資産運用をブログで公開します!30代パラレルワーカーの実態

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

2018年1月1日、僕が持つ金融資産の総額が2,000万円を越えたので、これを機にお金に対する僕の考え方や運用方法について記事を書いていくことにします。

本当はお金カテゴリーだけ独立させて新しいブログとして運営していくことも考えましたが、当分の間は雑記ブログ内の投稿で進めていこうと考えています。

スポンサーリンク

個人の金融資産

個人の金融資産は『現金』『預貯金』『投資信託』『株式』『国債・社債』などの有価証券といった形で保有するもの全般の総称です。

この中には土地や家屋といった現物資産は含めていません。

さすがに土地や家屋は持っていませんが、例えば太陽光発電とか車とかPCとかヘッドホンとか、売ったらお金になるけど現物として持っているものは金融資産に含めていないということです。

金融資産ポートフォリオ

2018年1月現在、僕が持つ金融資産のポートフォリオ(資産の組み合わせ)はざっくりとこんな感じです。

  • 現金(現金+預貯金)6,950千円
  • ETF 550千円
  • 投資信託 3,500千円
  • ソーシャルレンディング9,100千円

全資産に対する現金比率は34.58%ですが、最終的には15.00%程度(現金で3,000千円程度)まで持っていくつもりです。

これを多いと取るか少ないと取るかは個人差がありますが、かなりアクティブな投資スタイルだと思っています。

急に現金が必要になった場合でも3,000千円近く持っていればまぁなんとかなるレベルでしょう。

現金(現金+預貯金)

メガバンク、地銀、ネットなど、合計6つの銀行口座がありますが、このうちメインで使っているのは2つです。

1つは会社の給料が振り込まれたり、日常の買い物や生活費を払うクレジットカードの引き落とし口座として利用しています。ここには1,000千円ちょっと預けています。

もう1つはブログの収入やご署名ネットの売上などの事業収入が入ったり、それに必要な経費を払うクレジットカードの引き落とし口座として利用しています。こっちにも1,000千円ちょっと預けています。

あとは何かあったときのために数十万円をいくつかに分散させて口座に入れてます。

ETF

ETFは Exchange Traded Fund の頭文字を取ったもので、日本語では上場投資信託と訳されます。

投資信託と似たような金融商品ですが、細かい部分で違いがあります。

僕が使っているのは、お金を入れておくだけでロボットが自動的に全ての取り引きを代行してくれるウェルスナビ(Wealth Navi)というもの。

WealthNavi

1990年にノーベル賞を受賞したポートフォリオ理論に基づいた長期運用のため安心感があります。

まだ運用を始めて期間の浅い投資ですが、確実に利益が出ています。

積立額は毎月3万円ですが、もう少し額を増やしてもいいかなと思っています。

ウェルスナビの運用実績はこちらの「ウェルスナビ一覧」のページで順次公開しています。

投資信託

投資信託も預けっぱなしにしておけば金融のプロがお金を運用してくれる比較的リスクの低い金融商品です。

銀行預金は金利がほぼゼロなのに対し、多少のリスクは許容できるのでもっと高い利率で運用したい人にとっては嬉しい投資信託。

僕は2年ほど前から楽天証券とセゾン投信の2箇所で投資信託をしていました。

このうち楽天証券(インデックス6銘柄:約4,000千円)は解約済みで、手数料などを差し引いた運用利回りは2%ちょっとでした。

セゾン投信は今でも継続して『資産形成の達人ファンド』に毎月6万円を積立投資していて、評価額合計は約3,500千円、運用利回りは約25%です。

資産形成の達人ファンドはアクティブファンドです。

長期的に見るとアクティブファンドよりもインデックスファンドの方が成績が良くなるとされていますが、セゾン投信に限定した場合、インデックスファンドの『グローバルバランスファンド』よりも、アクティブファンドの『資産形成の達人ファンド』のほうが約2倍もパフォーマンスがいいというデータがあります。

セゾン投信での運用実績などに関する記事は「セゾン投信一覧」からどうぞ!

ソーシャルレンディング

融資型(貸付型)クラウドファンディングと呼ばれるソーシャルレンディングに約9,000千円突っ込んでいます。

最近はCampfireなどで見られるように、製品製造やサービス開発のため不特定多数の人から資金を募り、金額に応じたリターンを提供する購入型クラウドファンディングがよく聞かれます。

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)は同じ要領で不特定多数から資金を集め、企業に貸し付けることで一定の利息を生み出す投資です。

ソーシャルレンディングは名前こそ聞き慣れないかもしれませんが、市場規模で見ると購入型クラウドファンディングの何十倍もある大きな市場です。

安定した毎月の不労所得を生み出し、約6%〜12%の利回りが期待できるソーシャルレンディングで、現在12の業者を利用してリスク分散しています。

投資期間中は解約できなかったり業者のデフォルトの可能性など様々なリスクはありますが、しっかり分散投資しておけば最大限のリスク回避を図ることが出来ます。

資産運用は人それぞれ

投資にはいろいろなやり方があります。

株やFXなんかはよく聞く投資ですが、急な値上がり/値下がりが怖く、僕の性格上どうしても手を出すことが出来ません。

実は10年ほど前にFXに手を出した時に一晩で200万円を溶かす経験をしているので、それが原因なのかもしれませんが・・・

とはいうものの2018年は仮想通貨にも少しずつ手を出していこうと思っています。

余剰資金の中のさらに余剰資金くらいなら突っ込んでもいいかな?

銀行に預けていればほぼノーリスクで増やすことはできますが、金利は雀の涙以下の超低金利なので問題外です。

WealthNaviや投資信託も値上がり/値下がりは当然ありますが、ギリギリ許容範囲かなと思っています。

目標資産

僕は現在33歳です。

目標として35歳になるまでに3,000万円、40歳までに5,000万円、45歳までに1億円の金融資産を掲げています。

もちろん今のままでは到底到達できる金額ではないので、会社の給料を据え置きと考えると、ブログや複業に今まで以上に力を注いで原資を増やし投資する、まさにお金がお金を生み出す環境を構築する必要があります。

仮想通貨でうまく軌道に乗せることができれば比較的早く到達できるかもしれませんが、どこまで手を出すかはまだ未定です。

少なくとも2020年の東京オリンピックまでは日本の景気も安定して伸びると期待しているので、この機会を利用して基礎を固めていこうと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

ムクッといこうブログでは、今までと同じように様々な話題にフォーカスしつつ、今後は新しく資産運用に関する情報をお届けしていきます!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からわずか1年で200件以上のオーダー実績!
個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!







ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム