東京で絶景を眺めたいなら八王子城に行くしかない

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。プロフィールはこちら

城名:八王子城(はちおうじじょう)
所在:東京都八王子市
登城日:2015年9月30日(水)
登城数:4城目/100城 

th_20151007194740

都内近郊の城ということで八王子城に行ってきました!

駅をよく調べもせず、八王子城っていうくらいなんだから最寄りは八王子駅だよねと思って降りてしまい、お目当てのバスが見つからなかった・・・ヾ(´O`ヾ)

正しくは高尾駅です。最寄りは高尾駅

高尾駅からはバスで約10分かけて「霊園前・八王子城跡入り口」バス停まで行き、そこからは徒歩移動です。

(ガイドブックなどには「霊園前バス停が最寄り」と案内されていますが、平成27年9月のダイヤ改正でバス停が新設されたようです)

th_20151007194843

 

 

スポンサーリンク

まずはガイダンス施設を目指そう!

バス停から八王子城までの道のりはこういう道を歩きます。

th_20151007194855

10分ほど歩くと右手に八王子城跡ガイダンス施設が見えてきます。

th_20151007194902

ここで100名城スタンプを押すこともでき、八王子城の歴史、北条氏の歴史を勉強することができます。

th_20151007194911

ボランティアガイドもここで申し込めるみたいなのでぜひ訪れたい施設です。

 

いざ八王子城へ!

さてガイダンス施設からしばらく歩くとようやく八王子城のふもとに到着です。

th_20151007194945

この道を左にいっても右にいっても別々の施設を見ることができます。

まずは左から行くことにε=ε=┌( ≧▽)┘ 

するとなんと八王子城のメインともいえるかもしれない曳橋が工事中で見れないらしいじゃないですか!(; T_T)

th_20151007194950

本来なら写真中央に見える石段のところに曳橋がかかっているはずなのに見事に重機しかありません。残念。

th_20151007195006

 

ひょっとして幽霊が出るかも・・・?

曳橋から進むと知ってる人は知っている「御主殿の滝」が見えてきました。

八王子城が攻めこまれた時に婦女子はこの滝に身投げしたり自刃したりして滝の水が真っ赤に染まったという話があるようですヽ(゚ロ゚; )

th_20151007195024

そういうなんだか怖い場所なので心霊スポットとしても有名だとか・・・

まぁ僕はそういう霊感はまったくなく写真を撮っても何も写りませんでしたけどね。

 

御主殿跡は原っぱでした

御主殿の滝の先は御主殿跡があります。

th_20151007195050 th_20151007195059

そして本来は曳橋を渡った先にある石段と門ですね。

th_20151007195111 th_20151007194740

一段がけっこう高いです。
これで左側の順路は制覇です。

th_20151007194945

次は右の順路をせめます。

 

そこは険しい山道だった・・・

うわぁ、なんだか険しそうな道が・・・ヾ(;゚□゚)ノ

th_20151007195142

途中で新道と旧道に別れます。

どちらを進んでも本丸跡までたどり着くことができますが、まずは新道を選びました。

th_20151007195156

新道は写真のように登りやすく段差がある程度整備されています。
でもかなり険しく、息がキレます・・・ 

六合目。

th_20151007195242

七合目レ(゚∀゚;)ヘ=З=З=З

th_20151007195241

やっと九合目ε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

th_20151007195351

そしていよいよ道が平坦になったかと思うと

th_20151007195444

 

絶景やー!!

th_20151007195451

この日は天気もよく最高の景色が広がっていました。
これまで辛かった道のりもこの景色を見たら疲れが吹き飛びました。

絶景の少し先は本丸跡があります。

th_20151007195339 th_20151007195445

木陰になっているので昼間でもこれだけ日陰があります。
涼しい! 

 

 

スポンサーリンク

下りのほうが大変だった

では下山です。
上りは新道で来たので帰りは旧道で帰ってみるかということで旧道を進みます。

th_20151007195514

 旧道のような階段はなく、細く険しい獣道が続きます・・・
こっちにするんじゃなかった・・・

途中で雑草が道にはみ出してきて足に触れるので長ズボンは必須ですね。
旧道を行くにしても新道を行くにしても最低でも運動靴は必要です。
ヒールでは絶対無理なので注意を!

これで八王子城は終了です。
帰りのバス停での道で「北条氏照の墓」を見つけたので行ってきました。

th_20151007201254 th_20151007195526

八王子城はあの素晴らしい景色をもう一度見にいきたいですね!

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。 ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。 サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。 クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。プロフィールはこちら