青春18きっぷを使って旅行したいなーと計画中です

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。プロフィールはこちら

こんにちは、放浪人ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

みなさん、夏がやってきましたね!

夏といえば海に山に夏休み!

そして忘れちゃいけない青春18きっぷの季節ですよ!

え?青春18きっぷは聞いたことはあるけど、どうして夏が青春18きっぷの季節なのかわからないって?

 

バカヤロー!今まで何を勉強してきたんだーこのヤロー!

 

とまぁそれは冗談で、夏は青春18きっぷが使える季節の1つなのです。

今回はお得な青春18きっぷを、僕の過去の旅行記の思い出も絡めながらご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

青春18きっぷの基本

日本人なら一度は聞いたことがあるであろう青春18きっぷ。

でも実際に利用したことがある人となるとグッと限られてくるはずです。

まずはそういう人のために青春18きっぷの基本的な紹介です。

 

日本全国のJRに乗り放題

青春18きっぷとは簡単にいうと日本全国のJRが乗り放題になるきっぷのこと。

ただし新幹線や特急は対象外で、普通、急行、一部快速のみ利用できます。

一日なんどでも途中下車することができるため、各駅停車のすべての駅で降りて駅を写真に収めるなんて旅をすることも可能です。

 

一年のうち利用可能期間が決まっている

青春18きっぷはいつでも使えるわけではありません。

一般的に学生の長期休暇が重なる春、夏、冬の期間限定で販売されます。

販売開始のタイミングと利用可能のタイミングが1ヶ月ほどずれているので注意が必要です。

 

【発売期間・利用期間】

  • (春季用)発売期間:平成28年2月20日(土)~平成28年3月31日(木)
         利用期間:平成28年3月1日(火)~平成28年4月10日(日)
  • (夏季用)発売期間:平成28年7月1日(金)~平成28年8月31日(水)
         利用期間:平成28年7月20日(水)~平成28年9月10日(土)
  • (冬季用)発売期間:平成28年12月1日(木)~平成28年12月31日(土)
         利用期間:平成28年12月10日(土)~平成29年1月10日(火)

 

さらに注意点として、次シーズンにきっぷの持ち越しはできません。

春に購入したきっぷは春の期間にのみ有効で、それを夏に持ち越して使うことはできないということです。

 

誰でも使える

青春18きっぷは誰でも使うことができます。

よくある勘違いで「学生しか使えないんじゃないの?」「18歳以下じゃないと使えないんじゃないの?」というものがありますが、間違えないようにしましょう。

青春18きっぷは誰でも使うことができます。

 

値段は11,850円で5回分セット

値段は決まっていて5回分がセットになって11,850円です。

注目すべきポイントはあくまでも「5回分」であって「5日間」というわけではないところです。

 

18きっぷを一人で使う場合

改札口で18きっぷを駅員に見せてハンコを押してもらうとその日は電車乗り放題になり、1回分としてカウントされます。

つまり一人で使い切る場合は任意の5日間で使うことができます。

 

 

複数人で使う場合

18きっぷは複数人で使うこともできます。

例えば二人で旅行に行く場合、改札で18きっぷを駅員に見せるとハンコが2つ押されます。

これで残りは3回分です。

二人で土日一泊の旅行に行き、往復で18きっぷを使うとすると、行き2回分、帰り2回分、合計4回分となり、旅行が終わった時に18きっぷは1回分が残る計算になるというわけです。

 

有効期間はハンコを押した日の始発から終電まで

18きっぷ1回分の有効期間はハンコを押した日の始発から終電までです。

例え日付が変わっても24時を越えて運行するJRがあればそれも乗ることができます。

 

購入はみどりの窓口、もしくは販売機から

18きっぷはみどりの窓口、もしくは販売機から購入することができます。

予約などは必要なく、販売期間であればいつでも購入することができます。

しかしよーく考えてみると5回分なんて使い切る自信がない・・・という人もいるんじゃないでしょうか。

JRでは18きっぷのバラ売りはしていません。

そのため使い切れるかどうかに関わらず、11,850円で5回分を購入するしかありません。

 

ところが!

実はこれ以外にも18きっぷを手に入れる方法が存在します。

 

18きっぷを購入するオススメの方法

18きっぷはみどりの窓口、もしくは販売機から購入するというお話をしました。

しかしこの方法だと必然的に5回分のきっぷ購入になります。

でももっと効率的に買う方法が存在します。

それはこの2つ。

・金券ショップを利用する

・オークションを利用する

 

実は青春18きっぷは使いかけでも売ることができます。

JRは買い取りしてくれませんので、金券ショップやネットオークションで売るわけですね。

きっぷに購入者の情報が記載されるわけではないので、JRとしては有効期間内で残回数が残ってさえいれば別にどういう状態でも気にしないのです。

よく売りに出されるのは3回分のきっぷ。

往復旅行で一度使い、残り3回分は使わないので誰か欲しい人がいたら買ってくださいね、というパターンです。

僕がよく使うのはヤフーオークション。

 

3回分だと相場は8000円〜8500円前後でしょうか。

単純に考えて18きっぷを新品で購入すると1回分は2,370円(11,850円÷5回分=2,370円)です。

2,370円x3回分=7,110円となるので、オークションで購入すると割高になるという計算です。

しかしものは考えようで、新品で購入して全部使いきれないことを考えると多少割高でもオークションで買ったほうがお得というわけです。

視点を変えると、みなさんがオークションで売ることもできるということです。

つまり新品で18きっぷを購入して2回分使い、残り3回分をオークションで売れば8000円〜8500円で売れる可能性があるということ。

11,850円ー8,000円=3,850円で往復の電車賃を賄うことができるという計算になります。

もちろんオークションなので販売額は変動したり最悪売れ残る場合も考えられます。

 

そのへんのリスクを承知の上で上手に利用すれば格安旅行も可能になります。

 

上田城に行こうかと計画中

さてゆーすけですが、この夏に青春18きっぷを使って上田城に行こうかと計画中です。

人気大河ドラマ「真田丸」で注目を浴びた真田家ですが、上田城は真田家の本城です。

 

徳川の大軍の過去2度の猛攻を耐え忍んだ名城としても知られています。

東京を始発電車で出発すると上田城に到着するのはその日のお昼すぎ。

4時間ほど見学し、夕方5時頃に現地を出れば日付が変わる直前に東京に戻ってくることができます。

移動時間はかなりかかりますが、日帰り旅行も十分可能ですね。

 

僕が今まで青春18きっぷを利用して楽しんだ旅行はどれも3泊ほどの日程を組んだ旅行でした。

 

 

当時は仕事をしてなかったのでできた旅行ですが、働き始めた今は土日を使うか有給を取るしかないという残念な状況に・・・。

でも時間が限られているからこそ集中して旅行を楽しむことができるという考えもありますね。

それに無理に上田城から日帰りしなくても、土日を利用すれば上田城からさらに足を伸ばして旅行することもできます。

今はまだザックリとしたプランしかありませんが、こうやって旅の計画を立てている時が実は一番おもしろいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

青春18きっぷ、オススメですよ

みなさんもぜひ一度は18きっぷを使ってのんびりと旅を楽しんでみてください。

とにかく移動時間が長いのがネックですが、頑張れば東京から博多までたった2,370円で移動することもできてしまうわけです。

もしくは名前も知らない駅でフラリ途中下車をして町並みを楽しむという無計画旅行もおもしろそうです。(自分で記事を書きながらすごく興味がわいてきました)

みなさんのオススメプラン、ぜひ聞かせてください。

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。 ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。 サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。 クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!