デジタルライトの画質レビュー。ビデオテープのDVDダビングは時代遅れ




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

デジタルライトでストリーミング再生できるようになったビデオデータの画質を紹介します。

結論から言うと【かなり満足レベル!】という答えなんですが、デジタルライトを検討する上で参考にしてみてください。

スポンサーリンク

デジタルライトの画質について

まず前提条件として、

  • 20年以上も昔のビデオテープ
  • 保存状態は普通
  • 今の自分たちは4Kや有機ELの綺麗なディスプレイを見慣れている

ということは覚えておいてください。

つまり、ハッキリ・クッキリした映像は期待できませんよ、ということです。

オンラインでストリーミング再生できるのはSD画質(720×480)まで。HD画質(1920×1080)にするにはBlue-rayディスク納品(1枚5,400円)が必要です。

デジタルライトは他社にはない独自の技術を駆使しているので、仕上がり品質がかなり高いとのこと。

詳しくはデジタルライトの「品質と比較」のページで紹介されているので御覧ください。

デジタルライトでダビングした画質の紹介

ではさっそく見ていきましょう。

ビデオのダビングはデータ保存がおすすめ。デジタルライトを使った感想」でおすすめしているように、ストリーミング再生が可能なオンライン納品を利用しました。

上のビデオは、実際に僕がデジタルライトで納品してもらったものをYouTubeにアップロードして紹介しているものです。

ビデオテープの懐かしい画質ですよね。しっかり再生できてることにちょっと感動です。

こんなビデオもあります。

どちらもSD画質ですが、鑑賞するには十分な画質だと思います。

テレビの大画面に映した場合、画面が引き伸ばされるため、SD画質は多少粗さが目立ってしまいます。

より綺麗なものを求めるのであればHD画質(Blue-ray納品)を選択するしかありません。

ダウンロードしたデータファイル

全てのビデオデータはダウンロード可能です。

1ファイルは約120分、データ容量は4GBです。

僕が処理をお願いしたビデオテープ(VHS)は160分だったので、ファイルが2つに分割されていました。

  1. 1_1.mp4(126分・3.99GB)
  2. 1_2.mp4(37分・1.73GB)
デジタルライトの納品

オンラインのままだと10年間視聴可能ですが、データでも手元に残しておきたい人はダウンロードしておくといいですね。

スマホから見た様子

デジタルライトで処理した動画はスマホからも視聴可能です。

スマホからデジタルライトを視聴する様子

写真に写っているのはiPhoneXの有機ELディスプレイですが、画質はビデオテープのままです(当然といえば当然)。

あまり大きく引き伸ばさなければ、人の顔もかなり鮮明に読み取ることができますよ。

スポンサーリンク

満足の画質でした

かなり昔のビデオテープでしたが、こうやって現代にキレイに蘇って視聴できるのは嬉しいことです。

古い画質のほうが想い出深い感じになり、懐かしさが増す気がします。

欲を言えば、今後オンライン納品のSD画質がHD画質に向上してくれればいいんですが、今後の改良に期待です!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ300件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!







1 個のコメント