LCレンディングは評判通りか?運用実績とともに紹介します




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

(2019年1月、運用実績を更新。詳細は後述)

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

ソーシャルレンディングにおけるリスクは、

  1. 貸出先のデフォルトリスク
  2. ソーシャルレンディング業者リスク

の2つがありますが、その中でも2番目の事業者リスクにおいてほぼ安心して投資できる会社の1つがLCレンディングです。

ソーシャルレンディング最大手のmaneoの傘下にあるだけでなく、上場企業のグループ会社としても注目を浴びるLCレンディング。

その評判と運用実績を紹介していきますよ。

なお、最新の配当実績やこれまでの毀損額、毀損の恐れの額などを含めた情報はこちらのnoteで公開しています。

常に最新の情報を受け取れるので、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

LCレンディングの信頼性

Lc3

LCレンディングの親会社はジャスダック上場の「LCホールディングス」です。

そのためLCレンディング社そのものだけでなく、同社が取り扱う案件にもトップクラスで安全性の高いものが揃っていることがよくあります。

目玉案件はLCホールディングスの保証付き案件ですね。

これは仮に貸出先が何らかの理由でデフォルトを起こしてしまったとしても、LCホールディングスが代わりに元本と期日までの配当を保証するものです。

さらにLCレンディングはソーシャルレンディング業界最大手のmaneoファミリーということもあり、我々投資家にしてみるとかなり安心感を持って投資できる業者といえるのではないでしょうか。

もとよりソーシャルレンディング業界においてはここ数年の間はデフォルトの発生はなく(一部返済が遅れているものはありますが)、配当もしっかり保証され、償還も問題なく実施されている案件ばかり。

そのためLCレンディングそのものに加え、LCレンディングが取り扱う案件については限りなく安全性が高いものといえると思っています。

LCレンディングの利回り

安全が保証される投資はどうしても利回りの面で期待できません。

最も安全性が高くなるLCホールディングスの保証付き案件になると期待利回りは5%〜6%、そうでない案件でも良くて8%です。

業界の平均利回りはだいたい7%なので、LCレンディングでの利回りは平均以下といえそうです。

安心と安全を盾に低いリスクで着実に利益を稼ぐか、ちょっと冒険してリスクを取って高い利益を稼ぐか、そこは投資スタイルと考え方に左右されるところです。

LCレンディングはローリスク・ミドルリターン

こちらの「ソーシャルレンディングを比較!いろいろな特徴があります」でも紹介しているように、ソーシャルレンディングは大きく勝つ(大きく儲ける)ことは出来ません。

その分、未来の儲けは自分で簡単に計算することができ、償還される時期も決まっていることから、ある程度先を見ながらの計画的な投資が可能です。

一方で業者と案件それぞれにリスクがあることは確かなので、ソーシャルレンディングは一般的にミドルリスク・ミドルリターンを狙う投資といえます。

しかしLCレンディングに限っていえば、ここで紹介したような高い信頼性を考えるとローリスク・ミドルリターンといえるんじゃないかと思っています。

LCレンディングの貸付先は国内不動産が中心

LCレンディングが取り扱う案件の多くは国内の優良不動産がほとんどです。

優良な生活産業テナントが入居する商業施設が主な投資対象になっていて、豊富な不動産開発・管理実績を持つプロパティマネジメントのプロフェッショナルであるロジコム社(LCホールディングスのグループ会社)が各不動産を管理するようです。

高齢社会を迎えた日本では、生活圏に根ざした近隣型ショッピングセンターのニーズが高まりつつあることを受け、優良な生活産業テナントが入居する中小規模の商業施設は、リスクを押さえつつ高いリターンが期待できる投資案件として考えられています。

商業施設が活発になるということはそれだけ地域創生にも貢献することができ、さらにそこにソーシャルレンディングの仕組みを活用することでLCレンディングが掲げる『貯蓄から投資へ』の推進にも繋がるということで、意義のある取り組みなんですね。

LCレンディングの運用実績

気になるLCレンディングの運用実績の紹介です。

2018年1月現在、僕はLCレンディングに90万円の資金を投入して運用しています。

安全性と信頼性の高さからもうちょっと金額を増やしてもいいんですが、いかんせん魅力的な利回りが少ないのがネックになっています。

タイミングがうまくあえば8%前後の利回りの案件に投資することもできますが、いつもそうとも限りませんしね。

1月の配当額は1,845円です。

Lc1

配当金の入金以外にも入金や出金した形跡が残っていますが、これは1月に増資したことを意味しています。

これらの配当は3月以降になる予定なので、今後を楽しみにしています。

LCレンディングだけでなくソーシャルレンディング全般にいえることですが、入金したお金がいつから運用開始になるかは事前にしっかり確認しておく必要があります。

募集が終了して数日後に運用開始になればいいですが、準備期間と称して数週間後から運用開始なんてケースもよくあるので、お金を無駄に置いておきたくない人は要チェックです。

(2019年1月更新)

maneo傘下の企業で続々と返済遅延がある中、LCレンディングは堅調に毎月利益が出ています。

期日前償還もあったりと、手堅く運用している印象を受けますね。

今後は大幅に増資することはなくても、償還した資金を再投資するレベルでやっていこうと考えています。

Fundsを利用してリスク分散

2019年1月から稼働する「Funds(ファンズ)」。

ソーシャルレンディグに非常に近い形態ですが、投資家のリスクを限りなく小さくすることに注力している注目の会社です。

  • Funds(投資家)から上場企業(ファンド組織企業)に貸し付け、そこから子会社に貸し付け、その先の最終的な借り主に貸すため、返済リスクをワンクッション軽減した
  • 1円から投資可能
  • 毎月分配
  • その分利回りは低め(1.5%〜6.0%前後)

通常のソーシャルレンディングとは違い、ファンド組織と借り主の間に子会社が入ることでリスクが軽減されています。

仮に返済困難に、上場企業は自社の株価を下げたくないため、それが抑止力になるというわけ。

利回りは低めでも、僕のように返済不能ファンドを経験した人間からすると、リスクが低いというのはかなり魅力です。

無料登録して口座さえ持っておけばリスク分散の投資も検討できるので、サクッと開設しておきましょう。

スポンサーリンク

今後もLCレンディングを継続します

比較的リスクは少ないと言われるソーシャルレンディング業界の中でも、トップクラスの安心感を持つLCレンディング

期待利回りは低いかもしれませんが、手堅く運用したい人にはおすすめの業者ですね。

僕もソーシャルレンディングではリスク投資と安全投資に分け、今後はmaneoやLCレンディングへの投資額を出来るだけ増やしていくつもりです。

攻め過ぎる投資はいつか火傷をする可能性がありますが、守りすぎていたらいつまで経っても資産は増えません。

自分の中の許容リスクと照らし合わせながら資産運用していきましょう!

なお、最新の配当実績やこれまでの毀損額、毀損の恐れの額などを含めた情報はこちらのnoteで公開しています。

常に最新の情報を受け取れるので、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインを、これまで2,000個以上の作成実績のあるゆーすけが作成します。あなたのサイン、意外と見られていますよ?

ご署名ネットの4コママンガ


ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム