自分がApple信者ではないと言い続けるのがそろそろ限界な件

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

ゆーすけ

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Apple


—–《Apple信者》—–

読み:あっぷる・しんじゃ
意味:アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社をおくApple Inc.が製造・販売する製品をこよなく愛する狂気の集団の総称。
新製品が発売されるとなると販売店の前に数週間前から座り込みを始め、自分が誰よりも先にApple製品を手にしたい欲求と戦っている。スタバで高確率で遭遇することができる。口癖は「乗るしかない このビッグウェーブに」。
類語:ドヤラー
—–《Apple信者》—–

僕はApple製品が好きです。
使いやすさが一番の理由ですが、洗練されたスタイリッシュな見た目やブランド力も理由の1つ。
学生の頃に初めて触れたMacは左クリックすら出来ないしょぼいPCとしか思っていませんでしたが、今やUSキーボードじゃないと駄目だ!というまでにハマっている始末。

かねてから自分はApple信者ではないと言い続けてきましたが、部屋の掃除をしていると自分はやっぱり信者なのだろうかと自問自答してしまう事実が判明してしまったのです。

スポンサーリンク

山積みのAppleボックスたち

まずはこちらの写真を御覧ください。

Appleproducts

おわかりいただけただろうか、おびただしい数のApple製品の数々を・・・

そうなんです、自分が所有している(していた)Apple製品の箱を見つけたので興味本位で全て出して並べてみるとかなりの数があることがわかってしまったのです。

この積み上げられたAppleボックスの山を見て僕は思ったのです、やっぱり自分はApple信者なのだろか、と。

Appleproducts2

不思議とこの光景を見ると自然に笑顔になる自分がいます。
この時に気付くわけです、あぁやっぱり自分はおかしくなってるな、と。

 

Apple製品の紹介

ではここからは僕が所有するApple製品のご紹介です!
張り切っていきますよ!

iPhone4

2010年6月に販売されたiPhone4。

Iphone4

実はiPhone4が僕が初めて自分で購入したApple製品だったのです。
一つ前のiPhone3Gはタッチディスプレイなんて使いづらいに決まってる!と頭ごなしに否定していたことを今でも覚えています。
iPhone4が僕にとっての初Apple製品であると同時に初スマホでもありました。
iPhone4にしたのはなんとなくかっこいいから。
この時から本能的にAppleが持つ独自のセンスに惹かれ始めていたのでしょう。
iPhone4は起動することはなくなりましたが、電源を入れれば音楽プレイヤーとしての使いみちがあります。 

iPhone5

次に購入したのはiPhone5。

Iphone5

2012年9月に発売されたiPhone5のブラックです。
iPhone5から現在のLightningケーブルが採用され、今までの充電ケーブルは一掃されることになりました。
余談ですが、近年のAppleはUSB-Cを積極的に採用していますね。
Lightningや一般的なUSB規格も時代遅れになる時代が来るんでしょうね。
このiPhone5には長い間お世話になっていましたが、自分でカメラレンズ交換をしたところ起動しなくなってしまいました・・・

Bunkai

バッテリー交換はうまくできたから大丈夫だと思ったのに失敗でした。 

iPhone6

お次はiPhone6のゴールド。

Gold

iPhone6は2014年9月に販売となりました。
従来のiPhoneと比べて薄く大きくなりましたね。
カラーバリエーションも増え、僕が購入したのはゴールドカラーでした。
お気に入りで使っていたのですが、なんと青森旅行中にバスの中で紛失してしまうという大失態をおかしてしまいます。
旅行はなんだかんだで思い出に残るものになりましたが残念なのはiPhone6です。買ってから2、3ヶ月しか経ってない状態だったのですが・・・
旅行から帰ってきて新しく2台目で購入したのは同じiPhone6のシルバーでした。

Silver

IIJmioのSIMカードを使っているのでヤフオクでドコモiPhoneを落札して使っています。
2016年12月現在、現役で使っているiPhoneはこちらのiPhone6です。

Macbook Pro 2013 13inch

前職のGoogle勤務時代に支給されたMacbook Airのあまりの使いやすさに感動してプライベートでも買ってしまったのがこちらのMacbook Pro 2013です。

Mbp

SSDこそ256GBですがメモリは16GB積んでいるので動画編集も楽々こなしてくれます。
これに保護ケースを付けて使っているので全体の重量は1.8kgほどになります。さすがに持ち運ぶとなると重い・・・
今では家の中専用でお世話になっているPCです。

Macbook Air  2012 11inch

本格的にブログに没頭するようになり、さすがにいつまでもMacbook Proを持ち運ぶのは辛いと感じ始め、モバイル用として購入したのがMacbook Airです。

Mba

買った当初はブログ更新がメインでした。
今でもブログ用で大活躍してくれるPCですが、最近はそれに加えてご署名ネットのサイト作りでも役に立ってくれます。
軽い作業が中心になるだろうと考えていたのでSSDは128GB, メモリはわずか4GBしかありませんがキビキビ動いてくれます。
本当はMacbook 12インチと悩んだのですが結局USB-CがネックになってAirを購入しました。
家で使うMacbook Proと同じアプリをインストールして設定も同じにしているため、家でも外でも同じ環境で作業することができます。

iPad Pro 9.7inch

ご署名ネットの活動を始めたことに伴って購入したのがiPad Pro 9.7inchです。

Pro

どうして普通のiPadやiPad Airじゃないのかというと、業界最高峰の性能と使いやすさを誇る Apple Pencilが使える対応機種は2016年12月現在でこの iPad Proしかないからです。

Apple Pencil

iPad Proと一緒に購入したのがこちらのApple Pencilです。

Pen

スタイラスペンってご存知でしょうか。
スマホやタブレットを操作するためのペンのことで、指でタップするよりも細かい動きができるのでゲームやペイントで役に立ちます。
ところが現在販売されているスタイラスペンのほとんどがゴミ同然の機能しかなく、ペン先が太すぎて狙った箇所からポインターがズレてしまったり書いたと思っても反応しておらずイライラしてしまうものばかり。
そのくせ安いもので1本1000円くらい、高いものだと4000円〜5000円もします。

ところがAppleが販売しているApple Pencilはどうでしょう、まるで本物のペンで書いているかのような反応の良さと書き心地を見事なまでに実現しているのです!

このApple Pencilのお値段は中古で1万円弱です。
一般的なスタイラスペンと比べると確かに高いかもしれませんが、ゴミのようなスタイラスペンを何本も買って無駄遣いするよりも確かな機能のApple Pencil1本を買ったほうが断然お得だと思いませんか?
唯一欠点をあげるとするとiPad Proでしか使えないこと。
iPhoneやiPad Air, AndroidスマホなどではApple Pencilは使えないんです。
Androidに対応することはないでしょうが、iPhoneやiPad Airであれば今後のOSアップデートで改良される可能性もありますね。 

AirPods

そして最近購入したApple製品がこちらのAirPods。

Pods

Appleが当初の予定を4ヶ月ほど送らせて販売し始めた完全ワイヤレスイヤホンです。
個人的レビューとして「買ってはいけない」と結論を出していますが、僕が紹介した欠点を欠点だと思わない人はぜひ購入をオススメします。

何より完全ワイヤレスというのはみなさんが想像している以上の快適さがあります。まじで想像以上ですよ? 

 

Appleにこだわる理由

ここまで来ると自分でも疑問を感じ始めます。

なんでこんなに自分の周りはAppleだらけなのか?

勘違いのないように言っておきますが、僕は一応Windows PCも所有しています。
今の会社で使うPCもWindowsですし、Windowsくそったれなんてこれっぽっちも思っていません。
どうしてここまで自分がApple製品に魅了されるのかを紐解いてみるとどうやら直接的なきっかけはiPhone4Macbook Pro、そして間接的なきっかけはGoogleにあるように思います。

きっかけ1 〜iPhone4〜
先程説明したようにiPhone4は僕が初めて購入したApple製品でした。購入した理由は単純に「かっこいいから」。
そうなんです、僕はApple製品に対してかっこいいという感情を持っていたわけなんです。
こればっかりは個人の感性や価値観が影響するところですね。それまでApple製品に対しては左クリックの出来ないしょっぼいPCの販売会社としか印象がなかったところ、一転してかっこいいという評価に変化しています。
よく考えてみるとiPhone4が販売された2010年は僕が転勤で上京してきた翌年なんです。愛媛の田舎風しか浴びてこなかった僕が東京生活に影響を受けて感性が成長したんでしょうか、前向きに捉えることにします。

きっかけ2 〜Macbook Pro 2013〜
きっかけの2つ目となるMacbook Pro、この購入に至った理由はGoogle勤務時代に支給されたMacbook Airがあまりにも使いやすくてプライベートでも欲しい!と思ったからなんです。
Googleは御存知の通りAndroid OSを製作していますが、社内で使うPCの9割以上がMac PCであることはあまり知られていないはず。
クリエイティブ系の会社の多くではすでにMacが導入されていることが多く、Googleをはじめとするトップ企業もWindowsからMacへの移行がだんだん行われています。

おもしろいことにWindowsと蜜月の関係にあるIBMの発表によると「Macを導入したほうがWindowsよりも安くつく」と結論づけ、Macの導入事例がどんどん増えているんだとか。

Debate over: IBM confirms that Macs are $535 less expensive than PCs | Jamf

Macbook Airを使った時に感じた感想は「使いやすい、軽い、かっこいい」でした。
直感的に理解できるメニューはすばらしく、タイピングのしやすさやトラックパッドの使いやすさに完全に魅了されてしまいました。
さらにモバイル性の高さも特筆のポイントですね。

きっかけ3 〜Google〜
そして間接的なきっかけになるのはGoogleです。

Google

資料を作成するときに使うソフトの代表というとMicrosoftのワード、エクセル、パワーポイントなどのOfficeツールが世界の主流ですね。
Googleは少しでもMicrosoftの牙城を崩すべくオリジナルツールを作成しています。それがドキュメント(=ワード)スプレッドシート(=エクセル)スライド(=パワーポイント)と呼ばれる無料ソフトです。Officeに非常によく似たソフトですが機能面では残念ながらいま一歩及んでないところがあります。

Googleツールの最大の特徴はこちら。

 ・誰でも無料で使える
 ・複数人で同時に編集可能。変更が即時反映される。
 ・オンラインでの使用が前提だがオフラインでも使える
 ・ Office⇔Googleツールへのファイル変換が可能

詳しい使い方などはこちらを参考にしてください。
僕がOfficeよりもGoogleドキュメントを使っている3つのシーン | ミライFAN

僕がきっかけ3でいいたいのはGoogleツールすげー!というものではなく、使うツールは揃えたほうが効率が上がるということです。
Google社内では当然ながらGoogleツールを使って資料を作ったりプレゼンをします。全員が同じ作業環境下にあるので共有したい資料もあっという間に相手に送ることができ、世界のどこにいてもGoogleハングアウトでビデオ会議やチャットができます。 
これが本当に便利でした。全員のツールが同じなので別に編集ソフトを用意したりスカイプやチャットソフトをインストールする必要もありません。生産性と効率性が高い作業環境を作り出すことができるんですね。 

そこで僕もどうせそろえるならAppleに統一したほうが効率的だろうという結論に至ったわけです。事実、AppleではiCloudアカウントの共有によるキーチェーンの採用やAirDropによるデータのやり取りに対応しているためデバイスが違っても効率的に作業できるんですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

こうやってまとめると自分でも頭の中がスッキリした気がします。
自分はやっぱりApple信者ではないにしろ、Appleファンであることは間違いありません。
そうですよね、信者というと何がなんでもApple製品じゃないとダメだ!Apple最高!Apple様!という人たちのことで、僕のようなタイプは該当しないはず。

Appleウォッチなんて欲しいとも思ったことないですし、Apple TVなんてあったっけ?というレベル。うん、信者じゃない。
将来的にApple Carなんてものが販売されても僕が振り向くことはありません。なぜなら僕にはすでにレトロな愛車がいるから・・・

でもこれからどんなApple製品が出てくるのかは興味がありますね。
ジョブズ亡き今、今後のAppleに期待です。 

ゆーすけさん
iMacが欲しいけどさすがに場所がないし引っ越しが大変そうだよな

スポンサーリンク

スタイリッシュなサイン、作ります!

世界に1つだけのあなたのオリジナルサインをゆーすけが作成します。

ローマ字、日本語、カタカナ、芸能人のようなサインまで多種多様な用途に応じて作ります。

サインは1件3000円。納品時には書き方のコツ資料、書き順動画、サイン練習帳もお送りします。

クレジットカードや書類にビシッとかっこいいサインが書けたら素敵ですね!

ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。プロフィールはこちら。運営サイト:サインを作るならご署名ネット。クラシックミニ専門サイトの32miniドットコム