株価下落でセゾン投信はどうなった?影響額を紹介します




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

2018年2月は世界全体で株価が下落するという荒れた月です。

日経平均株価は1日で1,000円以上下落し、翌日には盛り返したものの、依然として不安定な相場が続いています。

この株価下落を受けて、僕が利用しているロボアドバイザーのウェルスナビの運用状況がどうなったか紹介しましたが、今回はセゾン投信への影響額をご紹介したいと思います。

ウェルスナビの影響額はこちらを御覧ください。

スポンサーリンク

株価下落によるセゾン投信への影響

セゾン投信で投資信託運用をスタートして約1年半になりますが、2018年2月1日の時点でのセゾン投信の評価額合計は3,822,516円約90万円のプラス運用という状態でした。

それが株式の急落を受けてこのような結果になりました。

Sezongerau

評価額合計は3,740,205円、損益は82万円なので、株価下落によってマイナス約8万円という運用実績です。

やはり予想した通りセゾン投信の運用にも影響が現れました。

僕がセゾン投信で運用しているのは「資産形成の達人ファンド」というアクティブファンドです。

投資信託の中でも比較的ハイリスク・ハイリターンの部類に入るファンドで、今回の株価下落によって若干ですが利益が目減りしています。

全体でみればまだまだプラス運用ですが、ここまで大幅な減益は僕がセゾンを利用し始めてからは初めてのことです。

追記:2月8日

2月8日には評価額合計3,652,571円、損益は73万円のプラスですが、昨日からさらにマイナス9万円です。

順調に目減りし続けていますね。

追記:2月9日

2月9日の評価額合計は3,642,637円、損益は72万円のプラスです。

昨日の評価額より若干下がっただけで済みました。

このあとどういう動きを見せるのでしょうか。

追記:2月10日

\

2月10日、評価額合計3,613,544円、損益は69万円のプラスです。

昨日に比べてマイナス3万円ですね。

ウェルスナビの実績は一旦下げ止まったように見えますが、セゾンはもう少し下落するんでしょうか。

追記:2月15日

2月15日、評価額合計3,571,147円、損益は65万円のプラスです。

総合的なプラスは維持しているものの、目減りしてます。

追記:2月18日

2月18日、評価額合計3,599,353円、損益は約68万円のプラスです。

ちょっとずつ盛り返してきてますね。いい感じです。

一方のウェルスナビの方ですが、日本円評価額は依然マイナスのままですが、ドル運用額はようやくプラスに転じました。

日本円がマイナスなのは為替差によるものなので、ウェルスナビでの運用額がプラスに戻るのも時間の問題な気がします。

追記:2月20日

2月20日、評価額合計3,629,332円、損益はプラス約70万円です。

だんだん回復してきました。

ただし2月1日にはプラス90万円の損益だったのでそれから見るとまだまだマイナスですね。

追記:4月29日

しばらく間が空きましたが、4月29日現在の評価額合計は3,811,413円、損益はプラス71万円です。

この2ヶ月の間に積み立てた額は12万円(6万円x2ヶ月)、評価額合計は前回から上昇していますが、損益で見るとほとんど動きがありません。

それだけ運用成績が微妙というわけですね。

徐々に回復してきている感じはありますが、今後もしばらく無視&放置が良さそうです。

無視&放置した結果

追記:8月30日

セゾン投信の運用実績

しばらく無視&放置していた結果、評価額合計が4,349,640円、評価損益は1,009,640円となりました。

コツコツ積立投資を継続していたので評価額合計は増えています(月6万積立を継続していた)。

利回りで見ると多少下がっていますが、いい感じに回復してくれています。

セゾン投信の運用実績はこちらのページで公開していますよ。

焦らず保持

確かに評価額は下がりましたが、売却する気などありません。このまま持ち続けます。

投資信託は基本的に長期運用が目的なので、今回のような評価額減少に一喜一憂することはありません。

長い運用期間の中で世界情勢は常に変化し続けます。

その影響を受けて評価額が動くのは当然のことで、市況に左右されることなく機械的に淡々と積立てることが最も大切です。

自動積立のメリットはそこにあるといえますね。

人間だれしも景気が良い時は強気に増額して投資し、状況が悪くなると買い控えしてしまいます。

人間の感情が入ってしまうと投資はうまくいかないと言われています。

セゾン投信だけでなく、いまやほとんどのネット証券/証券会社では自動積立の設定ができるはずなので、一度設定したらあとは何があっても動じない落ち着いた心で市況を見守るしかありません。

コツコツ自動積立ができるセゾン投信は、やっぱり個人的におすすめの投資信託です。

セゾン投信の特徴

  • 月々5,000円から積立可能
  • 約70%の人がコツコツ積立投資している
  • 約13万人が利用している

楽天証券ではマイナス運用

今は全額解約してしまった楽天証券での投資信託運用。

全て売却した結果、最終的に2%ちょっとのプラス運用となりました。

しかし楽天証券で運用している間でもマイナス運用になっていた時期が存在します。

その時は元本割れを起こしてマイナス20万円ほどまで含み損が膨らみましたが、動じること無く継続して積立投資を行い、最終的にプラスの結果で終わっています。

比較的リスクが低いといわれる投資信託でさえ一時的に元本割れを起こしているので、マイナス運用はあって当然の心構えで付き合っていきたいものです。

ピンチはチャンス

投資信託で評価額が下落しているということは、逆に考えると同じ金額を積み立てていても購入口数が増えることを意味しています。

一時的に見れば含み損が膨らむピンチに見えますが、考え方によっては安く仕込めるチャンスでもあります。

「下がったらむしろラッキー!」くらいにドンと構えたいですね。

スポンサーリンク

変わらぬ姿勢で投資継続

これから投資信託を始めようとしているあなた。

投資を続ける以上、今回のような下落は何度となく訪れます。

その度に慌てて売却して、相場が戻ってきたら買い戻して、なんて感情に振り回され続けていたらいつまで経っても儲けることはできません。

投資の基本『分散投資』を実践しつつ、仮にゼロになってしまっても生活に支障が出ない余剰資金で資産運用するように心がけましょう!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ250件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!