アイスコーヒーを自分で淹れてみたら意外とおいしくてビックリしたんですけど。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

 

僕はコーヒーが好きです。

豆から買ってきてコーヒーミルで挽いてドリップコーヒーを楽しんでいます。

ところが今の季節、熱いコーヒーよりも冷たいアイスコーヒーが飲みたくなることがあります。

氷でキンキンに冷えたアイスコーヒーは夏の暑い日に喉を潤して活力を生み出す飲み物ですよね。

市販されているペットボトル入りのアイスコーヒーもおいしいのですが、熱いコーヒーは自分で淹れるクセにアイスコーヒーは市販品を飲んでます、と自分で考えると「自分、もっとできるはず!」と1人で勝手に盛り上がってしまいました。

そこで今回はアイスコーヒーを自分で淹れてみた結果をご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

市販品を試してみる

コーヒーは豆の煎り方、つまりどれだけの時間火にかけていたかによって濃さが変わります。

ホットコーヒーの場合は浅煎りから深煎りまで自分の好みで調整しますが、アイスコーヒーは濃く抽出する必要があるので深煎り豆を使うことが一般的です。

 

そのためホットコーヒー用で買った豆をアイスコーヒー用として使っても薄く仕上がってしまう可能性があるので注意しましょう。

たまたま書店で読んだコーヒー専門雑誌でおいしいアイスコーヒー豆が紹介されていました。

値段が高い豆はいくらでもありますが、僕が興味を惹かれたのは普通のスーパーマーケットで売られているUCCのアイスコーヒーが意外とうまいっ!ということでした。

アイスコーヒーを作るのは今回が初めてのことだし、失敗しても安い豆なら痛くないなということで、さっそく近所のスーパーでUCCのコーヒーを買ってきました。

それがこちら。

すでに挽いて粉の状態で売られているやつですね。

中身はこんな感じでコーヒーのいい香りが広がります。

 

粉は多めに使うのがポイント

ホットコーヒーをドリップで淹れる場合、目安となるコーヒー粉は10g前後です。

今回のアイスコーヒーはお湯で抽出したコーヒーを氷で急速に冷やす方法で作るので、氷が溶けてコーヒーが薄くなります。

それを見越してコーヒー粉は15g〜20g使うようにします。

ドリッパーは普段から使っている1つ穴のタイプです。

お湯が落ちるスピードが一定のため、ムラのない均一の味を楽しむことができます。

 

開封した豆は密封を忘れずに

コーヒー豆は煎った時から香りがどんどん失われていきます。

ミルを使って粉にするともっと早く劣化します。

今回のアイスコーヒーのように粉で売られているものはどれだけ頑張っても香りがどんどん無くなってしまうので、少しでも劣化のスピードを抑えるためにも開封後は密閉容器に入れて保管しておきましょう。

 

コーヒーサーバーの代用品は水筒!

お湯で抽出したコーヒーを氷で冷やしてアイスコーヒーを作りますが、そのためにはコーヒーサーバーにあらかじめ氷を敷き詰めておき、その上からドリップします。

ところが僕、コーヒーサーバーを持っていないんです。

こういうやつ。

 

普段はコーヒーカップに直接ドリップしているのでサーバーを使う機会がないんです。

ところがアイスコーヒーを作るのであればやっぱりサーバーは必要。

でもそのためだけにサーバーを買うのもバカらしいなぁと考えていると、ふと水筒の存在を思い出しました。

 

水筒であれば氷を入れることもできるし上から熱いコーヒーをドリップしても容器が破損する恐れもない、しかも冷たくなったらそのまま保温もできるというなんともお得なことに気付いたのです。

 

そこで水筒の中に氷を敷き詰め、上にドリッパーをセットしてお湯を注ぎます。

 

ドリップ開始

お湯を注ぐと辺りにコーヒーのいい香りが広がり、下の水筒にコーヒーが落ち始めます。

1つ穴式のドリッパーはドリップのスピードが一定のため、一気にお湯を入れても大丈夫です。

 

熱いコーヒーが氷を溶かし、パキパキという氷の音が続きます。

だいたい1分後、コーヒーが落ちきりました。

水筒を振ってみると氷がカラカラと音を立てます。

お湯で溶けきることはなかったようですね。

 

いざ実飲!

さらに5分ほど放置します。

これでコーヒーも冷えきったはず。

さっそく飲んでみることにします。ドキドキ。

 

水筒からカップに氷ごとコーヒーを注ぎます。

水筒の口が広いのでこういう時は便利ですね。

 

はい!これが水筒から出したコーヒーと氷です。

しっかりアイスコーヒーとして冷えていますが、氷が小さくてなんとも頼りない感じに・・・。

 

そこでもうちょっと氷を追加した状態がこちら。

 

お、なんだかお店で出してくれるようなアイスコーヒーっぽいぞ?

見た目はおいしそうです、はい。

では肝心の味はどうかというと・・・

 

 

おー!ちょうどいい濃さに仕上がっている!!

 

薄すぎず、濃すぎず、ちょうどいいおいしさのアイスコーヒーが完成しました!

ペットボトルに入って市販されているアイスコーヒーとは違い、コーヒーの香りが広がります。

味は濃い目ですが、アイスコーヒーとしてはちょうどいい感じです。

 

市販されている豆でここまでの味が出るのであれば満足できるアイスコーヒーですよ、これ。

 

おいしいアイスコーヒーに仕上げるポイント

自分でアイスコーヒーを作った人の多くが失敗してしまうのはアイスコーヒーが薄すぎるという問題。

なんとも水っぽくて薄い味に仕上がる人がいるようです。

というのもこれ、豆をケチって使っているかお湯が多すぎたかのどちらかが原因です。

 

先にも書いたようにアイスコーヒーは濃い目に抽出するのがポイントです。

そのため普段ホットコーヒーで使っている豆の1.5倍〜2.0倍の量の豆を使う必要があります。

 

もしくは豆の量を増やしたくないのであれば注ぐお湯を半分にします。

これで濃いコーヒーが抽出されることになるので、アイスコーヒーで失敗する確立は下がります。

 

スポンサーリンク

今後は水出しコーヒーにもチャレンジ!

今回は初めてアイスコーヒー作りに挑戦してみましたが、意外といい結果になりました。

一度に約1.5杯分のアイスコーヒーを作ることができたので分量としても満足できます。

アイスコーヒーはたくさん作ってしまっても数日間は冷蔵庫で保管が可能なため、一度に多めに作ってしまうのもいいですね。

 

今後は水出しコーヒーにもチャレンジしたいと思っています。

水を1滴1滴落とし、時間をかけてコーヒーを抽出する方法です。

そのためには専用器具を買う必要があるのですが、一回は自分でやってみたいなぁと考え中。

コーヒー道は深いです。

 

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム