ちょっと手間ひまかけてコーヒー淹れると幸せになれる話

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

 

先日の記事でアイスコーヒーを自分で作ってみたとご紹介しました。

 

 

いつもは豆を挽いてホットコーヒーを淹れるくらいでしたが、たまには新しいことに挑戦してみようと思ってやったわけでした。

今回はその原点に戻り、豆を挽いて淹れるコーヒーのおいしさについてご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

用意するものたち

まずは道具を揃えるところから。

豆をゴリゴリ挽くので専用の機材が必要になります。

その名もコーヒーミル。

 

中にコーヒー豆を入れてハンドルをぐるぐるまわすと中で豆が砕けて粉になって下に溜まる仕組み。

安いコーヒーミルの場合ハンドルを回すときにかなり力が必要になったりします。

そこそこのお値段のミルで大丈夫なので買っておきましょう。

ちなみに僕はこのミルを使っています。

 

 

次に必要なのはドリッパー。

 

ここにペーパーフィルターを敷き、挽いたコーヒー豆を入れて上からお湯を入れます。

 

そして大事なコーヒー豆。

豆の状態で買おうと思うとスーパーだとなかなか売ってないかもしれません。

例えばカルディであればたくさんの種類のコーヒー豆を取り扱っているので探しやすいです。

 

 

ちなみにカルディでは絶品の杏仁豆腐を売ってます。

コーヒーのお供にぜひ。

 

 

最初は豆の種類が多くてどれがいいのか迷うはず。

そういう時は店員さんに聞いてみましょう。

自分の好みのコーヒーはどういう味なのか。

酸味が強いほうがいいのか、それとも苦味が強いほうがいいのか。

あと味スッキリ?あと味まったり?

 

お好みのコーヒーを伝えればそれに合うコーヒー豆を紹介してくれます。

ちなみに僕は酸味が強いコーヒーは苦手です。

それよりも苦味のあるやつが好きです。

 

お湯を沸かそう

コーヒーを作るためにまずお湯を沸かします。

その時に使うのは注ぎ口が細くなっているケトルがオススメ。

 

なぜかというとコーヒー豆にお湯をかけるときはスピードが大事になるからです。

細い注ぎ口であればお湯を落とすスピードと量をコントロールできるので使いやすいです。

 

コーヒーに使うお湯は90℃くらいがベストらしいですが、僕は正直そこまで気にしていません。

沸騰するまで火にかけてます。

もしくは沸騰する直前で火を止めるといいですね。

 

 

 

豆を挽こう

お湯をわかしている間、コーヒー豆を挽きます。

軽量スプーンにすりきりから少し減らした量の豆がちょうど一人分の10g前後の粉になりますので覚えておきましょう。

 

 

豆をミルに入れ、あとはハンドルをまわすだけ。

意外と大変な作業です、これ。

コーヒーにこだわる人は挽いて粉になった状態からさらに一手間をかけるらしいです。

コーヒー豆には薄皮が残っているので、粉にすると白っぽい皮が混じっているのが見えます。

 

 

これが雑味の原因になるらしく、こだわる人は白っぽい皮を1つ1つ取り除いたりします。

僕はそこまで味がわかる人間じゃないのでそのまま使っちゃいますけどね。

 

 

カップを温めておこう

コーヒーカップの中にお湯を入れてしばらく放置しておきます。

こうすることでカップが熱くなってコーヒーを注いだ時にコーヒーの温度が下がりにくくなります。

 

コーヒーはとにかく温度が命!(らしいです)

冷たいカップに注いで温度が下がるのはNG、逆にお湯が沸騰するほど熱くてもNGという、実はこだわろうと思うとコーヒー道は奥が深い。

 

温める関連でもう1つ。

僕のように陶器のドリッパーを使う人の場合、ドリッパーをあらかじめお湯の中に入れておいてドリッパー自体を熱くしておく方法があります。

さすがに僕はそこまでやりませんが、温度にこだわりをもつ本物のコーヒー好きな方はドリッパーにまでこだわりを持ちます。

 

お湯を注ごう

ドリッパーにペーパーフィルターを敷き、その中にコーヒー粉を入れます。

ドリッパーを軽く揺らして粉表面を平らにして準備完成!

一人分だけ抽出するならコーヒーカップの上にドリッパーをセットします。

 

そしていよいよお湯を注ぐわけですが、まずは少量のお湯を粉全体にかけて湿らせ、15秒ほどそのまま放置して蒸します。

蒸すと味がよくなるらしいですが、僕はそこまで判別できる上等な舌を持ってません・・・。

あとはゆっくりとお湯を入れるわけですが、ドリッパーの穴の数によってカップに落ちるお湯のスピードが変わってきます。

1つ穴ドリッパーはゆっくりお湯が落ちるためコーヒーが抽出される時間が長くなり、濃い目のコーヒーが出来上がります。

3つ穴ドリッパーはお湯が早くおちるためコーヒーが抽出される時間が短くなり、スッキリした味わいのコーヒーが出来上がります。

ドリッパーはそんなに高いものでもないので1つ穴、3つ穴の両方をそろえておけば気分によってコーヒーの濃さを簡単に調整できますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はすごく基本的なコーヒーの淹れ方の紹介でした。

本当はもっとお湯の注ぎ方や豆の選び方にこだわればおいしいコーヒーが出来上がるんでしょうけど、正直いまはそこまでハマっているわけではないです。

自分で豆を挽いてドリップして作るコーヒーは確かに手間と時間がかかり面倒だと感じることはあります。

でもインスタントコーヒーや缶コーヒーとは明らかに香りが違うことは体感できます。

やっぱり自分で淹れるコーヒーのほうがおいしいです。

少し手間をかけて普段とは違うコーヒータイム、お楽しみください。

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サービス開始から半年たらずで100件以上のオーダーをいただいています。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!