転職すると人は強くなれるのでおすすめ

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

 

僕は大学を卒業して社会人になって約10年になりますが、転職を2回経験しました。

場所も環境も仕事内容も変わる転職ですが、人によって転職という言葉からはプラスのイメージもマイナスのイメージも受け取り方が違います。

人が仕事をする上で1度は誰でも転職について考えることがあると思いますが、転職組から見たメリットとデメリット、そして僕なりの考えについてご紹介します。

 

 

 

 

1社目

新卒で入社した会社は船会社でした。

学生の頃に英語を先行していたので選んだ会社だったのですが、2年働いた時に東京の関係会社に出向になり、そのタイミングで上京します。

東京で5年近く働いた時に他部署への異動の話があり、東京を離れたくない思いから転職をしました。

人によって転職の理由は様々ですが、僕の場合はちょっと特殊かもしれませんね。

 

2社目

次の会社は分野が全く違うIT業界の会社。

新しいことを学んでみたいという気持ちに加えて英語も活かせる仕事ということで迷いはありませんでした。

業界の中でトップクラスの会社だったこともあって周りに優秀な人が多く、とても刺激的な環境で仕事をすることができました。

2社目は契約満了で仕事を終えることになりますが、この会社で学んだ働き方に対する考え方や取り組み方は僕にとっても貴重な経験になりました。

 

3社目

そして3社目、現在勤めている会社ですが、物流関係の会社です。

1社目の船会社の経験を活かせる仕事なのでその点は助かっています。

 

 

スポンサーリンク

転職で得られるもの、失うもの

仕事を変えると得られるものもあれば失うものもあります。

たとえば新しい仕事の知識を得ることができます。

会社が変わって仕事内容も変われば得られる知識も変わります。

それを成長ポイントと捉える人もいるでしょう。

 

人間関係については両方のことが言えます。

新しい人との出会いが待っている一方で、前職の関係者とは多少なりとも関係が遠くなりますね。

 

失うものの中で日本人が特に気にするのは「信用」ではないでしょうか。

なんで敢えて日本人という言い方をしたかというと、例えばアメリカだと転職経験者はそれだけ多くのことを経験してきた人ということで評価が上がるのですが、日本で履歴書が汚くなる、つまり転職を多く経験している人は長続きしない忍耐力のない人として認識されてしまい、転職に不利になる傾向があるからです。

もし僕が採用担当者の立場だと、たしかにその気持ちもわからんでもないですが、かといって一括りにしてしまうのも考えものです。

じゃあデメリットのことだけを考えてやりたくもない仕事にしがみついて我慢するしかないのかというと、それも違うと思います。

僕は転職によるメリットのほうが大きいと考えています。

 

転職をおすすめする理由

僕が実際に転職して気付いたこと、得られたメリットは次のようなものがあります。

 

会社を客観視できる

まず最初に感じたのはこれ。

仕事のやり方や風習、考え方は会社によって様々。

ずっと同じ会社に勤めていると視野が狭くなってしまいますが、転職すると冷静に会社を客観視できるようになります。

このやり方や考え方は新しいな!

とか

なんでこんな非効率的なことをやっているんだろうか?

など、会社が変わらないと見えてこない点がたくさん見つかります。

 

新しい環境や人間関係が手に入る

転職によって働く場所が変わるかもしれません。

職場が変わり住む場所が変わり、人付き合いも変わります。

僕は変化することをプラスに捉える人間です。

新しい環境に飛び込むことは最初こそ緊張しますが、結果的に見ると自分の枠を広げることにつながります。

 

肝が据わる

転職を経験した人と経験してない人の一番の違いはこれ。

一回転職したし、仮に何かあってもまた仕事変えればいいし!と、開き直るわけではありませんが、困難に立ち向かうハードルは確実に下がり、気持ちの切り替えがうまくなります。

ずっと同じ会社で勤めている人が転職をしようとすると、本当に新しい仕事が見つかるだろうか、環境が変わってやっていけるだろうか、周りからの評価はどうだろうかと色々と気にしてしまいます。

周りの友人でも仕事が嫌でどうしようもないという人が何人かいますが、僕に言わせれば「じゃあ仕事変えたら?」と思うわけです。

勘違いしてほしくないのは、仕事が嫌だからといってすぐに転職に逃げることを推奨しているわけじゃありません。

あなたが思っているよりも転職はそんなに大したことじゃないということをお伝えしたいんです。

仕事の合間をぬって職探しをすることは簡単なことではありませんが、そういう苦しい時期を乗り越えたことがある!という自信が何よりも財産になるし力になる、僕はそう考えています。

 

スポンサーリンク

まとめ

環境を変えることは勇気がいることです。

居心地のいい場所を捨てあえて苦しいことにチャレンジしようという人は多くありません。

でもその経験から得られることがあるとしたら?

自分にとって財産になるとしたら?

苦しい所ばかりに目をやらず、考え方を変えることで新しく広がる環境があるかもしれません。

 

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サービス開始から半年たらずで100件以上のオーダーをいただいています。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム