自分が発信者になると幸せになれる

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Pic

先日のネットニュースで衝撃的な記事が掲載されていました。

「カロリー制限、やっぱり長寿に効果 論争に終止符か」

ラットを使った実験で、片方の集団には好きなものだけを食べさせ、もう片方の集団にはカロリーを3割カットしたものだけを食べさせたところ、カロリー制限をした集団のほうが平均寿命が9年長くなったという結果が出たというもの。

それに加え、カロリー制限をした集団のほうがガンの発生率が20%ほど低く、さらに糖尿病や脳卒中が遅く発症したという結果も出ました。

1980年後半から始まったこの実験、ラットでは効果ありと判断されたようですが、人間にも本当に当てはまるかどうかは今後の研究が必要ですね。

日本人の平均寿命はどんどん伸びていますが、本当にただ単に長生きすることが幸せなんだろうかと常々かんじます。
どうせ生きるなら「人生やりきった!」という充実感があるほうが絶対いいに決まってますし、そうでないならある程度の年齢まで太く短く生きるというのもアリかなと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク

生きるなら何かを残したい

僕は今年で33歳になります。
平均寿命から計算してもあと50年くらいは生きるかもしれません。
自分が寿命を全うする瞬間のことは明確にイメージしたことはありませんが、せっかくこの世に生を受けたのであれば生きた証を残したいなと思っています。

人間が本当に亡くなるのは肉体的な寿命がきた時ではなく人々の記憶から失われた時です。
かといって自分の銅像を建てたり名前を掘る行為で記憶に残すのではなく、自分の人間性や成し遂げたことで記憶に残るような生き方をしたいなと思っています。

 

人は誰かから必要とされたがっている

僕を含め、人は誰かから自分を必要な存在だと思って欲しい生き物です。僕がこれを実感した瞬間はいくつかありました。

会社を辞めた時


最初の会社を辞めた当時、僕は1人でけっこうな量の仕事を抱えていました。引き継ぎもやりましたが自分にしかわからないことやお客さんとの繋がりがあるので自分が辞めて本当にこの部署はやっていけるんだろうかと心配していた時期がありました。
が、これは全く無用の心配でした。
僕がいなくても会社はまわるんですよね。周りの人が何とかしてくれるものです。
自分ではけっこう仕事をやっていたつもりで、自分がいなくなると仕事が滞るくらいには考えていたのですが。
ちょっとした寂しさを感じる瞬間ですね。 

転職活動中


僕は次の仕事を決めないうちに退職してしまったので数ヶ月間の無職の経験があります。
最初のうちは会社にいかなくてもいい開放感がありますが、1ヶ月もすると不安に変わってきます。
あれ、自分は今だれからも必要とされてない・・・?
今までは会社で働くことで事業に貢献できる自分がいましたが、そこから離れてしまうと自分は何のために生きているんだろうかと頭を抱えることがありました。
外部との接触も減り、1人だけの時間が増え、なんともいえない寂しさに包まれたことを今でも鮮明に覚えています。 

 

人はコミュニティを求める生き物

長年会社勤めをした男性が定年、もしくはそれに近い年齢で退職すると一気に老け込んだり精気が失われることがあります。
これは会社という1つのコミュニティが無くなったことによるものです。
今までは出勤すれば会社の上司、同僚、部下がいるコミュニティが形成されていました。言い方を変えると自分の居場所がそこにあったわけです。
ところが退職して会社コミュニティがなくなると男性は途端に居場所を失ってしまいます。
家という居場所がありそうなものですが、子どもたちはすでに独立して家におらず、奥さんは友達コミュニティがあるので自分のことなど構ってくれません。

一般的に男性は人付き合いが下手、女性は人付き合いが上手と言われます。特に女性はおしゃべりが好きなので奥様コミュニティ、料理コミュニティ、旅行コミュニティなどたくさんの居場所が存在します
それに対して今まで仕事一筋でやってきた男性が会社コミュニティを失うと今さら新しいコミュニティを形成することもできず、居場所がなくなり、一気に老け込んでしまう現象が起こります。 

 

スポンサーリンク

発信者になれ

人生やりきった!という充実感を味わったり人からされる人になるためにはどうすればいいのか。
自分なりに考えているのは自らが発信者になることだと思っています。

人は自分にとってプラスになると感じ取った場所に集まります。
それは情報にしろ知識にしろ経験にしろ教養にしろ全てに当てはまることです。

世の中に対して発信者になるというのは自分の意見、作品、情報、経験、知識、感動、恐怖などをどんどん伝えていくこと。
それだけではなく周りへの貢献や協力も含め自らが提供する立場になることです。

会社にいけば仕事を与えられ、コミュニティを与えられ、給料も与えられます。
でもそれは全て受け身の姿勢からくることばかり
毎日なんとなく仕事をして家と会社を往復して何十年も過ごすより、自らが発信者となって世の中に影響を与えていくほうがやりがいのある人生だと思いませんか?

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!