2018ウェルスナビの運用実績はマイナス・赤字。株価暴落がきっかけ




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

2018年2月6日、日経平均株価が1日で1,000円以上の下落を記録し、世界でも同時に相場が下落しました。

アルゴリズム取引が相場の動きに拍車をかけて一気に下落したと言われていますが、果たしてこの状況を受けて僕が投資しているロボアドバイザー「ウェルスナビ」の運用実績はどのように推移したのでしょうか?

結果からいうとマイナス運用に陥り、2018年7月に少しだけプラスに盛り返しましたが、8月現在は再び赤字に転落しました。

スポンサーリンク

ロボアドバイザーウェルスナビの運用実績

お待ちかね、こちらが2018年8月3日時点でのウェルスナビ運用実績です。

2018年8月3日

ウェルスナビの運用実績

日本円でマイナス12,463円、ドル建てでマイナスUS$186.20、立派な赤字運用です。

実はこのマイナス運用、2018年2月の株価下落の時から約4ヶ月間ずーっと続いています。

ちなみにウェルスナビで初めてマイナス運用に陥った時のグラフがこちらです。

2018年2月6日

Wndown

青い折れ線グラフが急激に落ち込んでいます。

これまでの推移を下の表にまとめましたので、参考までにどうぞ。全て僕の実際の運用実績です。

円建て ドル建て
2018年2月4日
1,104,172円
+4,172円/+0.38%
US$10,003.39
+US$99.67/+1.01%
2018年2月6日
1,073,383円
-26,617円/-2.42%
US$9,820.54
-US$84.57/-0.85%
2018年2月9日
1,034,283円
-61,150円/-5.97%
US$9,468.01
-US$346.25/-4.41%
2018年2月15日
1,050,564円
-45,174円/-4.49%
US$9,926.84
+US$17.66/+0.18%
2018年3月12日
1,093,295円
-36,705円/-3.25%
US$10,263.77
+US$75.37/+0.74%
2018年3月21日
1,105,667円
-52,696円/-4.68%
US$10,389.67
-US$55.20/-0.79%
2018年4月17日
1,116,239円
-43,761円/-3.77%
US$10,424.36
-US$47.34/-0.45%
2018年5月21日
1,217,101円
-2,899円/-0.24%
US$10,956.00
-US$62.99/-0.57%
2018年6月20日
1,217,478円
-28,655円/-2.60%
US$11,067.67
-US$202.20/-1.99%
2018年7月10日
1,231,119円
-18,881円/-1.51%
US$11,067.67
-US$179.71/-1.99%
2018年7月31日
1,281,136円
+1,136円/+0.09%
US$11,449.98
-US$106.07/-0.92%

手を加えた点

この4ヶ月の間で僕がやっていたことというと、毎月3万円の積み立て、そしてポートフォリオの見直しです。

始めた当初のポートフォリオは30年後の最終的な見込み利益率が1%を下回っていたんですが、僕はそのことに気付かないまま運用していました。

これじゃあ意味ないじゃんということでポートフォリオを見直し、もう少し利幅を取れるであろう設定に変更しました。

これがマイナス運用から脱出するきっかけになるかどうかはわかりませんが、しばらく様子を見たいと思います。

ポートフォリオの変更はウェルスナビのメニューバーにあるナビゲーションの項目からいつでもできるので、必要に応じて見直してみましょう。

ウェルスナビのメニュー

ドル建て運用も見よう

円建てばかりに目が行きがちですが、実はウェルスナビで運用していく上でまず見なければならないのはドル建て運用額なんです。

ウェルスナビでは米国上場ETFに投資していますが、我々がウェルスナビに入金した日本円は一旦US$に変えて運用され、再び日本円に変えるためにはその時の為替の影響を受けてしまいますよね。

ウェルスナビの資産評価画面では円建てとドル建て両方の評価額が掲載されていますが、最終的に我々日本人投資家の手に戻ってくるのは円建て額の方です。

株価が暴落した日から今日に至るまで日本円はずっとマイナス運用が続いていますが、ドルに目を向けてみると実はちょこちょこプラスに転じる場面もあります

さっきの表でも、2月15日、3月12日のドル建てはプラスになってますよね。

最終的に我々の手元に戻るお金がマイナスであることには依然変わりはありませんが、運用している現場米国ではプラス運用に転じる場面もあるので、日本円もプラス運用に戻ってくるのは時間の問題な気がしています。

ちなみに僕が別で運用している投資信託「セゾン投信」でも減っていた利益が少しずつ戻っています。

他人の不幸に興味がある方、ぜひご覧ください。

焦らず積立投資

とはいうものの僕は別に焦っていません。

ウェルスナビは長期運用が目的なので、目先のプラスマイナスなど気にしていないのです。

そりゃあプラス運用してくれるに越したことはありませんが、マイナスに陥ったとしても引き続き毎月の積立投資3万円を継続し、ロボアドバイザーが賢く運用してくれる今後に期待しています。

僕はウェルスナビとは別に楽天証券セゾン投信でも投資信託を運用していたことがあります(楽天は解約済み、セゾン投信は継続中)。

そのうち楽天証券で運用している間、含み損がマイナス20万円ほどまで膨らんだことがありましたが、気にせず積立投資を継続しました。

赤字になると焦って手放してしまう人がいますが、そういう時こそじっくり考える必要があります。

自分が投資しているのはあくまでも長期運用が目的であり、目先の損益に踊らされてはならず、たんたんと積み立てて待つしかないと言い聞かせることが大事です。

毎月の積立額を設定しておくだけで、半強制的に積立投資してくれる嬉しいサービスもあるので、投資初心者の人でもウェルスナビはおすすめです。

こんなときこそ長期・積立・分散を

そんな折り、ウェルスナビから一通のメールが届きました。

タイトルは「こんなときこそ長期・積立・分散に立ち返りましょう」というもの。

うん、まさにこの考え方が大事なんですね。

今回のような株価の下落は過去に何回も繰り返されていて、「長期・積立・分散」による資産運用を続けることで、乗り越えられてきました。

「長期・積立・分散」とは、いわば世界経済全体に広く分散して投資し、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを目指すというものです。

そして積立投資を組み合わせることで、株価が大幅に下がる場合にはむしろ割安で投資できることになります

ところが、日本はもちろん米国でも、多くの個人投資家が心理的な罠に陥って、非合理的な行動を取ってしまうことが、長年の研究によって明らかになっています。

多くの人は、株価が上がる局面では強気になって多く投資し、逆に株価が下がると「このまま保有していいのだろうか」と不安になって売却してしまいがちです。

冷静になって考えてみると、これでは高く買って、安く売ることになっているのですが、現実には多くの個人投資家がこのような行動パターンを取ってしまいます。

ウェルスナビだけに頼らず分散投資

投資はあくまでも分散投資が基本です。

ウェルスナビは優秀なロボアドバイザーだと僕は思っていますが、全財産をウェルスナビに突っ込むつもりは毛頭ありません。

僕が実際に運用しているメインは実はウェルスナビではなくソーシャルレンディングです。

簡単にいうと個人投資家のお金を企業に貸し、その金利収入が毎月定期的に入ってくる資産運用です。

業界最大手のmaneoや、1000円単位でも投資可能なクラウドバンク、伊藤忠商事が株主のクラウドクレジット など業者はたくさんあります。

ソーシャルレンディングの実際の運用実績も紹介しているので、ぜひ御覧ください。

ソーシャルレンディングの基本事項もまとめているので、詳しく知りたい人はどうぞ。

スポンサーリンク

ウェルスナビで賢く資産運用

ウェルスナビで運用している約110万円はあくまでも余裕資金であって、最悪このお金がゼロになったとしても生活に影響が出ることはありません。

僕の今のように元本割れするリスクだってありますし、これから大きく目減りするリスクもあります。

その点を十分に理解し、腑に落とし、マイナス運用でも動じることのない落ち着いた気持ちと資金を持って長期運用していく必要がありますね。

株価が下落している今こそウェルスナビ新規参入のチャンスかもしれません。

賢く資産運用していきましょう!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からわずか1年で200件以上のオーダー実績!
個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!