クラウドリースの評判はどうだ?運用実績とともに紹介するよ!




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

クラウドリースはご存知maneoファミリーの一員のソーシャルレンディング業者です。

そういう意味でクラウドリースそのものに対する信頼感はある程度ありますが、取り扱う案件にちょっとクセがあります。

しかし一方で業界でもトップクラスの高い利回りが期待できることでも知られているので、投資金額をいくらに設定するか悩むところでもあります。

今回はそんなクラウドリースの評判と、僕が今まで実際に運用して得られた配当金を含めた運用実績を紹介していきますよ。

なお、最新の配当実績やこれまでの毀損額、毀損の恐れの額などを含めた情報はこちらのnoteで公開しています。

常に最新の情報を受け取れるので、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク

クラウドリースの特徴

Cl3

クラウドリースの営業開始は2015年10月。

この頃の時期は他の新興ソーシャルレンディング業者がどんどん世に出てきていた時で、クラウドリースもその波に乗ってサービスを開始しています。

営業が始まってから2年ちょっとで成立ローン総額は72億円を越え、このペースでいけば2018年中には100億円に到達することはほぼ確実です。

maneoファミリーには他にもアップルバンクやキャッシュフローファイナンス、さくらソーシャルレンディングのように、クラウドリースよりも後発の新興ソーシャルレンディング業者はたくさんありますが、それらと比べても早いスピードで資金調達に成功しています。

クラウドリースの案件

クラウドリースで案件を検索すると『衛生用品販売』や『不動産賃貸業者』『アミューズメント』関連への投資案件が目立ちます。

このうち『アミューズメント』というのはパチンコのことを指します。

パチンコ台の入れ替えやキャンペーンで資金が必要な事業者への貸付ですが、ひょっとすると人によってはそんなところに投資して大丈夫なのか?と心配になる人もいるかもしれません。

そもそもパチンコと聞くとあまりいい印象を持たない人がほとんどかもしれませんね。

パチンコ自体は一部の層から絶大な人気と支持を集めていますが、出玉規制であったり業界縮小の動きを見た時、今後もずっとパチンコ事業が安泰という保証はどこにもありません。

クラウドリースが取り扱うパチンコ関連の案件は基本的に担保、保証の両方が設定されていることがほとんどのため安心感はありますが、とはいっても不安が残ってしまう人もいるかもしれません。

パチンコが今すぐどうにかなるという危機的状況でもないのである程度は大丈夫だと思いますが、時代の流れを見つつ、パチンコ案件だけに絞って投資はしないほうがいいと考えています。

クラウドリースの利回り

クラウドリースで取り扱う案件は非常に高い利回りなことで知られています。

最低でも10%、高いものは12%を越える案件もあり、maneoファミリーの中ではグリーンインフラレンディングに匹敵するほどの好条件です。

運用期間は12ヶ月未満のものがほとんどなのでリスクも低く抑えられています。

しっかりと案件の内容を精査し、短期で資金運用していくスタイルが求められます。

クラウドリースの評判

maneoファミリーの一員ということで一定の信頼感を置けるクラウドリース。

営業開始から2年以上が経過していますが、もちろん今までにデフォルトは発生していませんし、現在運用中のファンドも正常に毎月の配当金が出ています。

あとはどうしても風当たりの強いパチンコ業界への投資をどう捉えるか、これだけが問題ですね。

世間的にパチンコに対する評価と競技人口は減少の一途をたどっています。

駅前一等地のパチンコ屋はお客に困ることもなく活気もありますが、ちょっと郊外に出るとお客もガラガラで閑古鳥が鳴いている店舗もあります。

ほら、田舎の道を車で走っていると廃業してボロボロになったパチンコ店がひっそりとたたずんでいる光景って見たことありませんか?

僕の中のパチンコ屋ってどうしてもあのイメージが強く残っています。

パチンコ業界は逆風の中でも利益を出しているところはしっかり営業しているんでしょうが、感覚というか雰囲気というか、個人的にはそれほど積極的に投資はしないでおこうと思っています。

もちろんパチンコ関連の案件は高い利回りが魅力でもあるので気になりますが、ポートフォリオに組み込む割合は一部に留めておこうというのが個人的感想です。

クラウドリースでの運用実績

そんなクラウドリースですが、2018年1月現在で110万円の資金を運用しています。

この中には一部パチンコ関連の案件も含まれていますが、大部分は不動産賃貸業の取り扱いです。

1月の配当金は4,554円でした。

Cl1

つい最近60万円の増資をし、1月末から運用開始予定です。

Cl2

Fundsでリスク分散

2019年1月から稼働する「Funds(ファンズ)」。

ソーシャルレンディグに非常に近い形態ですが、投資家のリスクを限りなく小さくすることに注力している注目の会社です。

  • Funds(投資家)から上場企業(ファンド組織企業)に貸し付け、そこから子会社に貸し付け、その先の最終的な借り主に貸すため、返済リスクをワンクッション軽減した
  • 1円から投資可能
  • 毎月分配
  • その分利回りは低め(1.5%〜6.0%前後)

通常のソーシャルレンディングとは違い、ファンド組織と借り主の間に子会社が入ることでリスクが軽減されています。

仮に返済困難に、上場企業は自社の株価を下げたくないため、それが抑止力になるというわけ。

利回りは低めでも、僕のように返済不能ファンドを経験した人間からすると、リスクが低いというのはかなり魅力です。

無料登録して口座さえ持っておけばリスク分散の投資も検討できるので、サクッと開設しておきましょう。

スポンサーリンク

自分で判断して賢い資産運用をしましょう!

今回のパチンコ事業に対する考え方はあくまでも僕個人の意見にすぎません。

まだまだパチンコは伸びる!安泰だ!と考える人もいれば僕と同じような気持ちを持つ人もいるでしょう。

ソーシャルレンディングに限らず投資は全て自己責任で行いましょう。

色々な情報を集めることは大切ですが、最終的には自分の判断で進める必要があります。

クラウドリースで賢い資産運用をしていきましょう!

なお、最新の配当実績やこれまでの毀損額、毀損の恐れの額などを含めた情報はこちらのnoteで公開しています。

常に最新の情報を受け取れるので、ぜひご活用ください。

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインを、これまで2,000個以上の作成実績のあるゆーすけが作成します。あなたのサイン、意外と見られていますよ?

ご署名ネットの4コママンガ