行政処分を受けたラッキーバンクから無事に配当が出た




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

2018年2月20日、ソーシャルレンディング事業者のラッキーバンクに対して行政処分が下されるニュースが業界を震撼させたことは記憶に新しいこと。

ラッキーバンクで90万円を運用していた僕にとって、預けているお金がどうなるのか、今後の配当金はちゃんと払われるのかと心配していたのですが、ニュース発表後から初めての配当日となる2018年3月9日、ちゃんと予定通り配当が出ました。

スポンサーリンク

ラッキーバンク3月の運用結果

3月のラッキーバンク配当は4,920円でした(運用資産90万円)。

201803lb

このうち20万円が期限前償還を迎えたため、ラッキーバンクに預けている資産は70万円となりました。

201803lb2

新規募集がないラッキーバンク

行政処分のニュースが発表された2月20日以降、ラッキーバンクで新規案件は募集されていません。

今までは月に10本〜15本をコンスタントに募集していたイメージがありますが、さすがにこの渦中では身動きが取れないのでしょう。

ただでさえ業者リスクが浮き彫りになった今回の行政処分なので、今の状態でラッキーバンクが新規案件を募集したところで資金が集まるかどうかはわかりません。

資金の移動を決定

僕が運用していた案件が期限前償還を迎えたこともあり、ラッキーバンクの投資口座には約20万円の資金が残る結果となりました。

新規案件も募集がなく、今回の行政処分のこともあるため、手数料はかかりますが資金を移動させることにしました

移動先はmaneo、もしくはLCレンディングを予定しています。

平均利回りは若干低めの両社ですが、業界最大手のmaneo、そしてそのファミリー企業であるLCレンディングであれば今よりかは信頼がおけると判断しました。

maneoに関しては運用資産額の多さに応じて会員ステータスがランクアップする仕組みを取り入れていて、ランクが高ければ高いほど好条件の案件に投資できるメリットがあるんですよね。

避けられない業者リスク

ラッキーバンクのように行政処分を受けてしまうと、個人投資家からの信頼が離れてしまうことは目に見えています。

徐々に知名度が上がっているソーシャルレンディングではありますが、世間的にはまだまだ「怪しい」「よくわからない」というイメージが先行しているのも事実。

巷では仮想通貨業者に対する行政処分ニュースが賑わいを見せているので、皆「行政処分」という言葉には特に敏感になる時期です。

ソーシャルレンディングにおけるリスクは2つ。

  1. 貸付先企業の倒産、デフォルトリスク
  2. 業者リスク

ラッキーバンクの行政処分は2番目の業者リスクによるものです。

十数社あるソーシャルレンディング業者において、貸し倒れや返済遅延が発生する事例は稀だといえます(海外案件はリスクが高いイメージ)。

ソーシャルレンディングの歴史が浅い頃は貸付先に「個人融資」が含まれていたこともあり、貸し倒れが発生することはありました。

現在はどの業者も個人対象の案件の取り扱いはゼロで、主に国内の厳選した企業への貸付がほとんどとされています。

問題はソーシャルレンディング業者側です。

不動産の価値を公平に判断するための「不動産価格調査報告書」を偽って掲載したり、返済見込みが乏しいことを知りつつ貸付先に対して継続的に投資していたり、個人投資家の判断を迷わせる事例が見受けられます(ラッキーバンクの例ですが)。

これをされてしまうと信頼は一気に低下します。

信頼がなくなるだけならまだしも、業者を信頼して資金を預けている側からすると不安でたまりません。

少しでも信頼性のあるソーシャルレンディング業者を見つけようとするならば、

  • 過去の実績は十分にあるか
  • 高すぎる利回りをうたってないか

の点を重視しておく必要があるのかもしれません。

スポンサーリンク

今後も不安は続きます

一部の資金を移動させたとはいえ、ラッキーバンクでは70万円の資金を運用中です。

この先もしっかり配当が出ることを期待していますが、果たしてどうなることやら。

不安は続きます。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ300件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!