青春18きっぷで旅にでます!

      2016/09/18

こんにちは、人生の旅人ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

突然ですが、私来週に旅に出ます。

4月から新しい仕事が始まるわけなのですが、時間がある今のうちに旅を満喫しようというわけなのです。

それも青春18きっぷを使って!

 

 

みなさんも一度は聞いたことがあるであろう青春18きっぷ。

もちろん大人だって使えるんですよ。

今回は青春18きっぷの紹介と、ざっと旅行計画についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

青春18きっぷについて

まずこの紛らわしいネーミング。

使ったことがない人からすると「18歳までしか使えないんじゃないの?」と勘違いしてしまいそうです。

もちろんそんな制限はありません。誰でも使うことができます。

実はこの青春18きっぷ、販売開始は1982年のことなのです。

当時は青春18のびのびきっぷという名称で売られていましたが、翌1983年に現在の青春18きっぷに改名されました。

この名前をつけた方によると、青少年、少年をイメージする「青春」と、その象徴的な年齢と末広がりの8にも通じる「18」を組み合わせたようです。

 

学生の春休み、夏休み、冬休みの大型連休の期間にあわせて使える電車切符で、今でも使用期間は同じです。

そうです、青春18きっぷは使用できる期間が限定されているんですよ。

 

切符を買う場所と使える時期はいつ?

青春18きっぷはJR駅の窓口、もしくは自動発券機で買うことができます。

自動発券機で購入する場合は「おとくなきっぷ」の項目から買えます。

窓口に並ぶ必要もないのでお手軽ですね。

価格は11,850円で、5回分の乗車券です。

切符の販売時期と使える時期は限定されていますのでよく確認しましょう。
2016年の予定は次のとおりです。

2016年春季

・発売期間 2月20日から3月31日
・利用期間 3月1日から4月10日

2016年夏季

・発売期間 7月1日から8月31日
・利用期間 7月20日から9月10日

2016年冬季

・発売期間 12月1日から12月31日
・利用期間 12月10日から1月10日

やはり学生の大型休暇の時期と重なっていますね。

買ってすぐに使えるわけじゃないので、発売期間と利用期間のズレには注意が必要です。

ただし次シーズンへの持ち越しは出来ません。さらに残った乗車回数分の返金もできないので、計画的に使いましょう。

 

どうやって使うのか?

切符はこういう形をしています。

これは去年使った青春18きっぷです

 

横長の切符で、自動改札に通すことはできません。
改札を通るときには駅員さんに切符を見せて下さい。

一番最初に乗る駅の改札で写真のようにスタンプを押してくれます。

このスタンプがあればその日は1日乗り放題になるというわけです。

さきほど5回分の乗車券といいましたが、使い方にちょっとクセがあります。

たとえば今回の春季期間を例にしましょう。
(利用期間 3月1日から4月10日)

1人が5日連続使う、これは5回分です。
 →3/1, 3/2, 3/3, 3/4, 3/5

1人が5日バラバラで使う、これも5回分です。
 →3/1, 3/8, 3/15, 3/22, 3/29

2人で1つの切符を2日使う、これは4回分です。
 →3/1(2人分=2回分), 3/8(2人分=2回分)

5人で1つの切符を1日使う、これは5回分です。
 →3/1(5人分=5回分)

なんとなくわかりましたかね。

切符は複数人で一緒に使うことができますが、それぞれが1回分としてカウントされるようになっています。

余った回数分は返金することはできないので、無理やりどこか旅行にいくか、もしくは記念に取っておくかしましょう。

 

青春18きっぷを使って乗れる電車は?

青春18きっぷを使うと、新幹線・特急・急行を除くJRの普通列車、快速列車が1日乗り放題になります。

もちろんその分移動に時間がかかってしまいますので、旅行計画を立てるのであれば時間に余裕を持って下さい。

考えようによっては日本全国のJRが乗り放題になるというわけです。

 

この地図はツイッターで紹介されていたものです。
青春18きっぷを使い、東京を起点にして1日でどこまで移動できるかを表していますが、北海道・九州を除くほとんどのエリアまで移動することができますね。

 

つまり時間はかかりますが、青春18きっぷで5人仲間で東京駅を始発で出発してその日の夜中に九州の小倉に到着、翌日観光してさらに翌日にもう1枚の青春18きっぷを使って東京まで戻る、なんて旅行をしたとすると、

11,850円x2=23,700円
23,700円÷5=4,740円

つまり一人あたり4,740円で東京ー小倉を往復できてしまう計算になるのです。

別にそんな遠いところじゃなくても、という場合であれば、例えばカップルで1枚の青春18きっぷを購入して東京を始発で出るとその日のお昼すぎには三重県に到着します。

その日は伊勢神宮を参拝して宿泊、翌日も同じ青春18きっぷを使って朝から名古屋に移動してお昼すぎまで観光し、そこから東京に戻れば22時くらいには到着します。

ちょうどこれで4回分の利用ですね。

つまり土日を使って格安で旅行ができるというわけなのです。

 

なんだかワクワクしてきません?

ちなみにこちらのジョルダンの乗換案内を利用すると、青春18きっぷで乗れる電車を限定して時刻表を検索することができます。

ジョルダン青春18きっぷ乗り換え

 

ゆーすけの旅行計画

というわけで、今回のゆーすけの旅行プランです。

まず今週末に実家の愛媛に帰省するのですが、その時は荷物も多いので飛行機で帰ります。

そして数日滞在した後、JR松山駅を早朝に出発して四国の瀬戸内海側の100名城を訪問しつつ、その日のうちに岡山県まで移動します。

翌日は東に移動し、世界文化遺産にも登録された姫路城(しらさぎ城)を観光。

そして翌日は今のところフリープランですが、その日のうちに東京に戻る予定です。

ざっくりこういうルートです。

移動距離は1,000kmくらいになるでしょうか。

 

実は去年の12月にも青春18きっぷを使って旅行をしました。

その時は東京から伊勢観光をしに行ったのですが、とても楽しかったです。

今回の旅も無事にすすめばいいんだけどな。

スポンサーリンク

記事がおもしろかった、参考になったなどありましたらシェアをよろしくお願いします。

わたくし、泣いて喜びます。

 - 青春18きっぷ