睡眠の質を上げるための具体的な方法

早起きを毎日継続して習慣付けるためには、早起きする目的を決めたりサプリメントを併用するなど色々な方法があります。

しかしそれらの小手先の技術だけではどうしても限界がきます。

早起きをするためには実は前日の夜から戦いはすでに始まっているのです。

つまり睡眠の質を高めることによって目覚めやすい体質をつくり、短時間睡眠でも十分に休息を体が感じる体調に持っていくことが大切なのです。

ここでは睡眠の質を高めるためにぜひとも取り入れたい具体的な方法を紹介しています。

早起きに興味がある人、まずはここに書いてあることを実践して睡眠の質を改善させることから始めてみませんか?

睡眠の質を上げるための具体的な方法

睡眠の質を向上させるためにぜひとも取り入れて欲しい方法はこちら。
(随時更新していきます)

  1. 人間の条件反射を利用する
  2. 香りの力を取り入れる
  3. ブルーライトを避ける
  4. 睡眠前の食事を避ける
  5. 悩みを開放して頭の中をすっきりさせる
  6. 快眠に適した色を取り入れる

人間の条件反射を利用する

眠りの習慣を身につけるためには人間の条件反射を取り入れてみましょう。眠る前の儀式をすることで体を眠たくする具体的な方法を紹介しています。

有名なパブロフの犬の実験からヒントを得ています。

香りの力を取り入れる

香りは人間の心理状態に大きく影響します。

数ある香りの中でも快眠につながるといわれる香りがあるのはご存知でしょうか。

最近では雑貨屋でも簡単にアロマオイルが手に入るため、今夜からでも実践できるオススメの快眠方法です。

ブルーライトを避ける

スマートホンやPCから発せられるブルーライトには強い覚醒効果が認められています。

少なくとも睡眠の30分前からスマートホンの使用は避け、出来るだけリラックスした状態を作り出しましょう。

睡眠前の食事を避ける

睡眠の質を高めるためにはとにかくあらゆる臓器が休んでいる状態を作り出すことが大切。

それらが完全に休息を取るためには就寝◯時間前までの食事を心がける必要があります。

果たしてその時間とは?

悩みを開放して頭の中をすっきりさせる

眠る時、あなたの頭の中では何を考えていますか?

もし翌日の仕事のことで頭がいっぱいだったら気になって眠るまでの時間が長くなってしまいます。

なかなか頭の中から離れないやっかいな考え事を無くしてスッキリするためには具体的に何をどうすればいいのでしょうか。

快眠に適した色を取り入れる

人間は目から取り入れる色によっても心理状態が左右されることがわかっています。

様々な色の中には快眠効果が期待できるものがあることは知っていましたか?

部屋の装飾にちょっと一工夫加えるだけで理想的な睡眠空間を作り出すことができますよ。

早起きは良質な睡眠のおかげ

人間は人生の3分の1を睡眠時間に費やしているといいます。

短い睡眠時間で常人以上のパフォーマンスを発揮するためには限られた睡眠時間をいかに快適に、そして効率的に過ごせるかによって決まってくるのです。

これらを左右するであろう今回ご紹介した具体的な方法は今夜からでも実践可能なものがたくさんありますね。

学んだことは実践して初めて意味があります。

どうせ大した効果はないに違いないと思うのは皆さんにお任せしますが、私は実勢に生活に取り入れて始発朝活を実践していることはお忘れなく。

ゆーすけ(守屋祐輔)

ゆーすけ(守屋祐輔)

複業サラリーマン

会社員×ブログ×デザイン×講師×投資の5つの働き方・稼ぎ方を実践する複業サラリーマンブロガー ▼経験から学んだノウハウや考え方、自分の人となりがわかる記事をお届けします ▼主力複業のサイン作成では700人以上、5,000点以上の作成実績あり。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事