ブログのカテゴリーの分け方はこれで決まり!具体的な方法とは?




The following two tabs change content below.

ゆーすけ(守屋祐輔)

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、パラレルブロガーのゆーすけ()です。

このムクッといこうブログには現在約650本の記事があり、日々ちゃくちゃくと資産構築しているわけですが、問題点がありました。

それは記事の『カテゴリー分け』をどうするか、ということ。

適切なカテゴリー分けをすればどこに何の記事があるか一目でわかるようになり、読者の方にとってわかりやすくなるだけでなく、Googleクローラーも巡回しやすいブログになります。

試行錯誤した結果、2018年1月現在の僕なりのカテゴリーの分け方に辿り着きまし た。

今回はその考え方や具体的な方法を紹介します。

僕と同じように雑記ブログ(テーマを絞らず、様々な話題を取り扱うブログ)を運営している人は割合的に多いと感じていて、それであれば同じようにカテゴリーの分け方に頭を悩ましている人も多いはず。

参考になれば幸いです( ワードプレスを使っている人が対象の方法ですが、考え方の面では参考になるはず)

スポンサーリンク

カテゴリーの移り変わり

まず結論から言うと、今まで10の大カテゴリーと70の小カテゴリーで非常にごちゃごちゃしていたこのブログを改善し、5の大カテゴリーと21の小カテゴリーまでまとめました。

スマホからこの記事をご覧になっている方は一番下まで画面をスクロールして見てください。

PCからこの記事をご覧になっている方はサイドバーを見てください。

かなりすっきりしたカテゴリー分けになっていることがわかると思います。

ブログのカテゴリーの分け方、考え方

ブログのカテゴリー分けに正解はありませんが、今までゴチャゴチャしていた僕のカテゴリーをここまでスッキリさせることができた方法を紹介します。

実際にカテゴリーを変更する作業の前段階として、何のカテゴリーをどういう構成で作りあげるか考えておく必要があります。

この作業を怠り、いきあたりばったりでカテゴリーを決めても後で必ずやり直しが発 生してしまい、時間と労力が無駄になってしまうからです。

準備するもの

カテゴリーの見直しをするにあたり、次のものを用意します。

  • 表計算ソフト(エクセル、スプレッドシート、Numbers、OpenOfficeなど)
  • ワードプレスプラグイン『Batch Cat』

記事タイトルをズラッと並べて検討したほうが圧倒的に効率的なため、表計算ソフトを使用します。

最低でもソート機能が使えればソフトは何でも大丈夫です。

さらに、既存記事のタイトルを一気に抽出するために『Batch Cat』というプラグインを使います。

Batch Catは複数の記事のカテゴリーを一気にまとめて変更することができる便利な機能があり、今回のカテゴリー分け作業の仕上げに使うプラグインなんですが、タイトル抽出にも使えます。 

実はこのプラグイン、最終更新が2010年頃のままになっている古いプラグインなんです。

でも2018年1月現在、最新版のワードプレスでもちゃんと動作確認が取れているので大丈夫かと・・・。

全ての記事タイトルを抜き出す

Batch Catをインストール後、ワードプレス管理画面の『ツール』からBatch Catを選択すると記事一覧がずらりと並んでいるので、これをコピペすれば一気にタイトルを抽出できます。表示件数は設定から変更できます。

Bcat1

表計算ソフトに貼り付け、ソートしやすいようにお好みでレイアウトを変更しておいてください。

下の参考画像のようにカテゴリーをリスト表示させておくと作業しやすいです。

Sort

大カテゴリーを5つか6つ決める

雑記ブログといえど、今まで投稿してきた記事をざっくり分類することはできるはず。

まずはそれらを5つか6つの大カテゴリーに分類しました。

僕の場合は『稼ぐ』『食べる』『遊ぶ』『暮らす』『学ぶ』の5つです。

これよりカテゴリーが多いと読者さんも迷いますし、分類する自分自身も迷ってしまいます。

逆に数が少なすぎても分類が大変になるので、いい感じの数に設定しておきましょう。

大カテゴリーの中で小カテゴリーに分ける

一番時間がかかるのが小カテゴリーです。 

大カテゴリーでおおまかに分類した記事をもう少し小さく分類し、読者さんが最低限迷わないようにします。

小カテゴリーを決める時のコツはざっくりまとめること

例えば僕はApple製品が好きなので小カテゴリーで独立させようかとも思いましたが、ここは思い切りが大切だと考えて『 PCスマホ』という小カテゴリーに全て入れることにしました。

ここにはMacbookやiPhone、おすすめアプリや周辺機器などの記事が全て入っています。

他にも『ブログ』 という小カテゴリーにはPV報告やおすすめプラグイン、ブログ関連のイベントなんかも一緒にまとめました。

『食べる』という大カテゴリーも分類が難しいジャンルですが、コーヒーやスイーツ、 カフェ好きの僕はそれらを小カテゴリーで分け、それ以外のラーメンや肉、焼き鳥、ハンバーグなどは全てまとめて『飲食』の小カテゴリーに入れました。

Batch Catでカテゴリーを変更する

大カテゴリーと小カテゴリーの分類が決まればBatch Catを使って実際に記事のカテゴリーを変更していきましょう。

Batch Catは使い方にちょっとクセがあるので、こちらの記事を参考にしてください。

これで全ての作業が完了です。

ご参考までに、約550記事のカテゴリー分けを考えるのに約3時間、Batch Catを使った実際の作業で約2時間かかりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の作業のおかげで似たようなカテゴリーを統合したり思い切ってバッサリ削除したり、とにかくスッキリした構造になりました。

今後記事を書く時はむやみにカテゴリーは増やさず、既存の中で分類しようと考えています。

あとは様子を見つつ微調整していけばなんとかなるでしょう。

カテゴリー分けで悩んでいるあなた!ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク


スタイリッシュなサイン、作ります!



世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に対応。

個人はもちろん、歌手、アイドル、俳優、プロスポーツ、経営層、出版、芸術など多種多様な業界から延べ400件以上オーダーをいただき、ご好評いただいています。

納品時には書き方のコツ資料、動画、サイン練習帳もお送りするので誰でもサインを書けるようになります。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!







ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなす複業サラリーマン。時間を管理し、多様な働き方を取り入れるライフスタイルを提唱中。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム