サラリーマンの副業はバレるのか?6つのシーンで考えます




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

僕はサラリーマンをやりつつ2016年から副業に取り組み、今では毎月の副業で安定して月20万~30万円を稼げるようになりました。

そこで多くの人が感じる疑問「副業って会社にバレないの!?」ということについて、僕なりの考え方を紹介します。

会社に副業がバレるのが怖いという理由で一歩踏み出せないのは本当にもったいない機会損失なので、そんな人の背中を後押しすることができれば幸いです。

スポンサーリンク

会社に副業がバレるシチュエーション6選

あなたの副業が会社にバレる時、想定されるシチュエーションは次のようなものがあります。

  1. 人事や経理からつっこみが入る
  2. 副業している姿を会社・取引先の人に見られる
  3. 副業に疲れ切ってしまい、業務に支障が出ている
  4. ネットで顔や名前を出している
  5. 記事やSNSの内容から個人を特定される
  6. 知人、友人にばらされる

どのシーンもあるあるですよね。

サラリーマンの大半の人は、おそらく1番の「人事や経理からつっこみが入る」ことを最も心配しているんじゃないでしょうか。

実は、どのシチュエーションにもちゃんと対応策があります

それを1つ1つ見ていきましょう。

【1】人事や経理から突っ込みが入る

副業でサラリーマンをする人が最も心配するのがこれでしょう。

人事や経理から突っ込みが入るというは、おそらく次の2つのシーンを想定していると思われます。

  1. 所得税や住民税など税金が増え、税金関連からバレるのではないか?
  2. マイナンバーがあるのでバレるのではないか?

それぞれのシーンについて紹介しますね。

(1)所得税や住民税など税金が増え、税金関連からバレるのではないか?

まず1つ目の税金関連について。

税金が増えて会社に副業がバレるケースは住民税がポイントです。

住民税は前年の所得額に応じて決まります。

所得額とは会社の給料と副業所得を合わせた額のことです。

つまり、副業収入があるとあなたの住民税は他の社員と比べて高くなってしまうんですね。

会社はあなたに給料を払う立場なので、あなたが払うべき住民税額はきちんと把握しています。

ところが副業収入があると住民税が高くなり、「副業をやってるんじゃ!?」とあなたに疑いを持ってしまうわけなんです。

Juminzei

これを回避するためには、住民税を給料から天引きするのを止め、自分で納付すればいいんです。

そのためには確定申告する必要があります。

副業収入で年間総額20万円以上の所得がある場合、必ず確定申告をしなければいけません(20万円以下でも確定申告はできます)。

確定申告の書類の最後に「住民税の納付方法」の項目があるので、それを普通徴収(給料から天引きじゃなくて自分で納付すること)にしておけば、会社があなたの住民税の額を知ることは出来なくなります。

いままで給料から天引きしていた住民税がいきなり無くなると、それはそれで人事や経理が不審がって問い合わせがくるかもしれません。

そんな時は例えば、株や投資で利益が出たので確定申告をし、今後はお金の出入りを自分できちんと管理しようと思って普通徴収(自分で納付)することにした、などのように言えば大丈夫かと。

(2)マイナンバーがあるのでバレるのではないか?

マイナンバー制度が導入され、個人の税金の流れが管理されるようになりましたが、マイナンバーが原因で個人の副業が会社にバレるということはありません

そもそもマイナンバーによって変わるのは、本来は確定申告をして納税すべきなのにしていない、というケースが税務署に把握されやすくなる点です。

税金を取るべきところからきちんと取るのがマイナンバー導入の趣旨のため、会社側には関係はないんですね。

【2】副業している姿を会社・取引先の人に見られる

会社に副業がバレると考えられるシーンその2です。

副業でアルバイトや引っ越しをしている姿が会社関係者に見られてしまい、そこから副業が発覚するケースですね。

これは、会社関係者が住んでいる近くの店を副業先として選択しないことで回避できます。

とはいってもこれも完全な対策ではありません。

副業で働いている間はメガネやマスクを装着し、簡単な変装をしておくなどの対応が必要ですね。

取引先にばれたゆーすけのブログ

余談ですが、会社の取引先と会食をした際、先方の1名が「ゆーすけさん、ブログされてますよね!」と全員の前で話題にされたことがありました。

その方に悪気はなく、たまたまネット検索していた時に僕のブログを見てくださったらしいのですが、そこで肝を冷やした経験がありました。

「そうなんですよー、ブログやってましてねーあはは」くらいでその場はやり過ごしました。

こうやって顔も名前も出してやってる以上、僕もいつか身バレすることは覚悟の上ですが、あえて自分から話題にすることはまずありません。

そういうリスクもあることを承知の上で取り組みましょうね。

【3】副業に疲れ切ってしまい、業務に支障が出ている

このパターンは最も避けなければいけない例です

会社が副業を禁止するのもこれが大きな理由の1つなんです。

副業をやっているがために、睡眠時間を削ったり休憩がとれない時間が続き、遅刻や居眠りが増えます。

勤務態度に不審を持った上司から理由を聞かれ、実は副業が原因と判明することだけはあってはならないことです。

本業はあくまでも会社員なので、副業は会社に迷惑をかけないことが大前提です。

対応策はただちにその副業を止めることです

【4】ネットで顔や名前を出している

僕のようにネットで顔と名前を出して活動していれば、バレるリスクは格段にアップします。

別に顔と名前を出さなくてもブログやYouTubeをやっていくことはできます。

僕は自分を知ってもらいたいのと、しっかり責任を持って情報発信していることを示すためにも、最初からこのスタイルで通しています。

顔出し、名前出しは賛否両論がありますが、会社に副業がバレたくなければ伏せればいいだけの話ですね。

【5】記事やSNSの内容から個人を特定される

ブログやTwitterは匿名なのに、発信する情報の内容によって素性がバレてしまうケースです。

あなたしか知り得ない情報を発信していればいつかバレるかもしれません。

対応策としては、個人を特定されやすい情報は流さないことです。

流すにしても、あなた個人が特定されないようにぼやかして発信するのがコツですね。

ある一部しか知らない情報は希少性が高く、ネットでうまく拡散されれば注目を浴びる可能性があります。

同時に関係者の目にとまるリスクも高くなるので、あなた個人が特定されにくい範囲での公開にしましょう。

【6】知人、友人にばらされる

あまり考えたくはないですが、信頼していた身近な人から副業を周囲にばらされてしまうケースです。

副業を始めたての頃だと応援してくれるんですが、副業が軌道に乗り、だんだん稼げるようになってくると、どんなに近い友人でも「あこがれ」「ねたみ」「嫉妬」の感情が生まれてしまう時があるんです。

これに対する対応策としては、どれだけ近い間柄の友人でも、あなたが副業をやっていることを伝えないことです。

応援してくれる仲間がいるのは本当に心強いんですが、「ねたみ」「嫉妬」の感情だけじゃなく、当の本人にはばらす意図がなくても、ついポロリと口から出てしまう可能性もあるんです。

あらゆるシーンを想定し、自分が副業をやっていることは出来るだけ秘密にしておくことをおすすめします。

裏を返すと、あなたの隣に座っていつも仕事をしている同僚や先輩も、実は誰にも言わず、こっそり副業をやっているかもしれない、そういうことなんです。

業務上の情報は出さない

会社が副業を禁止する理由は2つあります。

1つ目は、過重労働で従業員の生産性が低下する恐れがあるから。

2つ目は、業務上の情報が流出する可能性があるから。

1つ目の過重労働は、取り組む副業の内容をよく考えて自分でコントロールすることができますね。

あまりにも過酷な肉体労働系の副業なら別の副業を探せばいいだけですし、深夜帯の副業を控えればいいだけです。

残業を減らすために業務効率化を図り、空いた時間を有意義に副業に使い、心身ともにリフレッシュできるような副業が理想的です。

2つ目の業務上の情報流出ですが、これも絶対にあってはならないことです。

しかし、「業務で学んだスキル・知識」と「業務上の情報」は全くの別物だということを忘れてはいけません。

例えばあなたが会社で経理を担当しているとしましょう。

簿記の資格や会社会計のスキル・知識を活かし、副業で簿記セミナーをやることは問題ないでしょう。

ところがセミナーで配る資料の中に、会社で実際に使っているデータや取引先の情報が入っていたりすると、これは「業務上の情報流出」に該当し、NGです。

ちょっと考えればわかりそうなものなんですが、線引きがあいまいになってはダメですね。

ゆーすけの副業情報、紹介中

noteでは、僕がサラリーマンをやりながら副業で稼ぐ、なかなかブログでは公開できないような金額や考え方を紹介しています。

顔も名前も公開して稼ぐ僕のリアルな実状が垣間見れるお得なチャンスです。

ぜひ御覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

会社に副業がバレるケースはいろいろありますが、バレるような行動を取らないことが大切です。

バレるシチュエーションを理解しておけば、日頃からある程度自己防衛することもできるので、しっかり自分の身の回りを見直しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からわずか1年で200件以上のオーダー実績!
個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!