好きなことで、生きていく?

      2016/10/06

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

Th aaa

 

YouTuberという方がいます。

動画を投稿して広告収入で稼ぐ人たちのことですね。

キャッチフレーズは「好きなことで、生きていく」

 

言葉だけ聞くと自分の好きなことを仕事にしてそれだけやって生きていけばいいんだから楽しそうだよなぁと思ってしまいそうですが、現実はそんなに甘くないことはみんな理解しています。

 

好きなことはあくまで趣味で楽しむ程度にし、生きていくためには別のことを武器にするしかない、そう考えています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

生きていくとは?

ここでいう生きていくこととはどういうことか?

 

生活するには当然お金が必要です。

贅沢を考えなければ月々わずかな額で生活していくことも可能です。

 

 中には東京暮らしで年収90万で生活する人もいます。

 

 この本、初めて読んだ時は衝撃的でした。

こういう人生観もあるんだなと素直に感心しました。

 

 

それは別として、生きていくためにはとにもかくにもお金が必要。

好きなことで生きようと考えた時、ほとんどの人は「じゃあそれをどうやってマネタイズしようか」と考えるわけですが、この時点で考え方が間違っています。

 

 

お金儲けのためではない

トップ YouTuber の HIKAKINさんを例にしてみましょう。

彼のもともとの YouTuberとしてのスタートは得意なボイスパーカッションの動画をアップし始めた頃から。

それが注目され、日本だけでなく世界からも話題を集めることになりますが、実は当時は広告収入の制度はありませんでした。(YouTuberという言葉もなかった)

 

YouTubeから収益が発生する仕組みは、動画閲覧中に表示される広告がクリックされる、もしくは一定以上の時間表示されることによる収入です。

 

しかしHIKAKINさんが動画配信を始めた頃、この制度はなかった。

つまりHIKAKINさんはお金儲けのためでなく、単純に情報発信のために動画をアップし始めたということです。

 

少しでも多くの人に情報を伝えたい、知ってほしい、そのことが好きだったから動画配信を始めたわけで、収入ありきでスタートしたわけではありません。

 

つまり好きなことで生きていくため、それをどうやってマネタイズしようかと考えている時点でズレてるわけですね。

 

好きなことはあくまで趣味の範囲にとどめ、好きな時に好きなタイミングで楽しめばいいのであり、生きていくための手段にすべきではないと考えます。

 

マネタイズする

もっと言うと、マネタイズをしようと思うと才能が必要になります。

好きなことが必ずしも得意なこととは限らないからこそ、好きなことで生きていくのは難しいと考えています。

 

例えば僕は写真が好きで、自転車が好きで、コーヒーが好きです。

写真が好きだからそれを売ってお金を儲けようとか、自転車レースで稼ごうとか、自家製コーヒーを売ろうとかしても成功するわけがありません。

これらはあくまでも趣味で、僕はその道のプロじゃないからです。

 

お金を儲けようと思うのであれば、自分の強みや才能を活かし、能力を発揮できる分野を見つける必要があります。

 

 

ストレングスファインダー

自分の強みや才能は何だろうか。

それを知るための便利なツールがストレングスファインダーです。

 

アメリカのギャラップ社が、「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールのこと。

Web上で177個の質問に答えることで自分の強みを知ることができるというツールです。

 

書店では「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」というタイトルで書籍が販売されていて、その中にストレングスファインダーへのアクセスIDが同梱されています。

 

スポンサーリンク

記事がおもしろかった、参考になったなどありましたらシェアをよろしくお願いします。

わたくし、泣いて喜びます。

 - 考える