ブログ公開前に記事プレビューを共有できる Public Post Previewがおすすめ

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

投稿する前の記事をプレビューとして第三者に共有したい時ってありませんか?

僕の場合、企業さんからPR記事の依頼を受けて先方の最終確認としてチェックしてもらいたい時があります。

でもワードプレスって基本的には自分だけしかプレビューできないんです。

ところが今回紹介するプラグインを使うと記事公開前のプレビューを簡単に第三者に見てもらうことができるようになります。

難しい設定もないのでおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめプラグイン “Public Post Preview”

その名も Public Post Preview。

Ppp

このプラグインを導入して出来るようになるのは次の2つ。

  1. ワンクリックでプレビュー専用のリンクを生成する
  2. プレビュー可能期間も設定できる

つまりプレビューを見せたい相手に専用のリンクを連絡すればいいんです。

しかもプレビュー可能期間も設定できるので必要以上に他人の目に晒される心配もありません。

プラグインは検索画面からすぐに見つかるのでサクッとインストールを済ませましょう。

 

Public Post Previewの使い方

プラグインをインストールするとワードプレスの記事編集画面に外部リンクを生成するためのチェックボックスが出現しています。

Ppp2

これにチェックを入れると第三者に共有できるプレビューリンクが一瞬で生成されます。

Ppp3

あとはプレビューを共有したい相手にリンクを知らせるだけ。

ね、簡単でしょ。

変更も反映される

リンクを紹介した後でやっぱり記事を修正したい時があります。

Public Post Previewで共有したリンクは自動的に変更も反映してくれるため、記事修正のたびにリンクを再共有する手間がありません。

これ、地味に便利です。

閲覧可能期間を編集する

Publick Post Previewで生成したリンクはデフォルトで48時間有効な状態になっています。

この期間を変更したい場合はfunction.phpに手を加える必要があるので次のコードを追加します。

add_filter( ‘ppp_nonce_life’, ‘my_nonce_life’ );function my_nonce_life() {    return 60 * 60 * 24 * 14; // 2 weeks(秒×分×時間×日)}

変更する箇所は数字です。

数字が左から4つ並んでいますが、

60(秒) * 60(分) * 24(時間) * 14(日)を表しています。

この例だとリンク生成から14日間(2週間)有効ということ。

公開から24時間だけ有効にしたいなら 60 * 60 * 24でOKです。

公開から1時間だけ有効にしたいなら60 * 60 * 1ということですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

難しい設定も必要なく一瞬でプレビューの共有ができるこのプラグイン。

第三者からの執筆依頼の出来上がりをプレビューで確認してもらいたい時や仲間内で確認したい時に使える便利な機能です。

どうぞお試しあれ。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!







ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム