新型Macbook Pro 2017 13インチを使って感じる本音レビュー

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

今までは

  • Macbook Air 2011(11インチ)
  • Macbook Pro 2014(13インチ)

の2台を使ってブログ執筆や編集をやっていましたが、作業効率化のために新型Macbook Pro 2017 (13インチ)1台にまとめることにしました。

新しく購入した 新型Macbook Pro 2017ですが、使ってみた正直なレビューをお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

購入した 新型Macbook Pro 2017 13インチのスペック

Mbp

こちらが今回購入した 新型Macbook Pro 2017のスペックです。

– 新型Macbook Pro 2017 13インチ
– Touch Barなし
– 2.3 GHz Intel Core i5
– メモリ16GB
– SSD512GB
– USキーボード
– スペースグレイ 

App Storeでオンライン注文したカスタマイズモデルで、占めて総額約21万円のお買い物です。

決して安い買い物ではありませんが、効率化のためには全然痛くない出費です。

購入してから3週間ほど経ちますが、一言でいって

 

最高やん

 

と思ってます。

新型Macbook Pro 2017のいいところレビュー

Macbook Pro 2017を使ってみて感じるいいところはこちら。

新型Macbook Pro 2017は軽くて薄い

Mac1

ほんとうに軽いです。公称1.37kgですが、カバンに入れてもほとんど苦労しない重さです。

さすがに今までモバイルで使っていた Macbook Air 11インチと比べると約300gほど重くなりますが、これくらいは許容範囲です。

自宅専用機として使っていた Macbook Pro 2014 13インチは2.0kg近くあるので、それと比べるとずいぶんと軽量&コンパクトになったなと思います。

Mac2

薄さも本当に驚きです。店頭ではじめて Macbook Pro 2017を横から見たときの薄さといったら、あの時の感動は今でも鮮明に覚えています。

タッチバーなしモデルで正解

Mac3

多くの人が迷うであろうTouch Bar。

僕は無しモデルを選択しました。

やっぱりあまり使い道が見つから無さそうなことと、バッテリーの持ちが変わってくることが理由です。

Touch Barありモデルはバッテリー設計が小さくなってるんですよ?(詳細は読み進めて下さい)

使ってみて思いますが、やっぱりTouch Barは無くても問題ないです。

あれば便利かもしれませんが、無理して使う必要もありません。

だって今までのモデルにはなかった機能ですからね。

スペースグレーの高級感が半端ない

今まではシルバー色にこだわって使ってきた僕ですが、今回からは気分を変えてスペースグレーにしました。

結論、この高級感が半端なくステキ・・・♪

シックで落ち着いたカラーはApple製品らしい気品と知性をかもしだし、オーナーの所有欲を最大限に満足させる色だということが今回わかりました。

思わずMacbook Pro 2017を小脇に抱えてそのまま外出したくなるようなウキウキしてしまう気分です。

iPhoneでもスペースグレー色は販売されていますが、どうしても指紋が目立ってしまうという欠点がありました。

しかしMacbook Proの場合だと指紋がべったり付くような使い方や持ち方はしないはずなので、常にキレイなスペースグレーを保ったまま使えます。

最高です。

第2世代バタフライ構造キーボードは旧型と比較して使いやすい

Mac4

Macbook Pro 2017 から新たに採用されるようになった第2世代バタフライ構造キーボードはかなり使いやすいです。

今までの Macbook Pro や Macbook Air では次の写真のようにやや厚みのあるキーボードでした。

Mac5

これでも Windows PCと比べて軽い力で入力できるので本当に打ちやすいと感じていましたが、Macbook Pro 2017で採用された第2世代バタフライ構造キーボードはさらにその上をいく快適な打鍵感があります。

ほんと軽い力でタイピングできるんですよ。

そのため長時間打っていても無駄に力が入らないので指が疲れづらく、売った時のペチペチという音もだんだん快適に聞こえてくるから不思議。

バタフライ構造のキーボードは打鍵音がうるさいというレビューがありますが、これはたしかにあるかも。

僕はもとから静かにタイピングする方ですが、それでもちょっとはうるさくなったかなと感じます。

力強くタイピングする人は余計にペチペチ音が響くと思うので気になる人は要注意ですね。

スピーカーの音がいい

Mac6

これ、けっこうマジでびっくりしました。

YouTubeでもiTunesでも何でもいいんですがとにかく音楽を流してみて下さい。

音はもちろんスピーカーから流れてくるんですが、「え?この音どこから流れてるの?」と感じるほどにPC全体から音が出ているような、とにかく自然な音なんです。

これは本当に驚きました。

バッテリー持ちは満足

100%フル充電の状態から外で3.5時間使って残り約60%のバッテリー残量になりました。

動画編集など特別重たい作業はしておらず、普通のブラウジングや執筆で使った状態でこれです。

ここから単純に逆算すると「3.5時間:40%消費=8.75時間:100%消費」となり、おおむね満足できる時間かなと思います。

公称は最大10時間ですからね。

Touch Barありモデルのバッテリーが持たない理由

同じMacbook Pro 2017 13インチモデルでもTouch Barが付いたモデルはバッテリー容量が小さく設計されてるの知ってましたか?

Battery

ね、設計の段階からすでに少ないバッテリーが採用されているんです。

理由はかんたんで、バッテリー容量を犠牲にしてTouch Barのスペースが設けられているからです。

同じ13インチにも関わらず Touch Barを無理矢理詰め込むには何かを削る必要があった、それがバッテリーだったということです。

バッテリーがもともと小さい上、Touch Bar表示でさらに電力を使うため、どうしてもTouch Bar無しモデルと比べるとバッテリー持ちが悪くなってしまうんですね。

USB Type-Cポートが2つでも問題なし

Mac7

これ、最後の最後までポートの数には頭を悩ませました。

一回り大きい15インチモデルは最初から左右に2つずつ、合計4つのUSB Type-Cポートが付いています。

ところが13インチモデルはTouch Barの有り無しでポートの数が変わり、Touch Barが付いているとポート4つ(左右2つずつ)、Touch Bar無しでは左側に2つしかついていません。

こんなところで差別化しやがって・・・と正直Appleを恨みましたが、結局はやはりバッテリーの問題もあるので Touch Barなし(ポート2つ)バージョンを選択しましたが、結果的に僕の使い方だと全く問題ありませんでした。

マルチアダプターを使えばいいんです。

どうせならいろんな機能が付いてるこういうタイプのものがおすすめ。

Multi

これ1つあれば自宅で使う分には十分にカバーできます。

よく考えたら外出先で周辺機器をそんな大量に取り付ける場面って少ないんですよね。

なので外出時はこんなタイプのアダプターがあれば大丈夫。

Mini

Macbook Pro 2017を家では外部モニターにつなぎ、外に持ち出しても使うという僕のようなタイプの人はこのやり方でいけます。

こっちの「Macbook Pro2017おすすめアクセサリ!これがあれば十分!」でおすすめのアクセサリー一覧をまとめてレビューしています。あわせてどうぞ。

Macbook Pro 2017の惜しいところ

逆にもうちょっと何とかならないかな?と感じる惜しい点は2つ。

トラックパッドはちょっと広すぎるかも?

Mac8

個人的にトラックパッドはもうちょっと狭くてもいいかなと感じています。

というのもタイピングするとこうやってトラックパッドの右隅と左隅に手のひらが触れてしまうことがあるんですね。

Mac9

すると急にカーソルの位置が変わって意図してない場所で入力が始まったりします。

理想としてはこんな風に台形になってればいいのかな、いや、やっぱりダサいか?

Mac10

バッテリーの劣化が気になる

これはけっこう番外編的な要素なんですが、バッテリーを毎回充電することで充放電回数が増加し、バッテリー劣化が進むであろうことを不安に感じています。

どういうことかというと、僕は今まで自宅で使っていたMacbook Pro 2014はバッテリーを「充電」ではなく、ずっと「給電」で使っていました。

その詳しい様子は「Macbook Proのバッテリー劣化対策のやり方はこれだ!」で紹介しているので御覧ください。

いや、それ気にしすぎでしょ?と言われることは百も承知なのですが、どうせならバッテリーは劣化せず長く使いたいじゃないですか?

Macbook Pro 2017はこれが出来ないんですよね。

充電開始の音がちょっとしょぼい

新型Macbook Pro 2017は充電を開始すると音が出る仕組みなんですが、iPhoneの充電開始と同じ音です。

「ピコン」というか「ポン」というか、iPhone使いの人ならすぐにわかるあの音です。

最初のうちはどこからこの音が聞こえてくるのか不思議だったんですが、Macbook Proからだと気づいた時は「もうちょっといい音使ってもいいんじゃないの?」と個人的に感じました。

スポンサーリンク

新型Macbook Pro 2017はおすすめ

Mac11

Apple製品は好きな僕ですが、別にMacbook Pro 2017をひいき目で言ってるわけでもなく、Macbook Pro 2017は大満足できる買い物だったと思っています。

今まで自宅と外で2台の Mac PCを使い分けていたためデータのやり取りや設定変更などでちょっと手間に感じるシーンがあったのですが、1台にすべて集約することでその時間を節約できます。

さらにパワーアップしたCPUにより完全なストレスフリーの作業環境になり、第2世代バタフライ構造キーボードはいつまでもタイピングしていたくなるような快適な打鍵感をもたらしてくれます。

見た目の高級感は言うまでもなく、総合的に見ても欠点らしい欠点が見当たりません。

やはり仕事道具、特にPCにおいてはケチケチすることなくガッツリ投資して生産性を高めることが重要だと改めて感じています。

Macはリセールバリューが高いことでも有名なので、新型が登場したら今の機種を売って買い換えると実質負担を相当おさえることもできます。

これほど優良な投資物件も珍しいのかなと感じますよね。

すでに新型Macbook Pro 2016を持っている人が改めて2017年バージョンに買い換える必要はありませんが、それよりも昔のMacbook ProやMacbook Airなどを使っていて不満を感じている人は、ぜひとも新型Macbook Pro 2017をおすすめします。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!