Original Stitchのおすすめ生地を紹介!レビューもあるよ!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

ここ最近話題を集めているオーダーメイドシャツ専門オンラインショップの “Original Stitch”。

生地、ボタン、形状、サイズなど組み合わせはなんと驚きの10億通り存在するという過剰サービスもいいところの Original Stitchです。

素材がいいのはもちろんなのですが、大事なのは実際に着てみて本当のところはどうなのか?ということです。

そこで今回はあなたの生地選びの役に立つように実際に今まで僕がOriginal Stitchで注文して使っているワイシャツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Original Stitchとは

Original Stitchとはオンラインで自由にワイシャツをオーダーメイドできるサービスのこと。

既成のシャツが合わなくて困っている。

友人へのプレゼントで悩んでいる。

新入社員が買うべきものって何だろうか。

など、色々なシーンで活躍してくれそうなサービスです。

Original Stitchの注文方法は詳しくこちらの「Original Stitchがおすすめ!オーダーの仕方を徹底解説!」で紹介しています。

 

Original Stitchのおすすめ生地紹介

Original Stitchではなんと500種類以上の生地から好きな素材を選ぶことができます。

Shirt

じっくりと好みに合った生地を選べるのはいいものの、ぶっちゃけ多すぎて疲れてしまいます。

中には柄もので派手な生地もあるので、実際にサラリーマンがワイシャツとして使える柄は限られてきます。

そんな中でも僕がオーダーして実際に使っている生地をレビューとともに紹介していきます。

Diagonal Sheer(生地番号:OSDS_TI68)

白いワイシャツが欲しくて一番最初にオーダーしたのが Diagonal Sheer という生地。

Shrit1

形状記憶の生地なので1日着ていてもシワが寄ることはほとんどなく、アイロンをあててもすぐにシワが伸びます。

例えば出張用で折りたたんでスーツケースに入れたとしても、ホテルに着いてハンガーにかけておくと一晩で細かいシワが伸びるので翌日もパリッとした状態で着ることができます。

生地表面はかなり光沢があり、パールホワイトに近い色味をしています。

近くで見ると薄っすら縦の線が入っています。ここがちょっとしたオシャレポイントですね。

白いオーダーシャツが欲しいというサラリーマンにはピッタリです。

Variable White Stripe(生地番号:OSDS_TI12)

こちらも白いワイシャツ用の生地。

Shirt2

形状記憶ではありませんが、こちらもシワが寄りにくい生地です。

これも出張のお供に役立つワイシャツ。ハンガーにかけておくだけで細かいシワは無くなります。

最初に紹介した Diagonal Sheer と比べると少しだけトーンを抑えた白味です。

同じ白い生地でも色々な素材を試してみたいと思いあえて違うものを選択しましたが、Variable White Stripe は個人的にお気に入りの白素材です。

近くで見ると薄っすら縦の線が入っているので全くの柄なしではありません。

白いオーダーメイドシャツが欲しいなら Diagonal Sheer か Variable White Stripe を選んでおけばまず間違いありません。

Arrowhead Blue(生地番号:OV92)

青いワイシャツが欲しくて選んだこちらの生地。

Shrit3

その名前の通り矢印(Arrowed)の細かい柄が入っているのが特徴で、薄手の夏向けの生地です。

初めて手に取った時は柔らかい手触りとキレイで理想的な青色がとても気に入ったのですが、このシャツはとにかくシワが寄りやすいのが難点。

1日着ると肘の部分はシワが強く残り、自然にシワが取れることはまずありません。

出張用で折りたたんでカバンに入れるのはオススメしません。

自分でアイロンをかける人はなかなか伸びないシワに苦労するかもしれませんね。

個人的に Arrowhead Blue の青は発色や手触りが心地よくて好きなので使っていますが、シワが気になる人は注意しましょう。

Soft Blue-Gray Stripe(生地番号:OSDS_TI32)

こちらも青系の生地です。

Shirt4

Arrowhead Blue と比べると薄い青色で、どちらかというと水色に近い色味をしています。

薄く入ったストライプが特徴で、防シワ性能はまぁまぁ。1日着ていてもシワは可もなく不可もなくといった感じでしょうか。

生地は柔らかく、着心地はとてもいいです。

Original Stitch では定期的にセールが開催されますが、実は Soft Blue-Gray Stripe もセール品で安く購入したもの。

レビューを投稿することでもらえるポイントを利用して実質約1,000円ちょっとという超破格値で手に入れたオーダーメイドシャツです。

安さの割にコストパフォーマンスの高い生地です。

Hybrid Sensor Stone White Pinstripe(生地番号:OH12)

ハイブリッドセンサーというなんとも近未来的なネーミングと防シワ性能、速乾性に惹かれ購入した生地。

Shirt5

お値段はそこそこする商品ですが、一日中着てもアイロンをあてた直後のようにパリッとした印象が続くのは本当に凄いの一言です。

自分の体にフィットした寸法で注文するとぴったりとラインに沿ったシルエットになり、見た目もかっこいいシャツです。

が、しかし

速乾性が高いことが仇となり、ワキガ体質ではないにも関わらず半日着ると脇からあのイヤ〜な独特な香りが漂うようになります。

水で拭くと一時的に臭いが収まりますが、30分もすると元通り。

冬場はマシかもしれませんが、生地が薄いので冬に着ると寒いかも。

詳しくはこちらでレビューしています。

Striped Royal Blue(生地番号:OSDS_TC52)

青のハッキリしたストライプ柄の生地。

Stripe

いかにも夏を連想させる生地で、表面はツルッとした触感があります。

防シワは普通。普通に使える代物です。

僕は襟とカフス部を白色に指定してクレリックシャツとしてデザインしました。

クレリックにすると多少お値段が上がるので注意。

これ一枚で着れるドレッシーなシャツです。

スポンサーリンク

Original Stitchおすすめです

オーダーメイドシャツは高価なイメージがありますが、Original Stitchでは頻繁にセールが開催されます。

さらに初回購入時に約2000円の割引が適用されたり、購入後にレビューを投稿すると約1000円分のポイントがもらえたりするので、うまく利用することで既成ワイシャツを買うよりも安いお値段でオーダーメイドシャツを手に入れることも可能です。

生地のレビューは随時追加していくので参考にしてみてくださいね!

Original Stitchはこちらからどうぞ!

— あなたのシャツをあなたらしく — 【Original Stitch】

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サービス開始から半年たらずで100件以上のオーダーをいただいています。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!