noindexの使い方を間違えてPVが激減した話

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、noindexのパラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

ブログ設定の1つに “noindex” というものがあります。

ブログの各記事ごとに設定できる機能なんですが、これをONにするとGoogle検索しても該当ページが検索結果に表示されなくなるというもの。

なんでこんな機能があるのかというと、低質な記事、つまり中身が薄っぺらくユーザーにとって価値がない記事がたくさんあるブログはGoogleからの評価が低くなってしまいます。

それを防ぐためにPVが少ない記事にnoindexを設定することで相対的にブログの価値を高めてアクセスを集めようというSEO対策の1つとして使われます。

でもnoindexは使い方を間違えると大変なことになってしまいます。

そう、PVが集まっているにも関わらず記事をnoindexにしてしまいPVが激減してしまった僕のようにね。

スポンサーリンク

noindexでPVが激減した話

ここで紹介するのはダメな例です。

皆さんは間違っても真似しないでくださいね。

noindexの導入

ある日、PVをもっと増やしたいなと思って検索しているとnoindexがオススメ!という情報を目にしました。

低質な記事をnoindexにして検索結果に現れないようにしてブログの価値を高める。

ふんふんなるほど、それは確かに一理ある、と感じた僕は自分のブログの過去記事に目を通します。

そこには目を覆いたくなるような恥ずかしい文章や中身のない記事がたくさんありました。

本来だったらこういう記事はリライトして情報を付け足したり改善することでPVを集めるのが筋なんですが、あまりの量の多さに楽チンなnoindexの方法を採用することにした僕。

タイトルを眺め、この記事はつまらんなと思ったものに片っ端からnoindexを設定していきます。

その数は軽く見積もっても50以上

ブログ開設から毎日更新しているのでその時で400記事近い数を投稿していたわけですが、400分の50というとけっこうな数です。

noindexにしたからといってブログ価値がすぐに上がるわけではないことは理解しています。

しばらく時間がかかるだろうと思って気長に考え、その日はウキウキしながら作業を終えました。

みるみるうちに低下するPV

noindexを設定して数日後、変化が起こりました。

PVがどんどん低下し始めたのです。

今までわずからながらでも耐えず増加し続けていたPVが急激に下がり、目に見えて変化し始めました。

けっこう多めにnoindexしたしこんなもんかなと思っていましたが、正直内心ヒヤヒヤもんです。

なにせ今までこんな急激なPVの低下は経験したことがなかったんです。

でもまずは膿を出さなければ改善はない!と自分に言い聞かせて事態を静観することにします。

調べてわかった衝撃の事実

PVの下落は続きます。

1週間経っても2週間経っても止まる気配がありません。

Pv 2

僕の当時の月間PVはそろそろ60,000に届こうかという程度。

週間PVでも15,000が妥当な数字だったところ、一気に11,000〜12,000まで低下しました。

このままの計算でいくとさらにPVは下がり、月間PVは3割近くも減ってしまうことになります。

いくらなんでも下がりすぎじゃない?と感じ始めた小心者の僕。

そもそもよく考えもしないうちに勢いで50記事以上もnoindexを設定しまったのはやりすぎたのかと不安になり、今更ながらアナリティクスでPV解析をしました。

いや、おせーよ!

と総ツッコミが入りそうですがそこは勘弁してください。

noindexにした記事をアナリティクスで調べてみると・・・

Pv3

なんと、PVが順調に集まっている記事も一緒にnoindex設定していたことに気付いてしまったのです!

ある日を境にPVが急降下して0になってるのが一目瞭然です。

いやぁこりゃ笑うしかないっす、マジで。

これが何の記事だったかというとこちらの「富士急ハイランドにいくならレンタカーのサービスがお得」という記事。

富士急ハイランドをお得に楽しむならレンタカーがオススメな理由

2016.09.04

期間限定のサービスということもあり、自分でオススメと紹介したにも関わらずどうせ読まれなくなるんだろうなと軽率な考えから何も考えずにnoindexにしてしまいました。

ところがPVをよく調べてみると継続して月間300PVほど読まれている記事だったんですね。

僕が目指すブログ運営は飛び抜けてPVを集める記事を狙うより月間1,000PVを取れる記事をたくさん書くことにあります。

つまり300PVも取れているこの記事はまさにこれから大事に育てなければならない成長途中の金の卵だったわけです。

続々と見つかる設定ミスの記事

この件を皮切りに続々と同じ事例が見つかりました。

この「タリーズコーヒースクールがよかった」という記事や、

タリーズのコーヒースクールが案外よかった話

2016.10.02
Pv4

こちらの「ジムに行く時のオススメの持ち物」の記事など。

ジムに行くときの持ち物はこれがオススメ

2016.08.23
Pv5

見事なまでにPVが無くなってますよね。

そりゃnoindexにした途端にPVが激減してなかなか回復しないわけです。

ダメな記事を表示させないようにしてブログ価値を上げようとしたにも関わらず、読まれている記事(つまり良質な記事)までもnoindexにしてしまいさらにブログ価値を下げる行為を自分でやっていたことになります。

僕ってバカ。

 

noindexの設定で失敗した原因

この失敗の原因は火を見るより明らかです。

事前によくPVを調べもしないうちに独自の判断でnoindex設定してしまったことにあります。

ちゃんと下調べしていたらアクセスを集めている記事をnoindexにするわけがありません。

中にはちゃんと低質な記事をnoindexしている例もありましたが、いずれにしてもちゃんと調べてなかったのでたまたまうまくいったに過ぎません。

 

 noindex事件からの気付き

今回のトラブルを通じて体感したことがあります。

それは自分が期待する反応と読者の反応は違うということです。

僕が下調べをしないままnoindexにした記事は僕の主観と判断で「この記事はつまらない、読まれているはずがない」と決めつけたものばかり。

ところが実際にはPVを集めている記事もその中にはたくさん含まれていました。

つまりどうせ読まれない低質な記事だろうと僕が決めつけた記事は実は良質な記事だったというわけです。

もちろんこの逆もあります。
かなり力を入れて書き「PV上がるだろう!」と期待していた記事にも関わらず全く読まれてないこともよくあります。 

面白い記事かどうか決めるのは僕じゃありません。
読者の皆さんが決めることです。
それがPVという数字になって返ってきます。 

そのあたりをしっかり分析しておかないとただの自己満足ブログになっちゃうわけですね。

スポンサーリンク

PVの現状

今のPVはというと、一度はnoindexにしてしまった記事も少しずつですがアクセスが回復し、順調に元の水準に戻りつつあります。

Pv

でもちょうどこの記事を投稿する4月13日前後のことですが、またPVの低下がありました。

今回はnoindexは設定してないので最近話題のGoogleのフレッドアップデートのせいかもしれません。

個人ブログの記事より専門的な権威のある記事を上位に表示させようとするGoogleの方針転換のことです。

大御所ブログでさえもかなりPV下落の影響を受けているようで、その足元にも及ばない僕のブログにすると大きいダメージです。

つまり今まで以上にコンテンツに意識をおいて発信する必要が出てきたわけですね。

このあたりは今後も試行錯誤を続けながらやっていきたいと思います。

noindexを設定する時はほどほどに。 

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!