谷中の名物カフェ「カヤバ珈琲」がとてもよかった!

      2016/09/14

こんにちは、カフェ好きゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

 

先日ご紹介した谷中銀座の散歩に関連して、今回は谷中の名物カフェともいわれる「カヤバ珈琲」のご紹介です。

 

先日の谷中銀座の散歩記事

谷根千〜上野公園〜かっぱ橋道具街を散歩したよ - ムクッといこう

 

鶯谷に位置するとてもレトロなカフェで、平日、休日問わず行列ができるほどの大盛況ぶりです。

今回はここでランチをいただきましたので、そのご紹介です。

 

スポンサーリンク

 

 

場所のご紹介

カヤバ珈琲は日暮里駅、千駄木駅、鶯谷駅からそれぞれ徒歩10分くらいの便利な場所にあります。

 

このあたりは下町情緒あふれる街なので、駅から歩きつつ町並みを楽しみながらカヤバ珈琲まで来ると楽しいですね。

上野公園からもとても近い場所にあります。

 

 

カヤバ珈琲の歴史

こちらがカヤバ珈琲のHPです。

カヤバ珈琲

 

なんかHPからしてレトロ感が漂ってますね、ただものじゃありません。

カヤバ珈琲の建物は大正5年にたてられ、もとは町家として使われていました。

その後昭和13年にカヤバ珈琲店を創業されています。

昭和13年ですよ、13年!

それから70年近く谷中町のシンボル店として愛され続けたお店だったのですが、平成18年にお店を経営するご夫婦の奥様が亡くなられてしまったことで一度お店を閉めてしまわれます。

それから2年後の平成20年、NPO法人がこの建物を借り受け、お店の再開を望む多くの人の声を受けて平成21年に営業再開しています。

その際には当時の外観や看板、イス、食器を残し、大正・昭和の雰囲気を楽しめるレトロカフェとして今でも営業を続けています。

 

 

カヤバ珈琲の外観を楽しもう!

そんなレトロな建物ですので、店内に入る前に外観を楽しみましょう。

古民家を雰囲気を残しつつ、ここホントにカフェ?と思わせてくれる昔懐かしい建物です。

 

昔の家にこういう窓の枠があったなぁ

 

すてきな看板

 

 

 

中はもっとおしゃれ!

ランチ時だったのでしばらく外で待ちましたが、やっと入れます。

中に入るとそこはまるで昔にタイムスリップしたかのような空間が広がっています。

 

使われているイスやテーブルも昔懐かしいものばかりですね。

昭和の喫茶店という言葉がぴったりですね。

 

 

 

朝から夜中まで営業してます

ランチではカレープレートをいただきました。

やさしい味でおいしいです!

 

一緒についてくるコーヒーも味もおいしいし、カップもおしゃれ!

 

 

おもしろいことに、メニューでは建物の中のこだわりポイントが紹介されています。
見た目もいい感じ。

 

おどろくことに、カヤバ珈琲ではモーニングをやっていたりランチをやっていたり、更には夜の部の営業もやっています。

夜は食事やアルコールを楽しむことができ、なんと23時まで営業しています!(日曜は18時まで)

仕事で帰りが遅くなった時などはとてもいい場所ですね。

 

 

待つのを覚悟で行こう!

谷中周辺は下町の雰囲気を楽しめるスポットとして人気で、観光客もどんどん増えています。

遠くからカヤバ珈琲を目当てにくる人もいるようで、休日ともなればすぐ満席になります。

お店の外で待つことになり、実はお店のすぐ前は車の交通量がけっこう多いので危ないと感じることもあります。

あまり大人数で待つと大変なことになりそうなので、時間に余裕をもってカヤバ珈琲を訪れましょう!

 

スポンサーリンク

記事がおもしろかった、参考になったなどありましたらシェアをよろしくお願いします。

わたくし、泣いて喜びます。

 - カフェ, コーヒー , , , , ,