データ復元におすすめ! Data Recovery Wizard for Macはお手軽ソフト【PR】

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。早起き・朝活情報の早起きのプロ。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

「あの時に完全削除したデータ、消すんじゃなかったー!!」

と頭を抱えることってありませんか?

消した時は何とも思ってないんですが、後々大切なデータだったと気付くこと、よくあります。個人的にも。

そういうピンチを救ってくれるためにリカバリーソフトが存在しているわけですが、今回は EaseUS(イーザス)社が開発した “Data Recovery Wizard for Mac” をご提供いただきましたので使い心地をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

Data Recovery Wizard for Mac

Ease1

Data Recovery Wizard for Macはその名の通り紛失したデータの復旧ができるソフトのこと。

誤ってゴミ箱から完全削除してしまったデータはもちろんのこと、フォーマットしてしまったドライブ(恐ろしいことですが・・・)や、突然の停電により紛失してしまったデータの復元など、あらゆる場面で使うことができます。

 

無料版と有料版

Data Recovery Wizard for Macは有料ソフトですが、フリー版も用意されているのでまずはお試しで使ってみるといいですね。

無料版と有料版の違いはざっくりいうと復元できるファイル容量に制限があることです。

無料版は2GBまで復元可能なのに対し、有料版は無制限です。

有料版はそれ意外にもアップグレード機能やサポート機能を使えるなど特典があります。

Ease2

Data Recovery Wizard for Macの使い方

それではさっそくインストールしてみます。

まずはこちらから無料版をインストールします。

難しい操作は必要なくインストールできます。

ソフトを起動するとこのような画面が立ち上がりました。

Ease3

ここでは復元するファイルの種類を選択できます。

最初から全てにチェックが入っているので特別な事情がない限りはこのままで大丈夫です。

左上の “Next” をクリックすると次の画面へ移動します。

Ease4

自分のPCにあるドライブ類の一覧です。

スキャン

ここで “Scan” をクリックすると全てのドライブを対象にして復旧可能なファイルスキャンが開始されます。

Ease5

↑スキャン中の画面。

2分ほどで結果が表示されました。

Ease7

これはゴミ箱の検索結果が表示されたものなんですが、よくよく調べてみると完全削除したデータではなくスキャン時にゴミ箱の中に残っているデータが表示されているだけということが判明。

うん、これじゃあデータ復旧とはいえません。

自分でゴミ箱から出せばいいだけですもんね。

ディープスキャン

おかしいなと思っていてよく調べてみると “Scan” の隣に Deep Scan というボタンが現れてるじゃないですか!

Ease8

これをクリックするとより古いデータも検索できるわけですな。

ポチッとな。

Ease9

ファイル数:863,616
所要時間:1時間12分

やっちまった・・・

そうか、全ファイルが対象だと数が膨大になるよね、そりゃそうだ。

Deep Scanする時は最初の設定画面で対象ファイルの種類を減らしておくことをおすすめします。

Ease10

まぁ当然のことですが、Deep Scan中はCPU使用率が跳ね上がります。

僕のメインPCはMacbook Pro 2013のメモリ16GBでそれなりの性能がある方ですが、Deep Scan中はPC本体が暖かくなりました。

さすがにファンは回りませんでしたが、他の作業は控えたほうが良さそうです。

さっきはスキャン時間が1時間越えとなってましたが、実際には全体で30分くらいでした。

Ease11

最初のスキャンとは違い、今回はちゃんと昔のデータまで読み込めています。

約1年前に削除したデータもちゃんと拾ってきてますね。正直何のファイルだったかなんて全く覚えてないんですが・・・。

でもこれらのデータ、よく調べてみると自分が削除したデータだけじゃなくてPC本体に残っているデータも全てスキャンしているようです。

上の画像でサンプルとして紹介している.rawのデータもしっかりSSDに残ってました。

だからスキャン時間があれだけかかったのかな。

データ復旧には有料ライセンスが必要

試しにデータを1つ復元させてみようとしたところ次のような警告が出ました。

Ease10

要約すると「無料版はプレビューだけできます。データを復旧させるにはライセンス登録が必要です」とのこと。

あれ、たしか製品サイトには無料版でもデータ復元できるって書いてたはずなんだけど・・・

Ease11

仕様が変わったんでしょうか、とにかくこれ以上先に進めなくなりました。

というわけでライセンスを取得して実際にデータを復元してみることにします。

データを復元させる(要有料ライセンス)

ライセンス登録を済ませ、さっそく使ってみましょう。

今回はわかりやすい例としてこちらのサンプル動画(sample.mp4)で検証してみます。

Ease12

63.8MBある動画ファイルです。ゴミ箱に入れてあるのでこれを完全削除してスキャンしてみることにします。

スキャン時間短縮のため対象ファイルを動画のみに設定します。

Ease13

んでスキャン開始。

すると完全削除したはずのゴミ箱から先程のサンプル動画が検出されました!

Ease14

なぜか「IMG_8835」という画像ファイルまで検出されてます。対象を動画だけにしたのになぜ?

まぁ細かい疑問は置いておき、肝心の復元です。

もとに戻したいデータにチェックを入れ、リカバリーボタンをクリックすると・・・

Seae16

あっという間に復元完了です。

この時に保存先も選択できるので任意の場所に復元できます。

Ease17

はい、こんな感じで無事データが戻ってきました。

簡単すぎて拍子抜けするくらいあっという間の出来事でした。

スポンサーリンク

まとめ

何かの手違いでデータを完全削除してしまうことってあると思います。

僕のように頻繁にPCに触れる人にとっても嬉しいですし、他にも会社などでも大切なデータを誤って削除してしまった時にも誰でもお手軽に使えます。

そんな時に1つあると重宝するソフトだと感じました。

Data Recovery Wizard for Macのいいところ

面倒な作業は必要なく、直感的にポンポンと操作できるのは使いやすさのポイント。

対象データをしっかり絞って検索すればスキャンにかかる時間の短縮もでき、効率的に作業できますね。

Data Recovery Wizard for Macの残念なところ

要望を付け加えるとすると、スキャンして表示されるデータを削除した日ごとに並び替えができるようになると便利だと思います。

例えば今回のサンプル動画を例にとると、

Ease18

画像のようにデータの作成日のみ表示されています。

今回のサンプル動画は2014年作成の古いデータなんですが、検証のために削除したのは2017年8月です。

スキャン対象のデータが少ない場合はファイル名だけでお目当てのデータに辿り着くのは簡単ですが、オプションとして削除日で並び替えが出来るようになると利便性が向上するんじゃないかと感じます。

あと無料版でデータ復旧が出来ないのであればちゃんとそこは正しく紹介しておかないとトラブルに繋がるかも?と感じます。

Macデータ復元ソフトをお探しの方、ぜひご検討下さい。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

サービス開始からすでに170件以上のオーダーをいただいており、個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界からもご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でも真似すればサインを書くことができます。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!