iPad Pro用のおすすめケースが決まり!縦回転もできるスグレモノ!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。

こんにちは、ゆーすけ(@yusuke_plmrstn)です。

Case

先日念願の iPad Pro 9.7インチを購入したわけですが、さすがに裸で使うほど勇気のある人間ではありません。
(iPhoneは裸で使ってるんだけどなぁ)

というわけで何かいいケースはないものかと探していたところ、僕のニーズを満たしてくれるオススメのケースを発見!

使ってみた感じとオススメポイントをお届けしますね。

 

 

スポンサーリンク

iPad Proおすすめケースの見た目

まず外観から。

Case2

パリの街並みに気球が描かれた柄。

柄はいくつか選ぶことができますが、その中でもこれが個人的に一番マシだったので選んだだけです。

中を開くとこんな感じ。

Nakami

一般的なケースと同じく、右側にiPad Proを固定するプラスチックのケース、そして左側の真ん中にはiPad本体を横に固定するための突起があります。

Tokki

見た目は普通の仕上がりですね。

 

装着

iPad Proをケースにはめてみます。
それほど力を入れることなく簡単に装着できました。

Soutyaku

集中線を使って迫力を出してみました。特に意味はなし。

せっかくケースに入れてもボタンが使いづらくなったりしたら大変。
というわけで細部を見ていきましょう。

充電部分

Dengen

ライトニングケーブルを接続する部分ですが、ケースとの干渉もなく使えます。合格!

イヤホン

Earphone

イヤホンジャックの部分。こちらもケースとの干渉なくイヤホンを使えますね。合格!

電源と音量

Volume

iPadの電源を入れるスイッチと音量を調整するスイッチです。
こちらは干渉というよりも反応具合が大事。
試してみたところ問題なく使えます。合格!

カメラ

Camera

iPadの裏面についているカメラレンズもちゃんと使えるようになっています。
カバーの端っこが写ってしまうようなこともないので安心して使えます。合格! 

排熱

Netsu

見落としがちなのがケースの裏側。
ここはパックリと穴が空き、iPad本体が見えるようになっています。
これはiPadで発生した熱を逃がすための工夫。
しっかり考えられていますね。

使い方いろいろ

次は実際に立てて使ってみます。
まずは基本的な使い方として本体を横にします。

Yoko

いい感じに収まりました。
ストッパーがしっかりとiPadを支えてくれているのがわかります。

続いてはベタッと寝かせてみます。

Neru

これもいい感じですね。
スケッチしたい時にはちょうどいい角度かもしれません。

驚きの縦回転

そしてこのケースの最大の特徴、それはなんと縦回転にも対応していることなんです!

Tate

じゃーん!クララがiPadが立った!

ケースが回転するように設計されているのでわざわざiPad本体を取り外すことなく楽に縦にすることができます。

Tate2

こんな風に縦回転させた状態で寝かせることもできます。

使いやすいポジションに合わせてくれる万能ケース、こりゃいい買い物をしました。

スポンサーリンク

まとめ

値段の割にいい働きをしてくれるケースです。

柄で気に入るものがあればこれは絶対に買いだと思います。

ケースってけっこう値段がするものが多いんですが、高いものをずっと使うより安くても気分転換できるほうがいいのかなぁと個人的には思います。

iPad Proをお持ちの方、これから買おうかと検討している方、今回のケースおすすめです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

ブログに加え、デザイン、カメラマン、執筆をこなすサラリーマン。通称パラレルブロガー。のんびりしてそうでホントにのんびり屋。でもやるときゃやるかもしれない。