれかかり、斜めを向いた状態で立てかけることができます。

そしてWiMAX端末を設置すれば完成です。

Finish

端末がちょうどボウル(パラボラアンテナ)の中心付近にきます。
これで電波を効率よく集められるようになったはず!

作業時間わずか15分でパラボラアンテナの完成です。

ボウルが立たない?

ボウルがうまく自立しない場合はフック部を大きめに起こしてやることで改善されます

 

アンテナで速度は速くなるか?実験!

さて肝心の実験です。

まずはアンテナを使用しない状態でWiMAXを接続して速度を計測します。
(土曜日の夜21時頃) 

測定ツールはこちらのRapidnetを使いました。

アンテナなしの場合

Result1
  • 1回目:下り 7.7Mbps / 上り0.8Mbps
  • 2回目:下り10.3Mbps / 上り0.8Mbps
  • 3回目:下り10.7Mbps / 上り0.6Mbps
  • 4回目:下り 9.8Mbps / 上り1.2Mbps
  • 5回目:下り 8.3Mbps / 上り1.2Mbps
  • 平均値: 下り9.3Mbps / 上り1.1Mbps

下りというのはダウンロード速度のこと。

YouTubeの高画質動画を視聴したい場合は3Mbpsもあれば十分で、HuluやU-NEXT、Netflixなどの動画視聴サイトでも推奨速度はせいぜい5Mbpsがいいところ。

つまりアンテナを使わなくてもWiMAX2は十分すぎるほどの速度が出ているというわけですな、フムフム。

土曜の夜で回線が混んでいることもあり数字は大したことないですけど、使っていてストレスを感じることはないですな。 

アンテナありの場合

Result2
  • 1回目:下り12.5Mbps / 上り1.6Mbps
  • 2回目:下り13.8Mbps / 上り2.3Mbps
  • 3回目:下り13.8Mbps / 上り1.9Mbps
  • 4回目:下り14.9Mbps / 上り1.7Mbps
  • 5回目:下り10.6Mbps / 上り1.8Mbps
  • 平均値: 下り13.1Mbps / 上り1.8Mbps

なんということでしょう・・・

ほんとにこんなので速度アップしてる!

ちゃちゃっと作ったわりに効果あるもんだなと自分でも驚きました!

下りでプラス約4Mbps, 上りでプラス0.7Mbpsの速度改善です。

僕が使用中のWX03という機種にはハイスピードモードが搭載されていますが、これは上限が最大440Mbpsになるというだけで、速度アップという意味では期待できそうにありません。

モードの違いはこっちのWiMAXに関する記事「結論:WiMAX2は固定回線代わりに使えます」を見てね

結論:WiMAX2は固定回線代わりに使えます

2017.02.24

 

思わぬ効果あり!?

他にも1ついいことが判明。

アンテナなしでWiMAXを使っているとたまに速度が安定せず6Mbpsになったり10Mbpsになったりウロウロすることがあります。

やはり夜間だとこういうことが起こりがち。

たくさんの人が接続して電波状況が悪くなってるんだと思うのですが、自作アンテナを使っていると速度のバラ付きがなくなり安定した速度でつながるようになりました

ある程度の効果はあったんだと自分に言い聞かせてます、はい。

スポンサーリンク

まとめ

気休め程度かもしれませんが、自作アンテナは多少の効果はあるもよう。

平日の夜だともっと速度は出るでしょう。

もっと大きなボウルを使ったり場所を変えたりハンガーの形を変えることで効果が期待できますが、今でも十分な速度が出てるのでとりあえずはこれで満足です。

普段から電波が1本とか2本しか立ってなく使いづらい!って人は効果てきめんかもしれません。

簡単につくれるので試してみる価値はありですな!

以上、WiMAX自作アンテナレポートでした!

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サービス開始から半年たらずで100件以上のオーダーをいただいています。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!